人気のリユースショップ『セカンドストリート』で支払いにiD(アイディー)は使える?使えない?

『セカンドストリート』でiD(アイディー)は支払いに使えるのか、お得な決済方法があるのか知りたい!

売るのも買うのも楽しい『セカンドストリート』は、リユース(リサイクル)業界の最大手です。

古着・ブランド品・家電・家具など幅広く取り扱っている人気店のリユースショップ『セカンドストリート』では、購入時の支払いにiD(アイディー)は使えるのでしょうか。

今回の記事では、『セカンドストリート』でiD(アイディー)が利用できるか、お得な利用方法があるか等についてまとめました。

スポンサーリンク

 


『セカンドストリート』でiD(アイディー)は・・・

結論から言うと、『セカンドストリート』では、iD(アイディー)は使えません

『セカンドストリート』では電子マネーは使えないようです。

コード決済であれば、LINE Pay、au PAY、d払い、メルペイ、PayPay、Alipay、WeChat Payが利用できます。

また、クレジットカード(VISA、Mastercard、JCB、AMEX、Diners、DISCOVER)が使えます。(2020年3月時点)

キャッシュレス化は順調ですが、その内容は店舗によって異なる場合もありますので、事前に電話・メール等で確認することをおすすめします。

⇒『セカンドストリート』店舗検索

『セカンドストリート』の支払い方法・キャッシュレス対応状況

全国に600店舗以上ある総合リユースショップ『セカンドストリート』は、大手レンタルビデオ・リユースショップ「ゲオ」の子会社です。

⇒「セカンドストリート」公式サイト

『セカンドストリート』の支払い方法・キャッシュレス状況は次のようになっています。

キャッシュレスの種類使える・使えない
クレジットカード○(使える)
PayPay(ペイペイ)○(使える)
楽天ペイ×(使えない)
LINE Pay(ラインペイ)○(使える)
メルペイ○(使える)
d払い○(使える)
au PAY(auペイ)○(使える)
FamiPay(ファミペイ)×(使えない)
交通系電子マネー(Suica・PASMO・ICOCA等)×(使えない)
電子マネー・楽天Edy×(使えない)
電子マネー・nanaco(ナナコ)×(使えない)
電子マネー・WAON(ワオン)×(使えない)
QUICPay(QUICPay+)※Apple Pay・Google Pay含む×(使えない)
iD※Apple Pay・Google Pay含む×(使えない)

※よく利用されると思われる支払い方法だけピックアップしています。

『セカンドストリート』のおすすめ情報

『セカンドストリート』を便利でお得に利用するための情報を紹介します。知っているのと知らないのとでは大きく差が出るかもしれません。

公式アプリでクーポンゲット

『セカンドストリート』の公式アプリでは、不定期にクーポンが配布されることがあります。会員登録は無料なので、店に出かける前にアプリを仕込んでおきましょう。

セカンドストリート・ジャンブルストア|古着ファッション

セカンドストリート・ジャンブルストア|古着ファッション
開発元:GEO CORPORATION
無料
posted withアプリーチ

提携クレジットならPontaが貯まる

『セカンドストリート』では購入の際に現金もしくはクレジット機能付きPontaカードで清算した場合に限り、100円ごとに1ポイントのPontaポイントが付きます。

一般のクレジットカードで支払った場合はPontaポイントは貯まりません。

⇒クレジット機能付きPontaカード(公式)

なお、買取の場合は買い取り金額100円ごとに1ポイントのPontaポイントがもらえます。

買取はLueca(ルエカ)で受け取ると10%アップ

ゲオ(GEO)グループが発行しているプリペイド式電子マネー「Lueca(ルエカ)」。セカンドストリートで買取をしてもらう場合、買取金額をLuecaで受け取ると10%アップになります。

Luecaはゲオやセカンドストリートなどで1ポイント1円で支払いに使えます。

キャンペーンの時がチャンス

セカンドストリートでは不定期に買い取りキャンペーンが行われます。不用品を売ろうと思ったら、キャンペーンを見逃さないようにしましょう。

『セカンドストリート』での利用におすすめのクレジットカードは?

電子マネーが使えない『セカンドストリート』では、還元率がそこそこでもメリット性の高いクレカがおすすめです。それは次の2つです。

ビックカメラSuicaカード

通常還元率は1%と安定派の「ビックカメラSuicaカード」。

高還元の決済方法として、ビックカメラSuicaカードでチャージしたモバイルSuicaで支払う、というものがあります。

残念ながら『セカンドストリート』ではSuicaは使えませんが、普段遣いでSuicaチャージが不可欠な人にとっては「ビックカメラSuicaカード」は何にも代え難い最強カード。

ビックカメラでのポイント高還元は言うまでもなく、Suicaへのチャージで1,000円につき15ポイントのJREポイントが付与されるという点だけで、このカードを持つ意味があります。

楽天カード

言うまでもなく、楽天ユーザーにとって無くてはならない鉄板カードが「楽天カード」です。

通常還元率は1.0%ですが、楽天市場での利用なら3.0%越えは当たり前。楽天Edyへのチャージでもポイントが貯まるので、リアル店舗での支払いもポイント2重取りでお得です。

残念ながら『セカンドストリート』では楽天Edyは使えませんが、安定&多用途という点でおすすめのクレジットカードです。

JCB CARD W

39歳以下の人だけがWEB入会限定で取得できるクレカが「JCB CARD W」です。もちろん、一度取得すれば一生使えます。

通常還元率は1%ですが、貯まるOki Dokiポイントの交換先が豊富で、様々なポイントに交換できるのが強みです。

そして何より、ディズニーファンにとってはお得でおすすめのカード。

貯めたポイントがチケット等に交換できます。

1600ポイント→東京ディズニーリゾート・パークチケット(1枚)
3200ポイント→東京ディズニーリゾート・パークチケット(2枚)
4800ポイント→東京ディズニーリゾート・パークチケット(3枚)
3600ポイント→東京ディズニーランドホテル・ペア食事券
19000ポイント→ホテルミラコスタ ヴェネツィアサイド スーペリアルーム 宿泊利用券

また、「JCBマジカルキャンペーン」(貸切イベント)に応募できます。しかも期間中50万円以上の利用で応募口数が2倍に!

39歳以下の方におすすめのJCBカードは「JCB カード W」。

「JCB カード W」
おすすめポイントポイントいつも2倍(1%ポイント還元率)
年会費無料
39歳までに申し込みすると、その後も年会費無料で継続利用可能
申し込み資格18歳以上39歳以下で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。または高校生を除く18歳以上39歳以下で学生の方。
年会費無料
家族カード年会費無料
ETCカード年会費無料
海外旅行傷害保険最高2000万円(利用付帯)
国内旅行傷害保険
Apple Pay・Google Payどちらも登録してQUICPayクイックペイとして利用可能
詳細   公式サイト

まとめ

『セカンドストリート』ではiD(アイディー)は使えません。利用できる電子マネーはないようです。(2020年3月時点)

クレジットカード決済や一部のQR決済が使える店舗は順調に増えています。今後も導入が進められていくことが予想されます。

何より取り扱い商品のジャンルの多さで定評のある『セカンドストリート』。ブランド品や靴など、思わぬ掘り出し物が見つかると評判です。

QR決済への対応が徐々に進んでいます。スマホ決済がいろいろ使えれば、キャンペーン等でお得に利用できます。

キャンペーンはチェックしておかないと、そのとき何が一番お得かはわかりません。公式サイトやSNSを活用しましょう。

スポンサーリンク

 


 


シェアする

フォローする