フレッシュネスバーガーでau PAY(エーユーペイ)が使える!クーポン利用でさらにお得に!

フレッシュネスバーガーはおいしいんだけど、値段がちょっと高め。
au PAY(auペイ)やクーポンを使うとお得になる?

プチ高級志向で抜群のおいしさが人気のフレッシュネスバーガーのキャッシュレス状況をお届けします。

本日はフレッシュネスバーガーでauペイ決済&クーポンでお得にいきます。

フレッシュバーガーの公式アプリのクーポンは必ずチェックしないと損ですよ。新規会員登録時には特別なクーポンももらえるのでチャンスです!

スポンサーリンク

クラシックチーズバーガーポテトセット

フレッシュネスバーガーと言えば高級ハンバーガーショップ。満足度の高いハンバーガーな分、お値段もするわけで、行くときは必ずクーポンチェック!

フレッシュネスバーガー×au PAY(auペイ)で支払い

フレッシュネスバーガーでは支払いにau PAY(auペイ)が使えます。

私は某日の20%還元キャンペーンでもらったポイントを利用。ポイント→auPAY残高へチャージ)

レジをパッと見たときにPayPayやd払いのマークはあっても、au PAY(auペイ)のマークが見当たらなかったのですが、店員さんに聞いてみたら「au PAY(auペイ)もOK」ということで、無事使えました。

ちなみにフレッシュネスバーガーではPontaポイントのような共通ポイントは利用できません。

フレッシュネスバーガーのキャッシュレス決済対応状況

フレッシュネスバーガーの支払い方法・キャッシュレス対応状況は下表のようになっています。

キャッシュレスの種類使える・使えない
クレジットカード○(使える)
PayPay(ペイペイ)○(使える)
楽天ペイ○(使える)
LINE Pay(ラインペイ)○(使える)
メルペイ(コード払い)○(使える)
d払い○(使える)
au PAY(auペイ)○(使える)
交通系電子マネー(Suica・PASMO・ICOCA等)○(使える)
電子マネー・楽天Edy○(使える)
電子マネー・nanaco(ナナコ)○(使える)
電子マネー・WAON(ワオン)○(使える)
QUICPay(QUICPay+)○(使える)
iD(アイディー)○(使える)

※○(使える)でも一部利用できない店舗があります。
※よく利用されると思われる支払い方法だけピックアップしています。

こちらもおすすめ

★キャッシュレス決済はどんなキャンペーン実施中?
⇒キャッシュレス決済・主なおすすめキャンペーン一覧【2022年10月】

キャッシュレス対応の詳細

フレッシュネスバーガーで利用できるキャッシュレス決済・スマホ決済・電子マネーなどの支払い方法の情報をまとめました。

詳細は次の通りです。

クレジットカード

一部の店舗を除き、クレジットカード(VISA、Mastercard、JCB、AMEX、DISCOVER、Dinersなど)が利用できます。

QRコード決済
(スマホ決済)

PayPay(ペイペイ)、楽天ペイ、LINE Pay(ラインペイ)、d払い、au PAY(auペイ)、メルペイが利用できます。

一部の店舗を除き、Apple Pay(Suica,iD,QUICPay)とGoogle Pay(Suica、楽天Edy、nanaco、WAON、iD、QUICPay)が利用できます。

電子マネー一部の店舗を除き、交通系電子マネー(Suica、PASMO、Kitaca、tolca、manaca、ICOCA、SUGOCA、nimoca、はやかけん)、楽天Edy、nanaco、WAON、QUICPay、iDが使えます。
ポイント共通ポイントは使えません。
スマホアプリを使った
オンライン決済
モバイルオーダーによるオンライン決済(クレジットカード)が可能です。
コンタクトレス決済
(クレジットカード)
VISAのタッチ決済が利用できる店舗もあるようです。
ジェフグルメカード利用できません。
提携クレジットカードありません。
独自の電子マネープリペイド式のフレッシュネスカードがあります。

使えるキャッシュレス決済の種類は公式サイトに記載されています。
各種決済サービス(公式サイト)

2020年10月より公式アプリにてモバイルオーダーサービスがスタートしました。(店舗限定/クレジットカード決済)

VISAタッチ決済やJCBコンタクトレスなどのNFC-Payを導入する店舗も増えているようです。

独自の電子マネー・フレッシュネスカードでお得に利用・10%還元率

フレッシュネスバーガーはプリペイド式(チャージ式)のフレッシュネスカードを発行しています。

毎月1日~7日は「チャージ10%オンキャンペーン」が実施されています。5000円チャージすると10%上乗せの5500円分の残高がチャージされます。

期間中は何度でも可能ですが、フレッシュネスカードの残高上限は12000円です。

⇒フレッシュネスカード(公式)

フレッシュネスバーガーのクーポンの使い方

フレッシュネスバーガーのクーポンの使い方はとてもかんたんです。

アプリのクーポンを店員さんに見せて読み取ってもらうだけ。

会員登録特典で「クラシックチーズバーガーポテトセット」が1050円→780円になりました。270円分お得。

クーポンってすごい!

公式アプリではモバイルオーダーもOK

2020年の10月ごろ、フレッシュネスバーガー公式アプリにモバイルオーダー機能が搭載されました。

モバイルオーダー対応店舗では、スマートフォンからの注文と、クレジットカードによる事前決済(オンライン決済)が可能になりました。

モバイルオーダーの対応店舗はまだあまり多くありませんが、近くの店で使えたら便利ですね。

au PAY(auペイ)へのチャージ方法

フレッシュネスバーガーでau PAY(auペイ)を使ってコード払い(バーコード・QRコード決済)で支払う場合、残高が必要です。残高がなければチャージする必要があります。

チャージ方法には以下があります。

①auかんたん決済
②auじぶん銀行
③銀行口座
④クレジットカード(au PAY カード/その他クレジットカード)
⑤Pontaポイント・auポイント
⑥au PAY ギフトカード
⑦現金(セブン銀行ATM/ローソン銀行ATM/ローソン店頭/au SaKuTTO)

おすすめのチャージ方法はクレジットカードからになります。auユーザー以外も簡単に利用できます。

なお、チャージできるクレジットカードは、次のような制約があります。

・au PAY クレジットカード(au WALLET クレジットカード)
・Mastercardのマークが付いたクレジットカード
・VISAマークが付いたクレジットカード (au PAYカード、セゾンカード、UCカード、MUFGカード、DCカード、NICOSカード、TS CUBIC カード、エポスカード、楽天カード、ビューカード)
・JCBマークが付いたクレジットカード (クレディセゾン、トヨタファイナンスが発行したカードに限る)
・アメリカン・エキスプレスマークが付いたクレジットカード

キャンペーンでもらったポイント利用もかんたんです。

ポイント→auPAY残高へチャージすればよいだけです。

まとめ

auPAYが支払いに使えるフレッシュネスバーガー。キャンペーンの時はチャンスですね。

いろいろ使えるフレッシュネスバーガーでは、お得にキャッシュレス決済を行う方法は他にもいろいろあります。

フレッシュネスバーガーを利用するなら、まずはアプリのクーポンチェックから。

こちらもおすすめ

★キャッシュレス決済はどんなキャンペーン実施中?
⇒キャッシュレス決済・主なおすすめキャンペーン一覧【2022年10月】

スポンサーリンク

シェアする

フォローする