ペイペイ(PayPay)のチャージはコンビ二?銀行?ポイント?

ソフトバンクとYahoo!が手を組んで運営しているペイペイ(PayPay)。100億円還元など大規模キャンペーンの効果もあって、爆発的に普及しています。

ペイペイは、クレジットカードを紐付けするか、あるいはペイペイ残高に事前にチャージしておいて支払う方式です。

ペイペイ残高から支払う場合、事前にチャージしておく必要があります。

ペイペイ(PayPay)のチャージはどこからできるのでしょうか。どうやってやればいいのでしょうか。そのあたりを詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

ペイペイの6つのチャージ方法

ペイペイのチャージには次の6通りの方法があります。いずれの方法をとっても、チャージに手数料は掛かりません。

・銀行口座
・Yahoo!JAPANカード(ヤフーカード)
・セブン銀行ATM/ローソン銀行ATMから現金チャージ
・ヤフオク!の売上金
・ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
・PayPayギフトカード

銀行口座からのチャージ

ペイペイに対応している銀行口座は次の通りです。

[提携銀行]
・愛知銀行 ・青森銀行 ・秋田銀行 ・足利銀行 ・阿波銀行 ・イオン銀行 ・池田泉州銀行 ・伊予銀行 ・岩手銀行 ・愛媛銀行 ・auじぶん銀行 ・大分銀行 ・沖縄銀行 ・沖縄県労働金庫 ・関西みらい銀行 ・北日本銀行 ・九州労働金庫 ・紀陽銀行 ・京都銀行 ・近畿労働金庫 ・熊本銀行 ・群馬銀行 ・京葉銀行 ・埼玉りそな銀行 ・山陰合同銀行 ・滋賀銀行 ・四国銀行 ・四国労働金庫 ・静岡銀行 ・静岡県労働金庫 ・七十七銀行 ・親和銀行 ・ジャパンネット銀行 ・十六銀行 ・常陽銀行 ・住信SBIネット銀行 ・スルガ銀行 ・セブン銀行 ・仙台銀行 ・ソニー銀行 ・大光銀行 ・第三銀行 ・第四銀行 ・大東銀行 ・千葉銀行 ・千葉興業銀行 ・中央労働金庫 ・中京銀行 ・中国労働金庫 ・筑波銀行 ・東海労働金庫 ・東邦銀行 ・東北銀行 ・東北労働金庫 ・徳島大正銀行 ・鳥取銀行 ・トマト銀行 ・富山銀行 ・長野銀行 ・長野県労働金庫 ・南都銀行 ・新潟県労働金庫 ・西日本シティ銀行 ・八十二銀行 ・百五銀行 ・百十四銀行 ・広島銀行 ・福井銀行 ・福岡銀行 ・北越銀行 ・北洋銀行 ・北陸銀行 ・北陸労働金庫 ・北海道銀行 ・北海道労働金庫 ・みずほ銀行 ・三井住友銀行 ・武蔵野銀行 ・山梨中央銀行 ・ゆうちょ銀行 ・横浜銀行 ・りそな銀行  等

※三菱UFJ銀行は未対応

提携可能な銀行(公式)

銀行口座の登録さえ済ませておけば、チャージ方法は簡単。

[チャージ]ボタンをタップして出てくる画面で、チャージ方法の欄に自分の口座情報が表示されていることを確認したら金額を入力するか、もしくは[+3,000円][+5,000円][+10,000円][その他]から選んで入力。一番下の[チャージする]をタップすればOK。

Yahoo!JAPANカード(ヤフーカード)からチャージ可能

ペイペイにチャージできる唯一のクレジットカードがYahoo!Japanカード。ペイペイへのチャージ金額に応じてクレジットポイントも1%付与されます。

※2020年2月1日~変更になりました。

他のカードもペイペイに登録できますが、残高へのチャージには使えません。また、あくまでもペイペイに代わって支払いを行うだけなので、クレジット払いではペイペイボーナスは付きません。

つまり、Yahoo!JAPANカード一強です。

セブン銀行ATM/ローソン銀行ATMでのチャージ

セブン銀行ATM/ローソン銀行ATMで現金をチャージすることができます。

その場合はチャージ方法の選択でATMチャージを選び、立ち上がったカメラ画面でATMに表示されるバーコードを読み込みます。

<セブン銀行ATMの場合>
セブン銀行ATMで「スマートフォンでの取引」選択
→開始用のQRコードを表示
→PayPay(ペイペイ)のアプリを立ち上げ
→チャージをタップ
ATMチャージをタップ
→セブン銀行ATMの開始用のQRコードをスマホで読み取る
→PayPayアプリに番号が表示されるため、表示された番号をATMに入力
→チャージしたい金額をATMに入金後、金額を確定
→完了

※1回あたりのチャージは1000円以上、限度額は最大50万円
※おつりはでません

ヤフオク!の売上金からチャージ

1.売上金管理のページを表示
2.[PayPayにチャージ]をクリック
3.「チャージ金額」欄に100円以上のチャージしたい金額を入力
4.[確認する]をクリック
5.表示されている金額を確認し、[チャージする]をクリック
6.PayPayへのチャージが完了

ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い

ソフトバンク・ワイモバイルの携帯電話を利用していて、携帯電話回線を利用してPayPayアカウントの連携をしている場合、ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いを利用して、PayPay残高へのチャージが可能です。

PayPayボーナスライトには有効期限あり

PayPay残高には4つの種類があります。

 有効期限PayPay残高での支払い時の優先順位
PayPayマネー無期限4
PayPayマネーライト無期限3
PayPayボーナス無期限2
PayPayボーナスライト付与日の翌日から起算して60日1

PayPayボーナスライトの有効期限は、60日間です。PayPayボーナスライトから優先して支払われるので、定期的に使い続けていれば問題にならないと思いますが、有効期限があるということだけ抑えておきましょう。

Yahoo!JAPANカードが一番お得

「PayPay(ペイペイ)」の基本還元率は2020年4月~、以下になっています。

・PayPay残高またはYahooカードで支払った場合の、基本となる付与率が0.5%(ヤフージャパンの対象サービスは1%)
・前月に100円以上の決済回数が50回以上あった場合、付与率が0.5%アップし1%(または1.5%)
・前月の決済金額が10万円以上だった場合は、付与率がさらに0.5%アップし、最大1.5%(または2%)

■カウント期間の利用状況を反映した特典の適用期間:当月1日 8:00 ~ 翌月1日 7:59
■利用のカウント期間:前月1日 0:00 ~ 前月末日 23:59

PayPay残高0.5%還元率~ 
Yahoo!JAPANカード(ヤフーカード)
その他のクレジットカード特典なし

※「1回の支払いにおける付与上限」は7500円相当、「1カ月の付与合計上限」は15000円相当

ペイペイをお得に使いこなす方法は、PayPay残高かYahoo!JAPANカードになります。

チャージ方法ポイント還元率
Yahoo! JAPANカード(ヤフーカード)0.5%~
銀行口座0.5%~
セブン銀行ATMから現金チャージ0.5%~
ヤフオク!の売上金0.5%~
ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い0.5%~

まとめ

以上、ペイペイ(PayPay)のチャージについてのまとめでした。

ペイペイは1.5%という脅威の還元率で、これからの日本のキャッシュレス社会を牽引していく立場にあります。これからどんどん対応店舗が増えていくと、ペイペイはもっと便利になって、そのうちペイペイ一強になってしまうかもしれません。

PayPayをまだインストールしていない人は下のバナーからどうぞ。

【iOS版】

【Android版】

スポンサーリンク

シェアする

フォローする