「マイナポイント事業」を利用してANAマイルを獲得するならおすすめは何?マイラーなら要チェック!

「マイナポイント事業」って、結局キャッシュレス決済はどれを選択するのがお得なの?もしかしてANAマイル獲得のチャンス!?

「マイナポイント事業」は、キャッシュレス決済方法独自にプラスアルファのキャンペーンがあったりするので、どれを選択するか迷いますよね。

単純にもらえる金額相当で考える方法もありますが、マイナポイントはポイントで貰える場合もあるので、それを他のポイントに交換して・・・等々考えると、悩みはさらに深まります。

今回の記事では、ANAマイレージ派・ANAマイルを貯めている場合という視点で、「マイナポイント事業」で何を選択すればよいか検討してみました。

ANAマイルなら交換する特典航空券によっては1マイル=2円以上になることもあるので、見た目以上の価値になるかもしれませんよ!

(2020年9月更新)

内容は変わっている可能性もありますのでご注意ください。申し込み時には再度ご自身でのご確認をお願いします。

決済方法独自にプラスアルファのキャンペーンがあるかどうか、主なものについては下記の記事で紹介しています。

スポンサーリンク

 


マイナポイントでANAマイルの貯め方

ANAマイルを貯めている人にとって、「マイナポイント事業」はチャンスです。

例えば、家族4人なら1人2500マイル×4名=10000マイルも可能!かんたんに”いっしょにマイル割”も視野に入ってきます。

ANAマイルに交換できそうな、主な決済方法を確認すると候補は以下あたり。

nanaco(ナナコ)=マイナポイント:nanacoポイント
楽天ペイ・楽天カード=マイナポイント:楽天ポイント
三井住友カード・SMBCデビット=マイナポイント:Vポイント
エポスカード=マイナポイント:エポスポイント
オリコカード=マイナポイント:オリコポイント
東急カード=マイナポイント:東急ポイント

この中でも2500ANAマイル超にできるものを確認します。

◆nanaco(ナナコ)=マイナポイント:nanacoポイント

①マイナポイント:電子マネー「nanaco(ナナコ)」にチャージで25%還元=上限5000円相当(nanacoポイント)(←チャージです)
②「nanaco(ナナコ)」独自分:セブン銀行ATMで期間累計5000円チャージを一口として抽選で775~50000 nanacoポイント=775~50000 円相当(キャンペーンは9月~10月)
=====
合計で上限5000nanacoポイント+αもらえることになります。

上乗せキャンペーンが実施されるので、合計で最大5500nanacoポイント獲得可能。

ということで、5000 nanacoポイント→2500 ANAマイル 獲得可能な計算です。

◆エポスカード=マイナポイント:エポスポイント

①マイナポイント:「エポスカード」で買い物で25%還元=上限5000円相当(エポスポイント)(←買い物です)
②「エポスカード」独自分:なし
=====
上限5000円エポスポイントもらえることになります。

「エポスカード」の場合は5000エポスポイント→2500ANAマイルですが、「エポスゴールドカード」なら5000 エポスポイント→3000 ANAマイル 獲得可能な計算です。

◆三井住友カード・SMBCデビット=マイナポイント:Vポイント

①マイナポイント:「三井住友カード」で買い物で25%還元=上限5000円相当(Vポイント)(←買い物です)
②「三井住友カード」独自分:抽選で100名に10000円相当(Vポイント・通常ポイント)(←①を行えば抽選対象 ※キャンペーン期間は9月)
=====
合計で上限5000Vポイント+αのチャンスがあることになります。

ANA VISAカード等、ANAマイルが貯まるカードをもっていても、「マイナポイント事業」でもらえるVポイントは通常ポイントです。

ANAマイレージ移行を申し込みの際は、カードの種類にかかわらず「通常ポイントの交換」コース(1P→0.6マイル)から申し込みが必要です。

ということで、5000 Vポイント→3000 ANAマイル 獲得可能な計算です。

◆オリコカード=マイナポイント:オリコポイント

①マイナポイント:「オリコカード(Orico)」で買い物で25%還元=上限5000円相当(オリコポイント)(←買い物です)
②「オリコカード(Orico)」独自分:抽選で7000オリコポイントのチャンス
=====
上限5000オリコポイント+αもらえることになります。

オリコポイント(1000ポイント)→ANAマイル(600ANAマイル)の交換レートなので、5000 オリコポイント+α→3000 ANAマイル+α 獲得可能な計算です。

◆東急カード=マイナポイント:東急ポイント

①マイナポイント:「東急カード」で購入で25%還元=上限5000円相当(東急ポイント)(←買い物です)
②「東急カード」独自分:なし
=====
上限5000円東急ポイントもらえることになります。

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード(通称:ANA東急カード)」を持っているなら1000東急ポイント→750ANAマイルに交換可能です。

つまり、5000 東急ポイント→3750 ANAマイル 獲得可能な計算です。

マイナポイント事業でANAマイルを獲得できるおすすめは!?

①「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード(通称:ANA東急カード)」を持っているなら、5000 東急ポイント→3750 ANAマイル 獲得可能な計算

②「エポスゴールドカード」・三井住友カード・オリコカードなら、5000 ポイント→3000 ANAマイル 獲得可能な計算

③電子マネー・nanaco(ナナコ)なら、5000 nanacoポイント→2500 ANAマイル 獲得可能な計算

対象のクレジットカードを持っているならどれにするか、家族分などでかんたんに済ませたいなら電子マネー・nanaco(ナナコ)あたりを検討でしょうか。

もしANAマイルに興味をもったなら、これを機会に作る方法もあります。

まとめ

ANAマイルを貯めているなら、「マイナポイント事業」はマイル獲得のチャンスですよ!

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード(通称:ANA東急カード)」、「エポスゴールドカード」、三井住友カード、オリコカード、電子マネー・nanaco(ナナコ)あたりを中心に検討ですね。

申し込み時の決済コードID、セキュリティコードについては、マイナポイント事業で万が一情報漏洩があると・・・と考えると不安な面もありますが・・・
スポンサーリンク

 


 


シェアする

フォローする