自転車ショップ『サイクルベースあさひ』でクレジットカードは支払いに使える?使えない?

人気の自転車ショップ『サイクルベースあさひ』でクレジットカードは支払いに使えるのか、お得な決済方法があるのか知りたい!

全国に478店舗(2020年4月時点)を展開する国内最大級の自転車専門店『サイクルベースあさひ』。ブランド品から自社製品、子供用から本格派向けまで幅広い品揃えと、アウトレット品も扱う柔軟さで人気です。

人気の自転車ショップ『サイクルベースあさひ』のキャッシュレス対応状況は?クレジットカードは使えるのでしょうか。

本記事では『サイクルベースあさひ』でクレジットカードが利用できるか、お得な利用方法があるか等についてまとめました。

スポンサーリンク

 


『サイクルベースあさひ』でクレジットカードは・・・

結論から言うと、『サイクルベースあさひ』ではクレジットカードが使えます。

使えるカードの種類は店舗によって異なりますが、概ね次のようなものになります。

VISA、JCB、Amex、MasterCard

『サイクルベースあさひ』では2019年7月より全店舗でPayPayが導入されました。
⇒「PayPay」全店舗導入のお知らせ

2020年7月28日より楽天ペイ、メルペイ、au PAY、LINE Pay、d払いにも対応しました。
⇒バーコード決済 取り扱い種類拡大のお知らせ(公式)

2020年10月20日よりクレジットのタッチ決済、交通系電子マネー(Suica、PASMO、Kitaca、TOICA、manaca、ICOCA、SUGOCA、nimoca、はやかけん)、QUICPay、iD、nanaco、WAON、楽天Edyが使えるようになりました。
⇒電子マネー決済、クレジットのタッチ決済  取り扱い開始のお知らせ(公式)

『サイクルベースあさひ』の支払い方法・キャッシュレス対応状況

『サイクルベースあさひ』の支払い方法・キャッシュレス状況は次のようになっています。

キャッシュレスの種類使える・使えない
クレジットカード○(使える)
PayPay(ペイペイ)○(使える)
楽天ペイ○(使える)
LINE Pay(ラインペイ)○(使える)
メルペイ○(使える)
d払い○(使える)
au PAY(auペイ)○(使える)
FamiPay(ファミペイ)×(使えない)
交通系電子マネー(SuicaPASMO・ICOCA等)○(使える)
電子マネー・楽天Edy○(使える)
電子マネー・nanaco(ナナコ)○(使える)
電子マネー・WAON(ワオン)○(使える))
QUICPay(QUICPay+)※Apple Pay・Google Pay含む○(使える)
iD※Apple Pay・Google Pay含む○(使える)

※○(使える)でも一部利用できない店舗があります。
※よく利用されると思われる支払い方法だけピックアップしています。

こちらもおすすめ

★キャッシュレス決済はどんなキャンペーン実施中?
⇒キャッシュレス決済・主なおすすめキャンペーン一覧【2020年11月】

『サイクルベースあさひ』をお得に利用するための方法

『サイクルベースあさひ』をお得に利用する方法をいくつか紹介します。知らないと損をするかもしれません。

公式アプリでクーポンをゲット

『サイクルベースあさひ』には公式アプリがあります。アプリを通じてお得情報やクーポンが配信されているので、サイクルベースあさひを利用する人には必携です。

公式LINEアカウントをフォロー

LINE@のアカウントをフォローしておくと、お得情報が配信されます。自転車ライフに役立つ動画も。

⇒LINE@公式アカウント(店舗別)

公式サイトをチェック

公式サイトをチェックして、セールやキャンペーン情報を見逃さないようにしましょう。レビューでもらえるプレゼント企画などもあります。

⇒『サイクルベースあさひ』公式サイト

株主優待券を利用する

『サイクルベースあさひ』では株主優待券が使えます。

フリマアプリなどでも入手できることがあり、安く購入できればお得です。

⇒「ラクマ」で検索

⇒「PayPayフリマ」で検索

⇒「ヤフオク」で検索

『サイクルベースあさひ』での利用におすすめのクレジットカードは?

クレジットカードが使える一部の『サイクルベースあさひ』店舗なら、還元率がそこそこでもメリット性の高いクレカがおすすめです。それは次の3つです。

ビックカメラSuicaカード

通常還元率は1%と安定派の「ビックカメラSuicaカード」。

高還元の決済方法として、ビックカメラSuicaカードでチャージしたモバイルSuicaで支払う、というものがあります。

普段遣いでSuicaチャージが不可欠な人にとっては「ビックカメラSuicaカード」は何にも代え難い最強カード。

ビックカメラでのポイント高還元は言うまでもなく、Suicaへのチャージで1,000円につき15ポイントのJREポイントが付与されるという点だけで、このカードを持つ意味があります。

楽天カード

言うまでもなく、楽天ユーザーにとって無くてはならない鉄板カードが「楽天カード」です。

通常還元率は1.0%ですが、楽天市場での利用なら3.0%越えは当たり前。楽天Edyへのチャージでもポイントが貯まるので、リアル店舗での支払いもポイント2重取りでお得です。

安定&多用途という点でおすすめのクレジットカードです。

JCB CARD W

39歳以下の人だけがWEB入会限定で取得できるクレカが「JCB CARD W」です。もちろん、一度取得すれば一生使えます。

通常還元率は1%ですが、貯まるOki Dokiポイントの交換先が豊富で、様々なポイントに交換できるのが強みです。

そして何より、ディズニーファンにとってはお得でおすすめのカード。

貯めたポイントがチケット等に交換できます。

1600ポイント→東京ディズニーリゾート・パークチケット(1枚)
3200ポイント→東京ディズニーリゾート・パークチケット(2枚)
4800ポイント→東京ディズニーリゾート・パークチケット(3枚)
3600ポイント→東京ディズニーランドホテル・ペア食事券
19000ポイント→ホテルミラコスタ ヴェネツィアサイド スーペリアルーム 宿泊利用券

39歳以下の方におすすめのJCBカードは「JCB カード W」。

「JCB カード W」
おすすめポイントポイントいつも2倍(1%ポイント還元率)
年会費無料
39歳までに申し込みすると、その後も年会費無料で継続利用可能
申し込み資格18歳以上39歳以下で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。または高校生を除く18歳以上39歳以下で学生の方。
年会費無料
家族カード年会費無料
ETCカード年会費無料
海外旅行傷害保険最高2000万円(利用付帯)
国内旅行傷害保険
Apple Pay・Google Payどちらも登録してQUICPayクイックペイとして利用可能
詳細   公式サイト

まとめ

『サイクルベースあさひ』ではクレジットカードが利用できます。

使えるカードの種類は店舗によって異なりますが、概ね次のようなものになります。

VISA、JCB、Amex、MasterCard

2020年10月20日よりタッチ決済も導入されました。

QRコード決済を積極的に導入しており、自転車業界では最もキャッシュレス化が進んでいるショップと言えます。

こちらもおすすめ

★キャッシュレス決済はどんなキャンペーン実施中?
⇒キャッシュレス決済・主なおすすめキャンペーン一覧【2020年11月】

スポンサーリンク

 


 


シェアする

フォローする