超便利!マックのモバイルオーダーはLINE Payもクーポンも使える!PayPayにも対応・・・

マクドナルドのモバイルオーダーというのは、その便利さに慣れてしまうと元に戻れなくなりますね。お昼時の混雑しているマックでLINE PayとLINEクーポン(10%オフ)を使ってモバイルオーダーして超快適だったので、流れを簡単に紹介します。

スポンサーリンク

 


モバイルオーダーでハッピーセットを2つ注文

ミニオンズが欲しかったのでハッピーセットを2つ注文しました。具体的な流れは次のとおりです。

マックの公式アプリから注文

2020年1月に初登場した際は専用アプリがあったのですが、現在はマックの公式アプリの右下のアイコンからモバイルオーダーが可能になっています。

なお、アプリを始めて使う時は登録に多少の手間がかかるので、事前に設定を済ませておく必要があります。

マクドナルド

マクドナルド
開発元:日本マクドナルド株式会社
無料
posted withアプリーチ

アプリから店舗を選び、注文メニューを決めます。今回はハッピーセット2つ。下のような画面になります。

メニューが決まったら[レジに進む]をタップします。

テイクアウトでLINE Pay払い

次の画面では受け取り方法と支払い方法を選択します。

「テイクアウト」と「駐車場受け取り(パーク&ゴー)」で一瞬悩みましたが、混んでいる時のパーク&ゴーは店員さんに申し訳ないので、テイクアウト。

支払い方法は「LINE Pay」を選びます。

LINEクーポンを利用する

支払いの際に、LINEのスペシャル特典クーポンを使います。モバイルオーダー専用の10%オフクーポンです。

クーポンはLINEアプリ側で事前にダウンロードしておく必要があります。

上図で「クーポンを受け取る」操作をしておけば、マクドナルドアプリでの支払いの際にクーポンが表示されます。

ちなみにこのクーポンは最大2000円までOFFになるので、1000円の支払いで使うのはもったいないです。

結果的に900円をLINE Pay残高から支払って、決済完了です。

商品を受け取る

しばらくしたらレジへ商品を受け取りにいきます。レジ上部のモニターには出来上がった商品のオーダーナンバーが表示されるしくみになっています。スマホ側のオーダーナンバー表示は下図のようになっています。

レジでは本当に「商品を受け取るだけ」です。簡単・スムーズで快適ですね。

PayPayにも対応!

2020年10月上旬からはモバイルオーダーがPayPayでも支払えるようになります。PayPayユーザーにとってはかなりうれしいことですね。

混雑している時こそモバイルオーダー

今回行った店舗は、昼時にはドライブスルーが大渋滞になる店舗。店内もそれなりに混雑します。でもモバイルオーダーを使うことで店側も客側も負担が軽減。

わたしたちは駐車場に車を駐めて、車内からアプリで注文・決済しますから、店は注文を聞き取る手間も、支払いに対応する必要もありません。

モバイルオーダーの利便性は高く評価されています。

モバイルオーダーの注意点

モバイルオーダーを使うにあたって、注意したい点を挙げると、さっとこんな感じです。

  1. ドライブスルーには対応していない。
  2. 個人的なこだわり注文はできない。(ピクルス抜き、とか)
  3. 購入金額上限は12,000円まで。
  4. 1商品の注文数量上限は20個まで。
  5. トータルの注文数上限は100個まで。
  6. 決済確定後のキャンセルは不可。
  7. 楽天ポイントサービス、dポイントサービスは使えない。
  8. マックカフェ(McCafé by Barista)では使えない。

特に楽天ポイントやdポイントの付与対象外というのは残念なところ。これはなんとかしてほしいものです。

おわりに

三密回避などさまざまな理由から、人同士の接触の少ないキャッシュレスでシームレスなやりとりが求められている今だからこそ、できるだけ多くの人がモバイルオーダーを活用できればいいですね。

とにもかくにもモバイルオーダーは一度使ったらその快適さがよくわかります。レジに並んで注文するのなんてもう考えられないくらいほどに。

今回もモバイルオーダーのおかげで無事にハッピーセットが手に入りました。子供のためのハッピーセットを大人が買うにあたって、モバイルオーダーなら「おもちゃはどれになさいますか?」「ミニオンズで」というようなやりとりをしなくて済むのでとても気に入っています。

今回も無事にミニオンズを我が家にお迎えできました。しかも1つはゴールド版で!

スポンサーリンク

 


 


シェアする

フォローする