「Visa LINE Payクレジットカード」×スマホ決済(PayPay/楽天ペイ/d払い/auペイ/LINE Pay/メルペイ)・還元率でお得なのは!?【2022年最新版】

「Visa LINE Payクレジットカード」×スマホ決済、還元率で一番お得なのは、まさかのアレだった!?

Visa加盟店でのカードショッピングが1%還元率で、年会費永年無料の「Visa LINE Payクレジットカード」。

主なスマホ決済で何が使えるのか、還元率はどのくらいになるのか、「Visa LINE Payクレジットカード」×主なスマホ決済(LINE Pay(ラインペイ)・PayPay(ペイペイ)・楽天ペイ・d払い・au PAY(auペイ)・メルペイ)について比較・確認してみました。

【2022年最新版】

スポンサーリンク

「Visa LINE Payクレジットカード」はLINE Payアカウントに登録必須

1%還元率の「Visa LINE Payクレジットカード」ですが、手に入れたら、LINE Payアカウントへの連携は必ず実施してください。ポイントの還元にはLINE Payアカウントへのクレジットカード登録が必須です。

「Visa LINE Payクレジットカード」×「LINE Pay(ラインペイ)」の還元率

「Visa LINE Payクレジットカード」はクレジットカードとして利用した場合、1%還元率です。

「Visa LINE Payクレジットカード」を「LINE Pay(ラインペイ)」に登録すると、「チャージ&ペイ」での支払いが可能です。(事前に銀行口座や現金で残高をチャージしなくても、コード支払いが可能・「Visa LINE Payクレジットカード」のクレジットカード料金としてまとめて支払い(後払い))

「Visa LINE Payクレジットカード」の還元率=「LINE Pay(ラインペイ)コード決済」の還元率ではありません。

「LINE Pay(ラインペイ)」決済時の還元率は以下になります。

つまり、「LINE Pay(ラインペイ)」の還元率は1%にならないので、「Visa LINE Payクレジットカード」のクレジットカード払いの方が有利ということになります。

支払い方法カード還元率マイランク還元率
LINE Pay残高還元対象外
チャージ&ペイ還元対象外0.5%
クレジットカード払い1%

「Visa LINE Payクレジットカード」はクレジットカードとして利用した場合、1%還元率です。

「Visa LINE Payクレジットカード」×「PayPay(ペイペイ)」の還元率

「PayPay(ペイペイ)」の基本還元率は現在以下になっています。

<PayPayステップ(ペイペイステップ)>


(画像:公式サイトより引用)

★PayPayあと払い、PayPay残高払い、PayPayカード、Yahoo! JAPANカードでの支払い、またはPayPayあと払い(一括のみ)場合、基本となる付与率が0.5%
いろんなお店で・・・最大1.5%還元率
*他の特典との組み合わせで
PayPayモール・ヤフーショッピングで10%以上の還元率も!


(画像:公式サイトより引用)

※PayPayあと払い・PayPayカードで+1%のキャンペーンは2022年6月30日で終了


(画像:公式サイトより引用)

ポイントアップのハードルはかなり高いので、通常は0.5%還元率というところでしょう。

一方、「Visa LINE Payクレジットカード」を「PayPay(ペイペイ)」に登録すると、PayPay側ではポイント付与なしですが、クレジットカード側で1%還元率です。

※ただし、PayPay(ペイペイ)のキャンペーンは、PayPayカード・ヤフーカード以外のクレジットカードは対象外になることがほとんどです。

「Visa LINE Payクレジットカード」×「楽天ペイ」の還元率

「楽天ペイ」は2020年7月~キャンペーンを実施しています。

が、「Visa LINE Payクレジットカード」を「楽天ペイ」に紐付けしても還元はありません。

一方、「Visa LINE Payクレジットカード」を「楽天ペイ」に登録すると、楽天ペイ側ではポイント付与なしですが、クレジットカード側で1%還元率です。

「Visa LINE Payクレジットカード」×「d払い」の還元率

d払いで支払った時にもらえるdポイントは以下のようになっています。

リアル店舗・ネットでの支払い:200円(税込)につき1ポイント(0.5%還元率)

※ポイント付与がある支払い方法は、電話料金合算・dカード・d払い残高(クレジットカードの場合、dカード以外のクレジットカードからの支払いはポイント付与対象外)

「Visa LINE Payクレジットカード」を「d払い」に登録すると、d払い側でポイント付与なしクレジットカード側で1%還元率で、合計1%還元率が可能になります。

「Visa LINE Payクレジットカード」×「au PAY(auペイ)」の還元率

au PAY(auペイ)で支払った時にもらえるポイントは以下のようになっています。

通常
◆200円(税込)につき1ポイント(0.5%還元率)
ポイントアップ店」の場合200円ごとに1ポイント~増量
◆200円(税込)につき1ポイント+1ポイント~(0.5+0.5~=1%~還元率)

ただし残念ながら、「Visa LINE Payクレジットカード」からau PAY残高(auペイ)残高にチャージすることはできません。

つまり、「au PAY(auペイ)」で「Visa LINE Payクレジットカード」は使えません。

「Visa LINE Payクレジットカード」×「メルペイ」の還元率

残念ながら、メルペイは、クレジットカードからチャージしたり、クレジットカードを紐づけするようなの仕様にはなっていません。

なので、「メルペイ」で「Visa LINE Payクレジットカード」は使えません。

「Visa LINE Payクレジットカード」×スマホ決済の還元率・比較結果をまとめると

「Visa LINE Payクレジットカード」と主なスマホ決済(LINE Pay(ラインペイ)・PayPay(ペイペイ)・楽天ペイ・d払い・au PAY(auペイ)・メルペイ)の還元率をまとめると、以下のようになります。

 基本還元Visa LINE Pay還元合計
LINE Pay・チャージ&ペイ0.5%還元対象外0.5%
PayPay(ペイペイ)対象外1%1%
楽天ペイ対象外1%1%
d払い対象外1%1%
au PAY(auペイ)0.5%不可0.5%
メルペイなし不可なし

「Visa LINE Payクレジットカード」はクレジットカードとして利用した場合、1%還元率です。

クレジットカードで直接支払いする場合も含めて、「Visa LINE Payクレジットカード」が利用できるスマホ決済・au PAY(auペイ)・メルペイを比較すると・・・

クレジットカード、PayPay等1%還元がいろいろあるという結果になりました。

注意点・ポイント付与対象外の取引もある

「Visa LINE Payクレジットカード」は1%還元率ですが、そもそもポイント付与対象外の取引もあります。

※ポイント還元の対象外※
・電子マネー/プリペイドカード/Walletサービス等へのチャージ (WAON,Edy,Suica,モバイルSuica,PASMO,モバイルPASMO,Kyash,三井住友カードが発行するプリペイドカード等)
※Suica、モバイルSuica、 PASMO、モバイルPASMO、ICOCAの一部定期券購入などを含みます
※スマートフォン決済などのお支払い方法に設定したご利用分に対してはLINEポイントの還元対象になる場合があります。
・送金
・ギフトカードの購入(Visaギフトカード等)
・バリューカードの購入(iTunes,NETFLIX,Google,PlayStation,Amazon等)
・金融商品の購入(投資信託,証券,仮想通貨等)
・公営の機関や施設への支払い(博物館等での入館料,一部の病院や診療所での支払い等)
・慈善事業団体への支払い
・郵便局での支払い
・税金・公金・保険において、1回あたりの支払いにつき5万円を超える分(1ヶ月あたりの上限なし)
・国民年金保険料
・寄付、募金(ふるさと納税を含む)
・年会費(クレジットカード年会費、ETC年会費等)
・手数料(リボ払い・分割払い手数料等)
・キャッシング
・キャリア決済(ドコモ払い・auかんたん決済・ソフトバンクまとめて支払いなど)
・その他、当カードの利用において三井住友カード、Visa、LINE Pay社が定める還元を認めない商品/サービス ポイント還元が享受できない場合は付与をもって回答とさせていただきます。
公式サイトより引用

今のところ、PayPay(ペイペイ)・楽天ペイ・d払いの支払いはポイント付与対象外になっていませんが、変更になる場合もありますので、その点は注意しておきましょう。

まとめ

結論としては、「Visa LINE Payクレジットカード」×スマホ決済の場合、PayPay等1%還元がいろいろあるという結果になりました。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする