※この記事にはプロモーションが含まれています。[PR]

au PAY(auペイ)チャージでお得な年会費無料のクレジットカードは?【2024年最新版】

「au PAY(auペイ)」なら、クレジットカードからチャージしてポイント2重取りをしたいところ。

au PAY残高(auペイ残高)にチャージしてポイントが付くお得なクレジットカードは何?
できれば年会費無料がいいんだけど・・・。

というわけで本記事では、au PAY残高(エーユーペイ残高)と相性のいい、お得で無料のクレジットカードを紹介します。

【2024年最新版】

スポンサーリンク

au PAY残高(エーユーペイ残高)と相性のいい無料のクレジットカードとは?

おすすめは・・・

・au PAYカード
・dカード
・エポスカード

順番にざっと見て行きましょう。

au PAYカード

本家本元のクレジットカード。通常還元率は1.0%。

※2022年12月1日~、au PAY 残高へのチャージ利用時のポイント加算が変更になりました。

その結果、他のクレジットカードとあまり変わらなくなりました。

優位性がある点は、au PAY 残高へのチャージ上限額についてです。

※2023年4月1日より、クレジットカードによるau PAY 残高へのチャージ上限額が変更になります。(「au PAY カード」からのチャージは変更対象外)
◆5万円/月、5万円/回
公式サイト発表


(画像:公式サイトより引用)

dカード

通常還元率・チャージ還元率はともに1%。dカードを持っていれば「d払い」のキャンペーンでもお得です。

※ただし国際ブランドについては何でもOKというわけではありません。MastercardブランドのみOK。

エポスカード

通常還元率・チャージ還元率はともに0.5%と低めですが、何よりエポスカードの場合は、利用状況によってゴールドカードへのインビテーションがもらえることで人気があります。インビテーションでゴールドになった場合、年会費は無料になります。

無料のゴールドカード。しかもポイントが3倍になる選べるポイントアップショップというサービスやボーナスポイントもあり見た目以上の還元率になります。

au PAY(auペイ)残高へのチャージでポイント付与対象外のクレジットカードには注意

クレジットカードを登録してau PAY(auペイ)残高へチャージできたからといって、必ずクレジットポイントの付与があるわけではありません。

クレジットカード利用時はポイント付与対象外の取引についてはチェックしましょう。

ポイントアップ店利用でお得

au PAY(auペイ)は通常還元率0.5%(200円につき1ポイント)ですが、200円で2~4ポイント付くポイントアップ店があります。

※コード決済がポイントアップに対応しているかどうかは店舗によるので、その点は注意しましょう。

まとめ

使いやすさでおすすめは無料のクレジットカードの中で、au派ならau PAYカード。ドコモ派ならdカード。

個人的にはエポスでゴールドカード狙いをするのが面白いと思います。

用途やライフスタイルによって最適なクレジットカードは異なります。自分に合ったカードをメインカードにして、複数枚を使い分けるというのもありかもしれません。

※この記事にはプロモーションが含まれています。[PR]

スポンサーリンク

シェアする

フォローする