「三井住友カード」×「マイナポイント事業」最大5000円相当還元+α!注意点等<まとめ>

クレジットカード「三井住友カード」は、「マイナポイント事業」に参加することが決定しています。

申し込みは2020年9月1日から始まりました。

今回の記事では、「三井住友カード」×「マイナポイント事業」の、独自のプラスアルファキャンペーンや申し込み、注意点等についてまとめています。

クレジットカード「三井住友カード」の場合は、抽選で最大10000 Vポイントあたるチャンスがあります!(9月に申し込みした場合)


公式サイト

内容は変わっている可能性もありますのでご注意ください。申し込み時には再度ご自身でのご確認をお願いします。
(2020年9月更新)

まだマイナンバーカードを申し込んでいない人は、まずは下記の記事から。

スポンサーリンク

 


「マイナポイント事業」×「三井住友カード」5000円+抽選で合計最大5000円相当還元以上の可能性あり!

「マイナポイント事業」で「三井住友カード」を申し込んだ場合、マイナポイントで最大5000円相当 + 三井住友カード独自の抽選キャンペーン = 合計で最大5000円相当+αをもらうチャンスがあります。

①通常のマイナポイント分

★「マイナポイント」は最大25%還元です。
上限は 5000 Vポイント=5000円相当です。

つまり20000円分ちょうど利用すれば、25%還元=上限5000円相当もらえることになります。

マイナポイントの決済手段として「三井住友カード」を選択して申込みします。マイナポイント事業が開始する9月1日以降、対象期間内に買い物をすると、25%還元=最大5000円相当もらえます。

★マイナポイントへ三井住友カードを登録するには、Webサービス「Vpass」への登録が必要です。

対象カード:
Vポイント付与対象の個人向けクレジットカード(Visa、Mastercard)の本会員(パーソナルアカウントタイプ含む)(一部対象外カードあり)
※Amazon MastercardやVisa LINE Payクレジットカードなどの独自ポイントのみを付与するカードは対象外
※家族カード、iDなどの子カードは対象外。なお、登録された本会員に紐づく子カードの利用分は本会員の利用分に合算し、マイナポイント付与対象の予定

買い物対象期間:
2020年9月1日~2021年3月31日

ポイント(Vポイント・通常ポイント)付与日:
①対象期間内(マイナポイントの申し込み後から2021年3月31日まで)のカード利用金額が累計2万円以上の場合
⇒累計利用金額が2万円(税込)以上到達した月の翌月末ごろ、Vポイントを5000ポイント付与
②対象期間内(マイナポイントの申し込み後から2021年3月31日まで)のカード利用金額が累計2万円未満の場合
⇒2021年5月末頃、Vポイントを利用金額の25%分付与

これだけでも参加しないと絶対に損な制度ですが、選択するキャッシュレス決済によっては、さらに独自にプラスアルファのキャンペーンを実施している場合があります。

②「三井住友カード」独自分は抽選

★抽選で100名にVポイント10000ポイント= 10000円相当

マイナポイント申し込み時に、キャッシュレス決済サービスへ三井住友カードを登録した人の中から抽選でVポイントが当たります。

※SMBCデビットは本キャンペーン対象外

キャンペーン期間:
2020年9月1日(火)~9月30日(水)

ポイント付与日:
2020年10月末頃(予定)
※「通常ポイント」として付与。

※キャンペーン期間が短い点に注意してください。

①マイナポイント:「三井住友カード」で買い物で25%還元=上限5000円相当(Vポイント)(←買い物です)
②「三井住友カード」独自分:抽選で100名に10000円相当(Vポイント・通常ポイント)(←①を行えば抽選対象 ※キャンペーン期間は9月)
=====
合計で上限5000円相当+αのチャンスがあることになります。

「三井住友カード」を選択して申し込む時の流れ

おおまかな流れは以下になります。

(画像:マイナポイント事務局ホ一ムページより引用)

「マイナポイント制度」
①マイナンバーカードを取得
②マイナポイントを予約
③マイナポイントを申し込み(好きなキャッシュレス決済サービスを1つ登録)
④選択した決済サービスを使って買い物、またはチャージ
⑤買い物またはチャージ利用後の2ヶ月以内に25%、上限5000ポイント(=5000円相当)が還元

ざっとこんな感じになります。

★マイナポイントへ三井住友カードを登録するには、まずは、Webサービス「Vpass」への登録が必要です。

次に申し込み時には、
・マイナンバーカード
・対象の三井住友カード
を準備します。
※パスワードを忘れずに

申し込み方法は、
①マイナポイントアプリから行う
全国各地に設置してある支援端末から行う
等があります。

「三井住友カード」でのマイナポイントの申し込みは2020年9月1日からを予定しています。

「マイナポイント事業」で「三井住友カード」を選択した場合の注意点

マイナポイントを「三井住友カード」で申し込みする場合、いくつか注意点があります。

複数の決済事業者で申込むことができるか?

1つのマイナンバーカードにつき、1つの決済事業者でしか申込むことができません。また、申込み後の変更はできません。

「三井住友カード」でマイナポイント申し込み時に必要な「決済サービスID」「セキュリティコード」は?

申し込み時には、「決済サービスID」「セキュリティコード」の入力が必要になります。

「決済サービスID」=Webサービス「Vpass」へのログインID(半角英数・記号(「-」「_」のみ)8桁~20桁)
「セキュリティコード1」=Webサービス「Vpass」へのログインパスワード(半角英数混合6桁~20桁)
「セキュリティコード2」=生年月日(西暦8桁)

「三井住友カード」でマイナポイントをもらうには、どうすればよいか?

対象期間内に、
①マイナポイントで「三井住友カード」を選択して申込み
②マイナポイント申込みをした「三井住友カード」で買い物
そうすれば金額に応じて付与されます。

付与されるポイントは?

「Vポイント」で付与されます。
※マイナポイントで付与されるVポイントは通常ポイントです。

ANAカードをマイナポイントに登録した場合、ANAマイレージへ移行できるか?

ANAマイレージへ移行できます。
※マイナポイントは通常ポイントとして付与されるため、ANAマイレージ移行を申し込みの際は、カードの種類にかかわらず「通常ポイントの交換」コース(1P→0.6マイル)から申し込みが必要です。

家族カードをマイナポイントに登録できるか?

マイナポイントの決済サービスに家族カードを登録することはできません。カードの契約者(本会員)のみマイナポイントに登録できます。

スマホで手続きをしようとすると、すぐエラーが出る

スマートフォンで申し込む際は、マイナンバーカードと接触させたままで行うように注意しましょう。申し込みの途中でスマホをカードから離してしまうとエラーになります。

・マイナンバーカードの真ん中にスマートフォンを置いて、3秒~5秒待機。
・利用中に、「ICカードに接続できませんでした」のエラーが発生した場合は、カードの表裏をもう一度確認

まとめ

「マイナポイント事業」におすすめの「三井住友カード」。

①マイナポイント:「三井住友カード」で買い物で25%還元=上限5000円相当(Vポイント)(←買い物です)
②「三井住友カード」独自分:抽選で100名に10000円相当(Vポイント・通常ポイント)(←①を行えば抽選対象 ※キャンペーン期間は9月)
=====
合計で上限5000円相当+αのチャンスがあることになります。

キャンペーンの抽選に当たれば大きいのですが、100名だとちょっと難しいかもしれません。

が、「Vポイント」をTポイントに上手に交換すればウエル活で活用して1.5倍の価値になるので、捨てがたい選択肢です。

「Vポイント」の交換先は、下記の記事で紹介しています。

その他のマイナポイントのキャンペーン状況については下記の記事で紹介しています。

スポンサーリンク

 


 


シェアする

フォローする