一番お得!「リクルート カード」でnanacoにチャージする方法【解説】

※2020年3月12日~nanacoクレジットチャージ事前登録(新規登録)対象カードは「セブンカード」限定に変更。3月11日までに登録済の場合は引き続き利用可。

「リクルートカード」を登録できていない場合、これからクレジットカードを登録したい場合は「セブンカード」の登録しかできませんが、それ以外にもお得になる方法はあります。

「リクルートカード」でnanacoにチャージする方法を知りたい!

nanacoは税金の支払いにも利用できて、大人気の電子マネーです。人気の理由はnanacoにチャージするときにポイントが付与されるクレジットカードがあるから。

今回は電子マネーチャージでもポイントが付与されるクレジットカード「リクルート カード」でのnanacoへのチャージ方法を中心にお伝えします。

スポンサーリンク

「リクルート カード」でnanacoにチャージする方法

nanacoに「リクルートカード」からチャージする方法です。必要な時に、その都度チャージします。

初回のみ・事前登録必要

初めてクレジットチャージを利用する時は、事前にクレジットカードの登録が必要になります。

登録してすぐにはチャージできません!

<nanacoカード>
パソコン・スマートフォンのnanaco会員メニューにログインして、クレジットカードの事前登録を行います。

・nanacoカードは入会から10日後にクレジットカードの事前登録が可能
・1枚のクレジットカードから1枚のnanacoカードと1台のnanacoモバイルに事前登録が可能
・クレジットカードの事前登録を行うには、本人認証サービスに登録済みのクレジットカードが必要
・店舗ではクレジットカードの事前登録不可

<nanacoモバイル>
nanacoモバイルアプリより、クレジットカードの事前登録を行います。

・nanacoモバイルは新規入会・機種変更から4日後の朝6時以降に事前登録が可能
・1枚のクレジットカードから1枚のnanacoカードと1台のnanacoモバイルに事前登録が可能
・クレジットカードの事前登録を行うには、本人認証サービスに登録済みのクレジットカードが必要
・店舗ではクレジットカードの事前登録不可

通常のチャージ

事前登録完了後、24時間経過後からチャージ利用可能になります。

<nanacoカード>
パソコン・スマートフォンのnanaco会員メニューにログインしてチャージ
→セブンイレブンなどのお店やセブン銀行ATMで残高確認して受け取り
<nanacoモバイル>
nanacoモバイルアプリ(バージョン:2.00以上)よりチャージ
(残高確認して受け取る必要はありません)

<チャージ金額について>
1回のチャージ可能額:5000円以上1000円単位で3円まで
チャージ上限額:5万円

<クレジットチャージの利用上限>
利用金額:1ヵ月20万円まで
利用回数:1ヵ月15回 / 1日3回まで
(1ヵ月→月初(1日)~月末(各月末日)まで。1日→0:00AM~23:59PM)

オートチャージは不可

nanacoにオートチャージできるクレジットカードは以下のみです。「リクルート カード」ではできません。

<オートチャージに対応しているクレジットカード>
・セブンカード・プラス(一体型・紐付型)/セブンカード・プラス(ゴールド) 
・セブンカード/セブンカード(ゴールド)

nanacoチャージ・ポイント付与上限あり

「リクルートカード」のnanacoへのチャージによるポイント付与には上限があります。

2018年4月16日~ポイント付与の上限が設けられました。

電子マネーチャージ利用金額の合算で、月額30000円までがポイント付与対象です。それ以上はいくらチャージしてもポイントは付与されません。

ポイント付与の月間集計期間:毎月16日~翌月15日

対象となる電子マネー:
(JCB)nanaco、モバイルSuica
(VISA・MasterCard)nanaco、Edy、モバイルSuica、スマートイコカ

他のnanacoへのチャージ方法

「リクルートカード」(クレジットカード)以外のnanacoへのチャージ方法としては、現金から・nanacoギフトから・ポイントを電子マネーに交換という方法になります。

おもしろいところでは、余った外貨(現金)をnanacoにチャージする方法があります。

nanacoは複数枚使える?

nanacoが人気の理由の一つに税金・公共料金が払えることがあります。

税金や公共料金を支払う場合に金額が大きいと、nanacoを複数枚使って支払う必要がでてきます。nanacoはレジで5回(5枚)までOKなので、実質25万円までなら支払えるはずです。

ところが最近、管理人は「複数枚は無理です」と断られることがありました。
以前は複数枚(例えばnanacoカードとnanacoモバイル)で支払えていた店舗ですが、店員さんがわかっていなかったのか・・・(1つだけ以前と変わったところがあるとすれば、店舗が大々的に改装したんですよね。)

ネットで調べると、「直営店でない場合できないこともある」といったような情報もあり。(正確なところは不明です。)

幸い、払いたい金額は10万円以下だったので、以下の作戦で切り抜けました。
1日目:1枚のnanacoカードに5万円チャージ
1日目:→セブンイレブンにいって残高照会
2日目:→1日目と同じカードに5万円チャージ(この分の5万円はセンター預かりになっている)
2日目:→セブンイレブンに行ってnanacoで支払い
※支払いの際、足りなくなった時は、店員さんに「残高照会してください」とお願いします。

一番かんたんなのは、納付書が1枚5万円以下なら、一度に払おうとせずに、複数回に分けて支払うことですね。

まとめ

「リクルート カード」でのnanacoへチャージする方法は難しくありません。

ただし、電子マネーチャージ利用金額の合算で、月額30000円までがポイント付与対象なので、その点は注意しましょう。

それでも年会費無料で1.2%還元率の「リクルート カード」はお得です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする