※この記事にはプロモーションが含まれています。[PR]

ペイペイ(PayPay)のチャージはコンビ二?銀行?ポイント?

QRコード決済の代表格「ペイペイ(PayPay)」。キャンペーンの効果もあって、爆発的に普及しています。

PayPayでの支払いの際にペイペイ残高を使う場合は、事前にチャージしておく必要があります。

ペイペイ(PayPay)のチャージはどこからできるのでしょうか。そのあたりを調べてみました。

スポンサーリンク

ペイペイ残高へのチャージ方法

PayPay残高へチャージする方法は以下になります。

・銀行口座 →方法
・クレジット(旧あと払い) →方法
・セブン銀行ATM/ローソン銀行ATMから現金チャージ →方法
・ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
・Yahoo!フリマ・Yahoo!オークションの売上金
・本人認証サービス(3Dセキュア)に登録済みのPayPayカード(旧Yahoo! JAPANカード含む)

基本的にチャージに手数料はかかりませんが、ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いのみ当月2回目以降のチャージに手数料がかかります。

銀行口座からのチャージ

ペイペイに対応している銀行口座は次の通りです。

[提携銀行]
・愛知銀行 ・青森銀行 ・秋田銀行 ・足利銀行 ・阿波銀行 ・イオン銀行 ・池田泉州銀行 ・伊予銀行 ・岩手銀行 ・愛媛銀行 ・auじぶん銀行 ・大分銀行 ・沖縄銀行 ・沖縄県労働金庫 ・関西みらい銀行 ・北日本銀行 ・九州労働金庫 ・紀陽銀行 ・京都銀行 ・近畿労働金庫 ・熊本銀行 ・群馬銀行 ・京葉銀行 ・埼玉りそな銀行 ・山陰合同銀行 ・滋賀銀行 ・四国銀行 ・四国労働金庫 ・静岡銀行 ・静岡県労働金庫 ・七十七銀行 ・親和銀行 ・十六銀行 ・常陽銀行 ・住信SBIネット銀行 ・スルガ銀行 ・セブン銀行 ・仙台銀行 ・ソニー銀行 ・大光銀行 ・第三銀行 ・第四銀行 ・大東銀行 ・千葉銀行 ・千葉興業銀行 ・中央労働金庫 ・中京銀行 ・中国労働金庫 ・筑波銀行 ・東海労働金庫 ・東邦銀行 ・東北銀行 ・東北労働金庫 ・徳島大正銀行 ・鳥取銀行 ・トマト銀行 ・富山銀行 ・長野銀行 ・長野県労働金庫 ・南都銀行 ・新潟県労働金庫 ・西日本シティ銀行 ・八十二銀行 ・百五銀行 ・百十四銀行 ・広島銀行 ・福井銀行 ・福岡銀行 ・PayPay銀行(ペイペイ銀行)・北越銀行 ・北洋銀行 ・北陸銀行 ・北陸労働金庫 ・北海道銀行 ・北海道労働金庫 ・みずほ銀行 ・三井住友銀行 ・三菱UFJ銀行・武蔵野銀行 ・山梨中央銀行 ・ゆうちょ銀行 ・横浜銀行 ・りそな銀行  等

提携可能な銀行(公式)

銀行口座の登録さえ済ませておけば、チャージ方法は簡単。

[チャージ]ボタンをタップして出てくる画面で、チャージ方法の欄に自分の口座情報が表示されていることを確認したら金額を入力するか、もしくは[+3,000円][+5,000円][+10,000円][その他]から選んで入力。一番下の[チャージする]をタップすればOK。

クレジット(旧あと払い)

クレジット(旧あと払い)は、PayPayで当月に利用した金額を翌月にまとめて支払える支払い方法で、翌月一回払いなら手数料もかかりません。

事前に残高へチャージすることなく支払いできます。

利用できるクレジットカードは、PayPayカード・PayPayカードゴールド。

PayPayステップの付与率は支払い方法によって変わり、クレジット(旧あと払い)なら残高での支払いと比べて、PayPayステップの基本付与率が2倍になります。


(画像:公式サイトより引用)

セブン銀行ATM/ローソン銀行ATMでのチャージ

セブン銀行ATM/ローソン銀行ATMで現金をチャージすることができます。

その場合はチャージ方法の選択でATMチャージを選び、立ち上がったカメラ画面でATMに表示されるバーコードを読み込みます。

<セブン銀行ATMの場合>
セブン銀行ATMで「スマートフォンでの取引」選択
→開始用のQRコードを表示
→PayPay(ペイペイ)のアプリを立ち上げ
→チャージをタップ
ATMチャージをタップ
→セブン銀行ATMの開始用のQRコードをスマホで読み取る
→PayPayアプリに番号が表示されるため、表示された番号をATMに入力
→チャージしたい金額をATMに入金後、金額を確定
→完了

※1回あたりのチャージは1000円以上、限度額は最大50万円
※おつりはでません

ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い

ソフトバンク・ワイモバイルの携帯電話を利用していて、携帯電話回線を利用してPayPayアカウントの連携をしている場合、ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いを利用して、PayPay残高へのチャージが可能です。

ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いでチャージする場合は、毎月初回のチャージは手数料無料ですが、2回目以降手数料が発生します。

Yahoo!フリマ・Yahoo!オークションの売上金からチャージ

Yahoo!フリマ・Yahoo!オークションの売上金からPayPay残高にチャージできます。

1.売上金管理のページを表示
2.[PayPayにチャージ]をクリック
3.「チャージ金額」欄に1円以上のチャージしたい金額を入力
4.[確認する]をクリック
5.表示されている金額を確認し、[チャージする]をクリック
6.PayPayへのチャージが完了

PayPayアプリでの本人確認の状態によって、チャージされるPayPay(残高)の種類が異なります。

本人確認が完了している場合:PayPayマネーにチャージ(PayPayマネーは、PayPayアプリから現金での出金が可能)
本人確認が完了していない場合:PayPayマネーライトにチャージ(PayPayマネーライトは現金での出金不可)

PayPayカード(旧Yahoo! JAPANカード含む)からチャージ可能

ペイペイにチャージできるクレジットカードは、PayPayカード(旧Yahoo! JAPANカード含む)。

他のカードもペイペイに登録できますが、残高へのチャージには使えません。

つまり、ペイペイならPayPayカード(旧Yahoo! JAPANカード含む)です。

※ただし、チャージでポイント付与はありません。

PayPay残高には種類がある

PayPay残高には種類があり、それぞれ有効期限や使える機能が異なります。


(画像:公式サイトより引用)

PayPayマネー本人確認後、以下のチャージ手段でチャージした残高
・銀行口座、セブン銀行ATM/ローソン銀行ATM、Yahoo!フリマ/Yahoo!オークションの売上金
PayPayマネーライト以下のチャージ手段でチャージした残高
・PayPayカード(旧Yahoo! JAPANカード含む)、クレジット(旧あと払い)、ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
PayPayポイント特典やキャンペーン等の適用に伴い、進呈されたポイント。

PayPayカード(旧ヤフーカード含む)がお得

「PayPay(ペイペイ)」の基本還元率は現在以下になっています。

<PayPayステップ(ペイペイステップ)>


(画像:公式サイトより引用)

★達成条件クリアで最大2%還元率!

※クレジット(旧あと払い)利用設定済みのPayPayカード、PayPayカード ゴールドの利用に対してPayPayステップを適用(PayPayアプリを介してのPayPayカードによる支払いは対象外)

 


(画像:公式サイトより引用)

※クレジット(旧あと払い)利用設定済みのPayPayカード、PayPayカード ゴールドの支払いを条件1、条件2にカウント

 

■カウント期間の利用状況を反映した特典の適用期間:
<PayPayアプリの場合>カウント期間の翌月1日12:00~カウント期間の翌々月1日11:59までの支払い
<PayPayカード、PayPayカード ゴールドの場合>カウント期間の翌月1日0:00~カウント期間の翌月末日23:59までにPayPayカード社に売上が到着した分※
⇒2024/3/21~、支払いを行った日の実績としてカウント

■利用のカウント期間:前月1日00:00 〜 同月末日 23:59

※2024年3月21日よりクレジット設定済みのPayPayカード、PayPayカード ゴールド利用時のPayPayステップの決済回数・金額カウントタイミングと、条件達成分の付与ポイントの適用時期が変更になります。⇒公式サイト


(画像:公式サイトより引用)

ペイペイをお得に使いこなしたいなら、「PayPayカード ゴールド」必須です。

まとめ

以上、ペイペイ(PayPay)のチャージについてのまとめでした。

ペイペイは0.5%~という還元率で、日本のキャッシュレス社会を牽引していく立場にあります。これからさらに対応店舗が増えていくと、ペイペイはもっと便利になって、そのうちペイペイ一強になってしまうかもしれません。

※この記事にはプロモーションが含まれています。[PR]

スポンサーリンク

シェアする

フォローする