【楽天Edy(エディ)】にクレジットチャージできるのは?お得なクレジットカードまとめ【2020年9月最新版】

【楽天Edy】はプリペイド式の電子マネーなので、現金チャージやクレジットチャージ等でチャージして使います。

以前からあり、どこのコンビニでも利用できるので、早くから電子マネーを使っていた人には馴染みの深い電子マネーです。

今回は【楽天Edy】のチャージに使えて、しかもお得なクレジットカードがないか調べてみました。

【2020年9月最新版】

スポンサーリンク

 


楽天Edy(エディ)のクレジットチャージに対応したカードは?

【楽天Edy】へのクレジットカードからのチャージサービスに登録できるクレジットカードは、公式サイトでは次のようなカードが挙げられています。

  • 楽天カード
  • アメリカン・エキスプレス
  • MUFGカード(三菱UFJニコス)
  • DCカード(三菱UFJニコス)
  • ニコスカード(三菱UFJニコス)
  • UFJカード(三菱UFJニコス)
  • NCカード(エヌシーガイドショップ)
  • NTTグループカード
  • エポスカード
  • オークス
  • オーシーカード
  • オリエントコーポレーション
  • クレディセゾン
  • 山陰信販
  • JCB
  • ジャックスカード
  • セディナ
  • オーエムシーカード
  • CFカード
  • ゼビオカード
  • ダイナースクラブカード
  • 東急カード
  • トヨタファイナンス
  • 日本海信販
  • VJAグループ
  • 三井住友カード
  • ほくせんカード
  • UCカード
  • UCSカード
  • ゆめカード
  • LIFEカード
  • ポケットカード
  • アプラス

※一部取り扱いできないカードあり

楽天Edyチャージでお得なクレジットカードは?

【楽天Edy】にチャージできる代表的なクレジットカードの還元率を比較してみました。

カードチャージ還元率条件
リクルートカード(VISA・マスター)1.2%※ポイント付与は電子マネー利用金額合計が月間3万円までという制限あり
TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO/TOKYU CARD ClubQ JMB1.0%
タカシマヤセゾンカード1.0%
エディオンカード1.0%
楽天カード0.5%通常の1/2=0.5%
エポスカード0.5%
エポスゴールドカード0.5%~
JMBローソンPontaカードVisa0.5%
JQ CARDセゾン0.5%
JQ CARDエポス0.5%
OPクレジット0.5%
OPクレジット(ゴールド)0.5%
出光カードまいどプラス0.5%
ANA JCBワイドゴールドカード0.5%
ANAダイナースカード0.5%

この中で管理人が特にお勧めしたいのは次の4つです。

リクルートカード

edyへのクレジットカードチャージでお得を享受したい人ならリクルートカードは必須です。

年会費無料
追加カードETCカード、家族カード
還元率1.2%~
ポイントリクルートポイント
付帯保険海外旅行保険・国内旅行傷害保険(利用付帯)
電子マネー機能搭載なし
Apple Pay登録可(QUICPayとして利用可能)

電子マネーへのチャージに対してポイントは付与されますが、電子マネー利用金額合計が月間3万円までという制限があります。

しかし還元率は1.2%で、しかも年会費無料のクレジットカードなので、Edyチャージ用クレジットカードとしてはピカイチです。

ただし、Edyチャージでポイントが付与されるのは、VISAもしくはMasterCardブランドになります。

TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO/TOKYU CARD ClubQ JMB

TOKYU CARD ClubQ JMB PASMOはJALマイレージバンクカード(JMB)の機能とPASMOの機能を備えた東急グループのクレジットカードです。

TOKYU CARD ClubQ JMBは、TOKYU CARD ClubQ JMB PASMOからPASMO機能を抜いたものになります。

JMBのカードでもあるのでJALマイルを貯めている人にもお勧めです。

年会費初年度無料、2年目以降1,000円(税別)
追加カードETCカード、家族カード
還元率0.5%~
ポイントTOKYU POINT
付帯保険海外旅行保険・国内旅行傷害保険(利用付帯)
電子マネー機能PASMO(TOKYU CARD ClubQ JMBは搭載なし)
Apple Pay登録可(QUICPayとして利用可能)

Edyチャージでポイント付与があり、還元率にして1%です。

TOKYU CARD ClubQ JMB PASMOの場合、「ご利用代金Web明細サービス」に登録すると、東急グループ以外のお店やサービスでの利用時、ポイントが最大1%貯まります。

利用代金Web明細サービスへの登録が条件となります。

つまり、クレジットカード利用で貯まる0.5%分と「ご利用代金Web明細サービス」の特典0.5%分との合計1%が実質還元率です。

さらに、PASMOオートチャージで、クレジットカード利用で貯まる0.5%分のプレミアムポイントと0.5%分の「電車とバスで貯まるTOKYU POINT」の合計1%のポイントが貯まります。

→「ご利用代金Web明細サービス」とは?(公式)

→「電車とバスで貯まる TOKYU POINT」とは?(公式)

楽天カード

同じ楽天グループで【楽天Edy】と当然相性が良いはずの「楽天カード」。

年会費無料
追加カードETCカード、家族カード
還元率1%~(Edyチャージは0.5%)
ポイント楽天スーパーポイント
付帯保険海外旅行保険(自動付帯)
電子マネー機能楽天Edy付きあり
Apple Pay登録可(QUICPayとして利用可能)

「楽天カード」は、残念ながらEdyチャージでのポイント付与は通常の1/2、200円につき1ポイント=0.5%還元率になります。

ただ、楽天ペイアプリに楽天Edyが搭載されたので、楽天派には使い勝手がよくなっています。

エポスカード

年会費無料のカードでありながら、実はメリットの大きい「エポスカード」。

年会費無料
追加カードETCカード
還元率0.5%~
ポイントエポスポイント
付帯旅行保険海外旅行保険(自動付帯)
電子マネー機能なし
Apple Pay登録可(QUICPayとして利用可能)

ゴールドへのインビテーションが届く可能性があるので、人気の高い「エポスカード」です。

EdyへのチャージでもSuicaへのチャージでもポイントは付与されます。

楽天エディチャージできて年会費無料のクレジットカードはある?

Edyにチャージできる代表的なクレジットカードの年会費を比較してみました。

カード初年度翌年度以降
リクルートカード(VISA・マスター)無料無料
TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO/TOKYU CARD ClubQ JMB無料1,000円(税別)
タカシマヤセゾンカード無料無料
エディオンカード980円(税別)980円(税別)※1
楽天カード無料無料
エポスカード無料無料
エポスゴールドカード5000円(税込)※25000円(税込)※2※3
JMBローソンPontaカードVisa無料無料
JQ CARDセゾン無料1,250円(税別)※4
JQ CARDエポス無料1,250円(税別)※4
OPクレジット無料500円(税別)※4
OPクレジット(ゴールド)10,000円(税別)10,000円(税別)※5
出光カードまいどプラス無料無料
ANA JCBワイドゴールドカード14,000円(税別)14,000円(税別)
ANAダイナースカード22,000円(税別)22,000円(税別)

※1:エディオン各店舗で15万円(税別)以上購入で翌年無料
※2:インビテーション、プラチナ・ゴールド会員の家族から紹介で永年無料
※3:年間利用額50万円以上で永年無料
※4:年1回以上ショッピングの利用で翌年も無料
※5:前年度のショッピング利用金額(クレジットでの支払い)が本会員・家族会員あわせて 年間合計200万円(税込)以上である場合は、年会費が本会員・家族会員とも無料

楽天Edyチャージでポイント付与されない代表的なカード

過去にはEdyチャージでポイント付与されていることもありましたが、現在チャージはできてもポイント付与されないクレジットカードがあります。

主なところで、
・ライフカード
・dカード
・アメックス
・三井住友カード
・JCBカード(オリジナルシリーズ)
など

チャージは可能ですがポイント付与されないので、2重取りできません。

楽天Edyへのチャージ方法

Edyへのチャージ方法はEdyの種類によってあります。

チャージ方法としては、楽天ID、クレジットカード、銀行口座、オートチャージ、コンビニ等での現金、外貨(ポケットチェンジ)、ギフト機能を利用したポイントチャージ、いつでもEdyチャージ、Edyチャージがあります。

Edyのチャージ方法については下記の記事で詳しく紹介しています。

楽天Edyってどこで使えるの?

【楽天Edy】はコンビニをはじめ、多種多様な店舗で利用できます。

→公式サイト

Edyはモバイルで使えるの?

【楽天Edy】は、おサイフケータイ機能があるandroid端末で利用できます。

iPhoneの場合は、その他にEdyカード等が必要で、iPhone単体で使える状況ではありません。Apple Payで対応しているようなこともありません。

まとめ

以前からあり、どこのコンビニでも利用できるので、早くから電子マネーを使っていた人には馴染みの深い電子マネー【楽天Edy(エディ2020)】。

せっかくEdyを利用するのなら、クレジットチャージでポイントが付与されるものを選択し、ポイントをゲットしてお得に使いたいものですね。

自分の生活圏やライフスタイルにあったクレジットカードを厳選して、Edyを有効活用しましょう。

スポンサーリンク

 


 


シェアする

フォローする