※この記事にはプロモーションが含まれています。[PR]

「三井住友カード」はGoogle ウォレット(グーグルペイ)に登録してiD(アイディー)で利用できる!注意点は?

Google ウォレット(Google Pay)に「三井住友カード」は登録してiD(アイディー)として利用できるけど、注意点はなに?

スポンサーリンク

「三井住友カード」はGoogle ウォレット(Google Pay)に登録できる

結論から言えば、「三井住友カード」をGoogle ウォレット(グーグルペイ)に登録することはできます。

「三井住友カード」の場合、Google ウォレット(Google Pay)に登録してiD(アイディー)として使えるようになります。

また、2022年3月1日~VISAタッチ決済(VISAブランド)も使えるようになりました。(Visaタッチ決済はVpassアプリで設定する必要あり)

⇒公式サイト

ちなみに、

Googleに登録できるクレジットカード

というのは、Googleアカウントに登録できるクレジットカードのことで、Google Wallet(Google Pay)に登録できるカードとは異なります。

公式サイトによると、Googleアカウントに登録できるクレジットカード・デビットカードは次のようになっています。

  • American Express
  • Discover
  • JCB
  • MasterCard
  • Visa
  • Visa Electron

「三井住友カード」をGoogle ウォレット(グーグルペイ)に登録するときの注意点

基本的にほとんどのクレジットカードはGoogleに登録できます。

それとGoogle ウォレット(グーグルペイ)に登録して、QUICPayやiD等として利用できるかは別の問題になります。

QUICPay(QUICPay+)?iD(アイディー)?タッチ決済?

クレジットカードによっては、Google Wallet(Google Pay)に登録して、
・QUICPay(QUICPay+)
・iD(アイディー)
・タッチ決済
で使うことができるようになります。

これはクレジットカードによって決定していて、自分で選ぶわけではありません。

そもそも、登録してQUICPayやiD等として利用できるクレジットカードは限られています。

→公式サイト

「三井住友カード」の場合、Google ウォレット(Google Pay)に登録してiD(アイディー)として使えるようになります。

そのほか、Visaのタッチ決済(VISAブランド)も利用できます。(Visaタッチ決済はVpassアプリで設定する必要あり)

ポイント付与はある?

通常、Google Wallet(Google Pay)に登録してQUICPayやiD等で利用した場合、ポイント付与はあります。(※付与対象外の取引あり)

「三井住友カード」をGoogle ウォレット(グーグルペイ)に登録する方法

「三井住友カード」をGoogle ウォレット(グーグルペイ))に登録する方法です。

登録するカードを手元に準備して進めます。

1.アプリを起動
2.+ウォレットに追加をタップ
3.「クレジットカードやデビットカード」を選択
4.「新しいクレジットカードかデビットカード」を選択
5.カードを情報追加・住所等を登録
6.「Google ウォレットでiDをご利用いただけます」と表示されるので続行
7.利用規約になるので確認して同意する
8.本人確認
9.カード追加完了

QUICPay/iDは、それぞれ1枚のカードしか有効にならないので、「QUICPay/iDのメインカード」設定を変更したい場合は、メインカードにしたいカードをタップして有効にします。

「三井住友カード」を登録したGoogle ウォレット(Google Pay)の使い方

Google ウォレット(グーグルペイ)では、以下の電子マネーを利用することができます。

PASMO、Suica、nanaco、WAON、楽天Edy、iD、QUICPay、Visaのタッチ決済、Mastercardタッチ決済

「三井住友カード」がGoogle ウォレット(グーグルペイ)で利用できるのは、モバイルスイカ、モバイルPASMO、iD、楽天エディになります。

モバイルSuicaで使う時

Google ウォレット(グーグルペイ)・モバイルSuicaを使う場合は、NFC読み取り端末にスマホをかざします。

(レジへ)
(→店員さんに「スイカで」と伝える)
→NFC読み取り端末にスマホをかざす
→支払い完了

モバイルSuicaはプリペイド型電子マネーのため、事前にチャージして残高がある状態でないと利用できません。

Google ウォレット(グーグルペイ)のモバイルSuicaは、ざっくり言うと従来のAndroid版モバイルSuicaから以下の機能を除いた無料版です。下記の記事で紹介しています。

「三井住友カード」は、モバイルSuicaやモバイルPASMOへのチャージに利用できます。

QUICPay(QUICPay+)で使う時

Google Wallet(Google Pay)に登録したクレジットカードによっては、QUICPay(QUICPay+)で支払うことも可能です。

残念ながら「三井住友カード」はGoogle Wallet(Google Pay)に登録してQUICPay(QUICPay+)として利用することはできません。

iD(アイディー)で使う時

Google ウォレット(Google Pay)に登録したクレジットカードによっては、iD(アイディー)で支払うことも可能です。

「三井住友カード」をGoogle ウォレット(Google Pay)に登録すると、iD(アイディー)で支払うことができます。

レジへ
→店員さんに「アイディーで」と伝える
→NFC読み取り端末にスマホをかざす
→支払い完了

iD(アイディー)はポストペイ型電子マネーなので、残高を気にする必要はありません。

楽天Edyで使う時

Google ウォレット(グーグルペイ)に楽天Edyを登録して利用することも可能です。

レジへ
→店員さんに「エディで」と伝える
→NFC読み取り端末にスマホをかざす
→支払い完了

楽天Edyはプリペイド型電子マネーのため、事前にチャージして残高がある状態でないと利用できません。

「三井住友カード」からGoogle ウォレット(グーグルペイ)・楽天Edyへチャージすることが可能です。

→公式サイト

nanacoで使う時

Google Wallet(Google Pay)でnanacoを利用することも可能です。

レジへ
→店員さんに「ナナコで」と伝える
→NFC読み取り端末にスマホをかざす
→支払い完了

nanacoはプリペイド型電子マネーのため、事前にチャージして残高がある状態でないと利用できません。

ただし、Google Wallet(Google Pay)・nanacoはクレジットカードからのチャージができません。

WAONで使う時

Google ウォレット(Google Pay)でWAONを利用することも可能です。

レジへ
→店員さんに「ワオンで」と伝える
→NFC読み取り端末にスマホをかざす
→支払い完了

WAONはプリペイド型電子マネーのため、事前にチャージして残高がある状態でないと利用できません。

ただし、Google ウォレット(Google Pay)版のモバイルWAONは、従来のモバイルWAONから必要最小限の機能だけを抜き出したものです。

クレジットチャージが可能ですが、イオンマークのあるカードからのチャージになります。

→公式サイト

まとめ

「三井住友カード」をGoogle ウォレット(グーグルペイ)に登録してiD(アイディー)として利用できます。

また、2022年3月1日~VISAタッチ決済(VISAブランド)も使えるようになりました。(Visaタッチ決済はVpassアプリで設定する必要あり)

「三井住友カード」の場合問題ありませんが、「Googleに登録できる=QUICPayやiD等として利用できる」ということにならない点は、注意が必要です。

三井住友カード」「三井住友カードデビュープラス」「三井住友カード ゴールド」「三井住友カード プライムゴールド」「三井住友カード プラチナ」「三井住友カード(NL)ナンバーレス」等、同様になります。

※この記事にはプロモーションが含まれています。[PR]

スポンサーリンク

シェアする

フォローする