『イオンシネマ』で電子マネー・楽天Edy(エディ)は使える?ムビチケは?お得な方法は?

『イオンシネマ(Aeon Cinema)』で楽天Edy(エディ)を支払いに使えるのか知りたい!

『イオンシネマ』では楽天Edy(エディ)は使えるでしょうか。

今回の記事では『イオンシネマ』で楽天Edy(エディ)が使えるのか、お得な支払い方法やムビチケなどについてまとめました。

スポンサーリンク

『イオンシネマ』で電子マネー・楽天Edy(エディ)は支払いに使えない

結論から言うと『イオンシネマ』では、

チケットカウンターでは楽天Edy(エディ)は利用できません。
オンラインチケット販売や
インターネットチケット販売「ムビチケ」でもEdyは利用できません。

イオンシネマ 劇場検索(公式)

『イオンシネマ』でチケットを購入する主な方法は次の3つです。

①劇場のチケットカウンターで購入
②オンラインチケット購入(ワタシアター)
③ムビチケで購入

①チケット窓口ではクレジットカードとWAONが利用できます。カードの詳細は次の通りです。

クレジットカード決済(ポケットカード、イオンクレジットカード、VISA、MASTER、JCB、ダイナースクラブカード)
※アメックスは利用不可
 

②オンライン決済ではクレジットカードが利用できます。

クレジットカード決済(ポケットカード、イオンクレジットカード、VISA、MASTER、JCB、ダイナースクラブカード)
※アメックスは利用不可

⇒ワタシアター会員登録(公式)

③ムビチケの支払い方法は次の通りです。

【ムビチケ前売券(オンライン)】
楽天ペイ、d払い、auかんたん決済、LINE Pay、FamiPay、PayPay、ムビチケ前売券GIFT、クレジットカード(VISA、Master、JCB、AMEX、Diners)
【ムビチケ当日券】
楽天ペイ、d払い、auかんたん決済、LINE Pay、FamiPay、PayPay、映画GIFT、クレジットカード(VISA、Master、JCB、AMEX、Diners)

ムビチケ(公式)

※オンライン販売なので、QR決済は全てアプリ決済になります。

『イオンシネマ』をお得に利用するには?

『イオンシネマ』をお得に利用するための方法がいくつかあります。知っているのと知らないのとでは大きく差が出るかもしれません。

dポイント/WAONポイントが貯まる・使える

『イオンシネマ』ではdポイント・WAONポイントのどちらかが貯まり、支払いにも使えます。

dポイントの場合、チケット窓口でdポイントカードを提示後、下記の支払い方法でチケットを購入した場合に限り、100円につき1ポイントが貯まります。

・現金
・商品券
・クレジットカード(イオンマークの入ったクレジットカードを除く)

イオンマークの入ったクレジットカードの場合はWAONポイントが貯まるので、dポイントを貯めることはできません。

WAONポイントカードについては2020年4月より現金専用ポイントカードに変更されたため、提示してもクレジットカードや電子マネーで支払った場合はポイントが付与されません。現金や商品券で支払った場合のみポイント付与の対象となります。

⇒イオンシネマでdポイントが貯まる・使える(公式)

ワタシアタープラス会員なら毎月の特典あり

『イオンシネマ』には年会費400円の「ワタシアタープラス」という会員制度があり、毎月1200円で映画が1本観られる特典クーポンがもらえます。

また、映画を6回鑑賞すると無料鑑賞クーポンが1枚もらえます。

⇒ワタシアター プラス(公式)

なお、年会費無料で各種特典が付かない「ワタシアター ライト」もあります。

公式アプリでクーポンをゲット!

『イオンシネマ』の公式アプリでお得なクーポンが配布されることがあります。映画情報アプリとしてもおすすめです。

イオンシネマ公式アプリ

イオンシネマ公式アプリ
開発元:AEON ENTERTAINMENT
無料
posted withアプリーチ

⇒イオンシネマ公式スマートフォンアプリ

各種割引を利用

『イオンシネマ』には各種割引制度や割引デーがあります。

ハッピーマンデー・ハッピーファースト

毎週月曜日の「ハッピーマンデー」と毎月1日の「ハッピーファースト」には、誰でも映画が1100円で鑑賞できます。

※「ハッピーマンデー」は新潟西、常滑、津、大日、高松東、宇多津の劇場では行われません。新潟西、常滑、津、大日、高松東、宇多津の劇場は、毎週水曜日に1100円になる「サンクスデー」を実施しています。

ハッピーモーニング

平日朝10時台までに上映開始する映画は1300円で鑑賞できます。

ハッピーナイト

毎夜20時以降の上映作品は1300円で鑑賞できます。

夫婦50割引

夫婦どちらかの年齢が50歳以上の場合は、2人分で2,200円になります。

イオンのお客さま感謝デー

イオンマークのクレジットカード会員限定で、毎月のお客さま感謝デーには1100円になります。

⇒イオンシネマ 割引サービス(公式)

「ムビチケ」でネット予約する

ネットで座席指定ができるデジタル映画鑑賞券を扱っている「ムビチケ」のサービスを利用すれば、料金がお得な「ムビチケ前売券」を下記の方法で購入できます。

楽天ペイ、d払い、auかんたん決済、LINE Pay、FamiPay、PayPay、ムビチケ前売券GIFT、クレジットカード(VISA、Master、JCB、AMEX、Diners)

「ムビチケ」に無料会員登録をしておくと、チケットの購入などの支払額に応じて「ムビチケポイント」が貯まります。ポイントはチケットの購入に使えます。

ムビチケではキャンペーンが行われることもあり、タイミング次第ではかなりお得です。

⇒「ムビチケ」(公式)

なお、スマホ用の映画情報アプリ「Mitai」では、ムビチケポイントが貯まるキャンペーンが不定期に行われています。

Mitai 映画

Mitai 映画
開発元:MOVIE WALKER Co., Ltd.
無料
posted withアプリーチ

⇒「Mitai」(公式)

各種ポイントで「映画GIFT」を購入

「ムビチケ」で使えるクーポン「映画GIFT」は、Tポイント、ANAマイル、TOKYU POINTの各サイトで購入できます。

余っているポイントなどを有効利用して映画のチケットが購入できるのでおすすめです。

⇒映画GIFT(ムビチケ公式)

公式SNSアカウントをフォロー

『イオンシネマ』公式アカウントをフォローしておくと、お得情報やキャンペーン情報をいち早くゲットできます。

⇒『TOHO CINEMAS』Twitterアカウント

「みんなの優待」でいつでも割引

月額有料制(税込み490円)の優待割引サービス「みんなの優待」に入会していれば、イオンシネマの1800円の鑑賞料金が1300円等の割引価格で利用できます。

イオンカードセレクト(ミニオンズ)

『イオンシネマ』での利用で最もお得なのはイオンカード(ミニオンズ)、イオンカードセレクト(ミニオンズ)、イオンカード(TGCデザイン)です。

この3枚のカードには『イオンシネマ』での映画鑑賞券がいつでも1000円で購入できるという特典が付いています。

イオンカードはイオンで買い物をする場合のクレジットカードとして最強なので、生活圏にイオンがある人ならメリットの多い最強カードといえます。

なお、劇場窓口での購入ではなく、「暮らしのマネーサイト MyPage」内の特設バナーからアクセスして、クレジットカードを使ってオンライン決済した場合が対象です。

さらに、年間の購入枚数は50枚が上限となっています。

⇒イオンカード 暮らしのマネーサイト(公式)

楽天Edy(エディ)なら「リクルートカード」がお得

『イオンシネマ』で楽天エディは使えませんが・・・

楽天Edyを利用したいならリクルートカードがおすすめです。

リクルートカードからチャージでポイント付与(付与月額合計3万円まで)があるので、楽天Edyを利用してポイント二重取りが可能です。

 クレカEdy合計
リクルートカード1.2%0.5%1.7%

※Edyチャージでポイント付与があるリクルートカードはVISA/Mastercardブランド。

まとめ

『イオンシネマ』のチケット窓口では楽天Edy(エディ)は使えません。

webでのチケット購入やインターネットチケット販売「ムビチケ」でもEdyは使えません。

電子マネーは使えませんが、オンライン販売のほうが決済方法がいろいろ選べるので、キャンペーンなどでお得に利用できるかもしれません。

自分に合ったお得な支払い方法を見つけましょう。

こちらもおすすめ

★キャッシュレス決済はどんなキャンペーン実施中?
⇒キャッシュレス決済・主なおすすめキャンペーン一覧【2021年7月】

スポンサーリンク

シェアする

フォローする