Google Pay(グーグルペイ)・nanaco(ナナコ)の使い勝手は?チャージできるの?

Google Pay(グーグルペイ)には電子マネー(Suica、nanaco、楽天Edy、WAON、QUICPay、iD)のためのプラットホームとしての役割があります。

今回の記事では、Google Pay(グーグルペイ)でのnanaco(ナナコ)の使い勝手について確認します。

スポンサーリンク

 


Google Pay(グーグルペイ)でのnanaco(ナナコ)はクレジットチャージができない

nanacoですが、残念ながらGoogle Payに登録したnanacoはクレジットカードによるチャージができません。ここが既存のnanacoモバイルアプリと異なる点です。

Google Pay・nanacoでできること
・入会
・残高確認
・取引履歴の確認

ただし、セブンイレブンなどのお店のレジ、セブン銀行ATMで現金をチャージすることはできます。

クレジットカードからチャージをしたい場合はnanacoモバイルアプリになります。

Google Pay(グーグルペイ)・nanacoとnanacoモバイルアプリの比較

Google Pay(グーグルペイ)・nanaco(ナナコ)とnanacoモバイルアプリでできること・できないことは以下のようになります。

 Google Pay・nanaconanacoモバイルアプリ
入会
クレジットチャージ× ※1
残高確認
お取引履歴の確認
センターお預り分のお受け取り× ※2
ポイントを電子マネーに交換× ※3
機種変更×
パスワード変更×
メールアドレス変更×
メルマガ(登録・変更・解除)×

※1:チャージ金額の受け取りには店頭での「残高確認」が必要
※2:店頭での「残高確認」が必要
※3:店頭レジで店員に「ポイントを電子マネーに交換します」と声掛け必要

Google Pay・nanacoとnanacoモバイルアプリは両方利用可能

Google Pay(グーグルペイ)・nanaco(ナナコ)とnanacoモバイルアプリは、両方を利用することが可能です。

というか、nanaco番号は同じです。つまり同じnanacoということ。

なので、基本的には

メイン利用: nanacoモバイルアプリ
サブ利用: Google Pay(グーグルペイ)・nanaco(ナナコ)

という利用の仕方になります。

Google Pay(グーグルペイ)・nanaco(ナナコ)は残高確認程度での利用になります。

nanacoモバイルアプリが必須

結局、nanaco(ナナコ)をお得に使いたいならnanacoモバイルアプリは必須です。nanacoの場合、クレジットカードからチャージしてポイント2重取りがお得な利用方法になります。これができない場合、nanacoを使ってもあまりお得ではありません。

nanacoにチャージしてポイント付与されるおすすめのクレジットカードについては、以下の記事で詳しく紹介しています。

リクルートカード

nanacoチャージにおすすめのクレジットカードはいくつかありますが、そのうちの1つは「リクルートカード」になります。

nanacoやedyへのクレジットカードでお得を享受したい人ならリクルートカードは必須です。

年会費無料
追加カードETCカード、家族カード
還元率1.2%~
ポイントリクルートポイント
付帯保険海外旅行保険・国内旅行傷害保険(利用付帯)
電子マネー機能搭載なし
Apple Pay登録可(QUICPayとして利用可能)

電子マネーへのチャージに対してポイントは付与されますが、電子マネー利用金額合計が月間3万円までという制限があります。

しかし還元率は1.2%で、しかも年会費無料のクレジットカードなので、nanacoチャージ用クレジットカードとしてはピカイチです。

まとめ

Google Pay(グーグルペイ)でのnanaco(ナナコ)はクレジットチャージができないので、使い勝手はよくありません。

基本的にnanacoモバイルアプリが必須です。

しかし、Google Pay(グーグルペイ)にnanacoを入れておくと、他の電子マネーの残高と一緒に確認できるので、どれで払えるのか残高が気になる場合などは非常に便利です。

あれこれアプリを立ち上げなくても、一発で複数の電子マネーの残高が確認できるという点では、Google Pay(グーグルペイ)でのnanaco(ナナコ)はおすすめになります。

スポンサーリンク

 


 


シェアする

フォローする