1分でわかる!「三井住友カード ゴールド」の海外旅行保険や付帯保険【2021年最新版】

「三井住友カード ゴールド」の海外旅行保険・国内旅行保険ってどうなってるの?

ゴールドカードなら、海外旅行保険、国内旅行保険はほとんどが付帯しています。しかし利用付帯、自動付帯で補償金額が違ったりするので、確認しておく必要があります。

今回の記事では、「三井住友カード ゴールド」の付帯保険(海外旅行保険、国内旅行保険、お買物安心保険)についてまとめました。

【2021年最新版】

スポンサーリンク

 


自動付帯?利用付帯?

クレジットカードには旅行保険が付帯していることがありますが、旅行代金をそのクレジットカードで支払った場合にのみ適用される利用付帯と、特にカードで支払っていなくても適用される自動付帯があります。

ちなみに、自動付帯でも利用付帯でも、保険だからといって、旅行の出発前に保険に関する手続きをする必要は一切ありません。

「三井住友カード ゴールド」の海外旅行保険

「三井住友カード ゴールド」は海外旅行傷害保険が付帯されます。

補償内容は次のようになっています。

保険の種類保険金額
本会員/家族会員家族特約
傷害死亡・後遺障害最高5000万円(合計)
最高4000万円(利用付帯分)
最高1000万円(自動付帯分)
最高1000万円
傷害治療費用300万円(1事故の限度額)200万円(1事故の限度額)
疾病治療費用300万円(1疾病の限度額)200万円(1疾病の限度額)
個人賠償責任5000万円(1事故の限度額)2000万円(1事故の限度額)
携行品損害(免責3000円)50万円50万円
救援者費用等500万円200万円

※対象となる家族の範囲:
本会員と生計を共にする19歳未満の同居の親族
本会員と生計を共にする19歳未満の別居の未婚の子

「三井住友カード ゴールド」の国内旅行保険

「三井住友カード ゴールド」は国内旅行傷害保険が付帯されます。

補償内容は次のようになっています。

 保険金額(本会員/家族会員)
傷害死亡・後遺障害最高5000万円(合計)
最高4000万円(利用付帯分)
最高1000万円(自動付帯分)
入院保険日額5000円
通院保険日額2000円
手術保険金最高20万円

ショッピング保険

「三井住友カード ゴールド」には「お買物安心保険(動産総合保険)」がついています。

「三井住友カード ゴールド」で購入した品物の破損・盗難が発生した場合、購入日から200日間補償されます。

保険の種類年間補償限度額
海外300万円限度
国内300万円限度
自己負担額(1回の事故につき)3000円

カード利用控あるいは購入店の領収書に記載された商品の購入金額(修理可能な場合は、修理金額か購入金額のどちらか低い金額)から自己負担額(※)を控除した金額が補償されます。

※ショッピングガード保険対象外のものもあります。

まとめ

「三井住友カード ゴールド」の海外旅行保険・国内旅行保険は自動付帯もしていますが、旅行代金の支払いに「三井住友カード ゴールド」を利用するとさらに充実した補償内容となっています。

またショッピング保険(お買物安心保険)もついていて、ゴールドカードらしい充実した保険の付帯状況です。

スポンサーリンク

 


 


シェアする

フォローする