話題の100円ショップ「Watts(ワッツ)」で楽天Edy(エディ)は使える?使えない?

「Watts(ワッツ)」で楽天Edy(エディ)は支払いに使えるのか、お得な決済方法があるのか知りたい!

最近注目されている新出の100円ショップ「Watts(ワッツ)」。運営する株式会社ワッツは、シルクやミーツなどのブランドショップも展開しています。

今回の記事では、「Watts(ワッツ)」で楽天Edy(エディ)が利用できるか、お得な利用方法があるか等についてまとめました。

スポンサーリンク

「Watts(ワッツ)」で楽天Edy(エディ)は・・・

結論から言うと、「Watts(ワッツ)」では、店舗によって楽天Edy(エディ)が使えます

⇒「Watts(ワッツ)」店舗検索

対応店舗で電子マネー・楽天Edyを利用するときは、以下のようなパターンになります。

・Androidの場合:楽天Edyアプリ(おサイフケータイ)
・Androidの場合:Google Pay(グーグルペイ)・楽天Edy
・Androidの場合:楽天ペイアプリ・楽天Edy
・Edyカード・Edy機能付き楽天カード
など

※iPhoneも組み合わせで「楽天Edy」は利用できますが、iPhone単体では使えません。

いずれの方法であっても、楽天Edyはプリペイド型電子マネーのため、チャージして残高がある状態でないと利用できません。

また、「楽天Edy」は、支払い200円(税込)につき1ポイント貯まります。(0.5%還元率)

「Watts(ワッツ)」の支払い方法・キャッシュレス対応状況

「Watts(ワッツ)」の支払い方法・キャッシュレス状況は次のようになっています。

キャッシュレスの種類使える・使えない
クレジットカード△(店舗により使える)
PayPay(ペイペイ)△(店舗により使える)
楽天ペイ×(使えない)
LINE Pay(ラインペイ)△(店舗により使える)
メルペイ(コード決済)×(使えない)
d払い×(使えない)
au PAY(auペイ)×(使えない)
交通系電子マネー(SuicaPASMO・ICOCA等)△(店舗により使える)
楽天Edy△(店舗により使える)
nanaco(ナナコ)△(店舗により使える)
WAON(ワオン)△(店舗により使える)
QUICPay(QUICPay+)△(店舗により使える)
iD(アイディー)△(店舗により使える)

※○(使える)でも一部利用できない店舗がある場合があります。
※よく利用されると思われる決済方法だけピックアップしています。

※商業施設内の店舗や、スーパー・ドラッグストアの売り場として併設している店舗の場合、各店舗の決済方法に応じたQRコード決済・電子マネー等が利用できます。

「Watts(ワッツ)」のおすすめ情報

「Watts(ワッツ)」を便利でお得に利用するための情報を紹介します。知っているのと知らないのとでは大きく差が出るかもしれません。

公式アプリ

「Watts(ワッツ)」には公式アプリがあり、スタンプカードも搭載しています。

・スタンプカードを貯めた人にはオンラインショップで使えるお得なクーポンをプレゼント。
・「ログインスタンプ」毎日アプリを立ち上げてチェックするだけで1日1スタンプGET!
・「チェックインスタンプ」ワッツグループの店舗に立ち寄りアプリを立ち上げてチェックインすると1スタンプGET!

そのほかにも、最新情報をお届け機能などがあります。

ワッツ(Watts) 公式アプリ

ワッツ(Watts) 公式アプリ
開発元:WATTS Co.,Ltd.
無料
posted withアプリーチ

公式SNSをチェック

「Watts(ワッツ)」は積極的にTwitterを活用しており、商品の紹介やお得情報を配信しています。

⇒「Watts(ワッツ)」公式Twitter

楽天Edyならお得なクレジットカードで

楽天Edyを利用したいならリクルートカードがおすすめです。

リクルートカードからチャージでポイント付与(付与月額合計3万円まで)があるので、楽天Edyを利用してポイント二重取りが可能です。

 クレカEdy合計
リクルートカード1.2%0.5%1.7%

※Edyチャージでポイント付与があるリクルートカードはVISA/Mastercardブランド。

まとめ

「Watts(ワッツ)」では店舗によって楽天Edy(エディ)が利用できます。

いろいろなQRコード決済が全店導入されればキャンペーン等で盛り上がるのですが・・・。今後に期待です。

こちらもおすすめ

★キャッシュレス決済はどんなキャンペーン実施中?
⇒キャッシュレス決済・主なおすすめキャンペーン一覧【2022年7月】

スポンサーリンク

シェアする

フォローする