LINE Pay(ラインペイ)はVisa LINE Payクレジットカードからチャージできる?【2021年最新版】

「Visa LINE Payクレジットカード」は「LINE Pay(ラインペイ)」にチャージできるクレジットカードなのかどうか?

今回の記事では、「LINE Pay(ラインペイ)」に「Visa LINE Payクレジットカード」からチャージできるのか、登録できるのか、ポイント付与等についてまとめました。

【2021年最新版】

スポンサーリンク

「Visa LINE Payクレジットカード」なら「LINE Pay(ラインペイ)」の「チャージ&ペイ」が可能

「Visa LINE Payクレジットカード」を「LINE Pay」に登録することで、事前に銀行口座や現金で残高をチャージしなくても、コード支払いが可能になる「チャージ&ペイ」が可能です。

「Visa LINE Payクレジットカード」があれば、【LINE Pay(ラインペイ)】決済にクレジットカードが紐付けできるということです。

支払い金額は、「Visa LINE Payクレジットカード」のクレジットカード料金としてまとめて支払い(後払い)になります。

「チャージ&ペイ」は以下の支払い方法で利用可能です
*コード支払い 
*請求書支払い
*オンライン支払い

※下記LINEの各種サービスの支払いには利用不可
・LINE証券
・LINE Pocket Money
・BITMAX 
・スマート投資(ワンコイン投資・デビット支払い)
・LINE Pay カード(プリペイドカード)
・Google Pay

※「チャージ&ペイ」も利用可能になりましたが、LINE Pay残高での「コード支払い」や「LINE Payカード」等も引き続き利用可能です。

「LINE Pay(ラインペイ)」の「チャージ&ペイ」に利用できるクレジットカードは・・・

「LINE Pay(ラインペイ)」のチャージ方法は以下になります。

①銀行口座からのチャージ
②セブン銀行ATMでチャージ
③Famiポートでチャージ
④LINE Pay カード レジチャージ
⑤QR/バーコードを表示してレジでチャージ
⑥東急線各駅の券売機でチャージ
⑦「VISA LINE Payクレジットカード」「三井住友カード(VISAブランド)」による「チャージ&ペイ」

原則、クレジットカードからLINE Pay残高へのチャージはできません。

ただし、2020年5月1日~、「チャージ&ペイ」を開始しました。

「チャージ&ペイ」は、「Visa LINE Payクレジットカード」等対象のクレジットカードを「LINE Pay」に登録することで、これまでのように事前に銀行口座や現金で残高をチャージしなくても、コード支払いが可能になる機能です。

この機能の登場により、「LINE Pay」での決済時にもクレジットカードが利用できるようになりました。

「LINE Pay(ラインペイ)」を利用したときの還元率

※2021年5月1日~変更

「LINE Pay(ラインペイ)」決済時の還元率は、チャージ&ペイを利用した時の還元率になり、一律0.5%となります。(LINEポイント還元はVisa LINE Payクレジットカードの場合のみ)

「チャージ&ペイ」は、「Visa LINE Payクレジットカード」「三井住友カード(VISAブランド)※2021/5/10~」がないと利用できません。

「LINE Pay(ラインペイ)」決済の還元率は、「Visa LINE Payクレジットカード」「三井住友カード(VISAブランド)」を持っていない限り0%です。

※持っていれば0.5%~可能・もらえるポイントは紐付けのクレカによって異なる

「Visa LINE Payクレジットカード」におすすめのQRコード決済・スマホ決済は?

「Visa LINE Payクレジットカード」のQRコード決済・スマホ決済の主なものをまとめると以下のようになります。

 「Visa LINE Payクレジットカード」を登録「Visa LINE Payクレジットカード」からチャージ
PayPay(ペイペイ)×
楽天ペイ×
d払い×(クレカ不可)
auPAY(auペイ)×
LINE Pay(ラインペイ)○(チャージ&ペイ)
メルペイ×(クレカ不可)

「Visa LINE Payクレジットカード」におすすめのQRコード決済・スマホ決済は何と言ってもLINE Pay(ラインペイ)になります。

まとめ

「Visa LINE Payクレジットカード」は「LINE Pay(ラインペイ)」で「チャージ&ペイ」を利用できるクレジットカードです。

「Visa LINE Payクレジットカード」についてはスマホ決済・電子マネー対応状況等も含めて下記の記事で紹介しています。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする