「セカンドストリート(セカスト)」で支払いにiD(アイディー)は使える?iD払いは?【2021年最新版】

リユースショップ『セカンドストリート(セカスト)』でiD(アイディー)は支払いに使えるのか、id払いはできるか、お得な決済方法があるのか知りたい!

今回の記事では、『セカンドストリート(セカスト)』でiD(アイディー)が利用できるか、お得な利用方法があるか等についてまとめました。

【2021年最新版】

スポンサーリンク

『セカンドストリート(セカスト)』でiD(アイディー)は使えない・iD払いできない

結論から言うと、『セカンドストリート(セカスト)』では、iD(アイディー)は使えません。iD払いできません。

『セカンドストリート』では電子マネーは使えないようです。

コード決済であれば、LINE Pay、au PAY、d払い、楽天ペイ、メルペイ、PayPay、J-Coin Pay、Alipay、WeChat Payが利用できます。

キャッシュレス化は順調ですが、その内容は店舗によって異なる場合もありますので、事前に電話・メール等で確認することをおすすめします。

⇒『セカンドストリート』店舗検索

『セカンドストリート(セカスト)』の支払い方法・キャッシュレス対応状況

全国に600店舗以上ある総合リユースショップ『セカンドストリート(セカスト)』は、大手レンタルビデオ・リユースショップ「ゲオ」の子会社です。

⇒「セカンドストリート」公式サイト

『セカンドストリート(セカスト)』の支払い方法・キャッシュレス状況は次のようになっています。

キャッシュレスの種類使える・使えない
クレジットカード○(使える)
PayPay(ペイペイ)○(使える)
楽天ペイ○(使える)
LINE Pay(ラインペイ)○(使える)
メルペイ○(使える)
d払い○(使える)
au PAY(auペイ)○(使える)
FamiPay(ファミペイ)×(使えない)
J-Coin Pay○(使える)
交通系電子マネー(SuicaPASMO・ICOCA等)×(使えない)
楽天Edy×(使えない)
nanaco(ナナコ)×(使えない)
WAON(ワオン)×(使えない)
QUICPay(QUICPay+)※Apple Pay・Google Pay含む×(使えない)
iD※Apple Pay・Google Pay含む×(使えない)

※○(使える)でも一部利用できない店舗があります。
※よく利用されると思われる決済方法だけピックアップしています。

こちらもおすすめ

★キャッシュレス決済はどんなキャンペーン実施中?
⇒キャッシュレス決済・主なおすすめキャンペーン一覧【2021年7月】

『セカンドストリート(セカスト)』のおすすめ情報

『セカンドストリート(セカスト)』を便利でお得に利用するための情報を紹介します。知っているのと知らないのとでは大きく差が出るかもしれません。

公式アプリでクーポンゲット

『セカンドストリート(セカスト)』の公式アプリでは、不定期にクーポンが配布されることがあります。会員登録は無料なので、店に出かける前にアプリを仕込んでおきましょう。

セカンドストリート・ジャンブルストア|古着ファッション

セカンドストリート・ジャンブルストア|古着ファッション
開発元:GEO CORPORATION
無料
posted withアプリーチ

提携クレジットならPontaポイントが貯まる

『セカンドストリート(セカスト)』では購入の際に、現金もしくはクレジット機能付きPontaカードで清算した場合に限り、100円ごとに1ポイントのPontaポイントが付きます。

⇒クレジット機能付きPontaカード(公式)

一般のクレジットカードで支払った場合はPontaポイントは貯まりません。

※※現金以外でのお支払方法では、ポイント加算の対象とならない場合がございます。
Ponta公式サイト

なお、買取の場合は買い取り金額100円ごとに1ポイントのPontaポイントがもらえます。

買取はLueca(ルエカ)で受け取ると10%アップ

ゲオ(GEO)グループが発行しているプリペイド式電子マネー「Lueca(ルエカ)」。セカンドストリート(セカスト)で買取をしてもらう場合、買取金額をLuecaで受け取ると10%アップになります。

Luecaはゲオやセカンドストリート(セカスト)などで1ポイント1円で支払いに使えます。

キャンペーンの時がチャンス

セカンドストリート(セカスト)では不定期に買い取りキャンペーンが行われます。不用品を売ろうと思ったら、キャンペーンを見逃さないようにしましょう。

iD(アイディー)なら三井住友カードが使いやすい

『セカンドストリート(セカスト)』ではiD(アイディー)は使えませんが・・・

iD(アイディー)なら三井住友カードが使いやすいかもしれません。

Apple Pay(アップルペイ)でもGoogle Pay(グーグルペイ)でも、どちらも登録してiD(アイディー)として利用することが可能。iPhone派でもAndroid派でもOKです。

三井住友カードはVポイントが貯まります。

 通常還元率
三井住友カード ナンバーレス 0.5%
三井住友カード
三井住友カード ゴールド
三井住友カード デビュープラス1%

特に、三井住友カード ナンバーレス は年会費も無料で、マクドナルド、セブンイレブン、ローソン、ファミマで5%還元率可能な超絶お得なクレジットカードです。

まとめ

『セカンドストリート(セカスト)』ではiD(アイディー)は使えません。利用できる電子マネーはないようです。

何より取り扱い商品のジャンルの多さで定評のある『セカンドストリート』。ブランド品や靴など、思わぬ掘り出し物が見つかると評判です。

QR決済への対応が徐々に進んでいます。スマホ決済がいろいろ使えれば、キャンペーン等でお得に利用できます。

キャンペーンはチェックしておかないと、そのとき何が一番お得かはわかりません。公式サイトやSNSを活用しましょう。

こちらもおすすめ

★キャッシュレス決済はどんなキャンペーン実施中?
⇒キャッシュレス決済・主なおすすめキャンペーン一覧【2021年7月】

スポンサーリンク

シェアする

フォローする