激安ドラッグチェーン『コスモス』でau Pay(エーユーペイ)は支払いに使える?使えない?

『ディスカウントドラッグ コスモス』でau Pay(エーユーペイ)は支払いに使えるのか、お得な決済方法があるのか知りたい!

福岡に拠点を置くコスモス薬品が展開している『ディスカウントドラッグ コスモス』。西日本をメインに1050店舗(2020年4月時点)を展開しており、激安ドラッグチェーンとして圧倒的人気を誇っています。

日本最安でコスパ抜群の『ディスカウントドラッグ コスモス』では、支払いにau Pay(エーユーペイ)は使えるのでしょうか。

本記事では『ディスカウントドラッグ コスモス』でau Pay(エーユーペイ)が利用できるか、お得な利用方法があるか等についてまとめました。

スポンサーリンク

 


『ディスカウントドラッグ コスモス』でau Pay(エーユーペイ)は・・・

結論から言うと、『ディスカウントドラッグ コスモス』ではau Pay(エーユーペイ)は使えません

『ディスカウントドラッグ コスモス』は原則として現金払いです。

クレジットカードや電子マネー、QR決済は東京・福岡などの一部の店舗で例外的に扱っている以外、ほとんど使えません。(2020年4月時点)

クレジットカード決済やポイント制度を導入していたこともありますが、現在では廃止されています。徹底的な低価格化を目指しているので、キャッシュレス化は難しいと思われます。

⇒『ディスカウントドラッグ コスモス』店舗検索

『ディスカウントドラッグ コスモス』の支払い方法・キャッシュレス対応状況

『ディスカウントドラッグ コスモス』の支払い方法・キャッシュレス状況は次のようになっています。

キャッシュレスの種類使える・使えない
クレジットカード△(一部で使える)
PayPay(ペイペイ)△(一部で使える)
楽天ペイ×(使えない)
LINE Pay(ラインペイ)×(使えない)
メルペイ×(使えない)
d払い×(使えない)
au PAY(auペイ)×(使えない)
FamiPay(ファミペイ)×(使えない)
交通系電子マネー(Suica・PASMO・ICOCA等)△(一部で使える)
電子マネー・楽天Edy△(一部で使える)
電子マネー・nanaco(ナナコ)△(一部で使える)
電子マネー・WAON(ワオン)△(一部で使える)
QUICPay(QUICPay+)※Apple Pay・Google Pay含む△(一部で使える)
iD※Apple Pay・Google Pay含む△(一部で使える)

※よく利用されると思われる支払い方法だけピックアップしています。

一部の店舗で利用できるクレジットカードのブランドは次のとおりです。

VISA、MASTER、JCB、AMERICAN EXPRESS、Diners、DISCOVER

一部の店舗で利用できる電子マネーは下記のものになります。

楽天Edy、QUICPay、iD、交通系電子マネー(Kitaca・Suica・PASMO・TOICA・manaca・ICOCA・SUGOCA・nimoca・はやかけん)

また、一部の店舗ではPayPayが利用できます。

[cosmos]

『ディスカウントドラッグ コスモス』の特徴

『ディスカウントドラッグ コスモス』には、他のドラッグストアが追従できない低価格化を実現させたいくつかの特徴があります。

クーポンなし・ポイントなし

『ディスカウントドラッグ コスモス』には、”お得なクーポン”のようなものは存在しません。「毎日安い(Everyday Low Price)」が当たり前なので、クーポンなしでも十分にお得です。

同じ理由からポイント制度もありません。ポイントで還元するのではなく、最初から安くしています。

特売日やタイムセールなし

「特定の日や時間だけ安くするのはお客様に失礼」という考えで、タイムセールや特売日を設けないのが『ディスカウントドラッグ コスモス』。朝行っても夜行っても同じ低価格で、とてもシンプル。これも人気の秘訣です。

無駄なのぼりやビラもなし

シンプルに安く提供しているため、無駄にハデなのぼりを店頭に並べるようなことはせず、チラシもビラもなし。徹底したコスト削減はエコ活動にもつながっています。

徹底した現金主義で低価格化を実現

東京・福岡などの一部店舗を除いて、ほとんどの店舗がクレジットカード・電子マネー・QR決済に対応することなく、現金払いのみで通しています。これも手数料等のコスト増を避けるためであり、全ては驚異的な安さを維持継続するための施策です。

『ディスカウントドラッグ コスモス』での利用におすすめのクレジットカードは?

クレジットカードが使える一部の『ディスカウントドラッグ コスモス』店舗なら、還元率がそこそこでもメリット性の高いクレカがおすすめです。それは次の3つです。

ビックカメラSuicaカード

通常還元率は1%と安定派の「ビックカメラSuicaカード」。

高還元の決済方法として、ビックカメラSuicaカードでチャージしたモバイルSuicaで支払う、というものがあります。

普段遣いでSuicaチャージが不可欠な人にとっては「ビックカメラSuicaカード」は何にも代え難い最強カード。

ビックカメラでのポイント高還元は言うまでもなく、Suicaへのチャージで1,000円につき15ポイントのJREポイントが付与されるという点だけで、このカードを持つ意味があります。

楽天カード

言うまでもなく、楽天ユーザーにとって無くてはならない鉄板カードが「楽天カード」です。

通常還元率は1.0%ですが、楽天市場での利用なら3.0%越えは当たり前。楽天Edyへのチャージでもポイントが貯まるので、リアル店舗での支払いもポイント2重取りでお得です。

安定&多用途という点でおすすめのクレジットカードです。

JCB CARD W

39歳以下の人だけがWEB入会限定で取得できるクレカが「JCB CARD W」です。もちろん、一度取得すれば一生使えます。

通常還元率は1%ですが、貯まるOki Dokiポイントの交換先が豊富で、様々なポイントに交換できるのが強みです。

そして何より、ディズニーファンにとってはお得でおすすめのカード。

貯めたポイントがチケット等に交換できます。

1600ポイント→東京ディズニーリゾート・パークチケット(1枚)
3200ポイント→東京ディズニーリゾート・パークチケット(2枚)
4800ポイント→東京ディズニーリゾート・パークチケット(3枚)
3600ポイント→東京ディズニーランドホテル・ペア食事券
19000ポイント→ホテルミラコスタ ヴェネツィアサイド スーペリアルーム 宿泊利用券

また、「JCBマジカルキャンペーン」(貸切イベント)に応募できます。しかも期間中50万円以上の利用で応募口数が2倍に!

39歳以下の方におすすめのJCBカードは「JCB カード W」。

「JCB カード W」
おすすめポイントポイントいつも2倍(1%ポイント還元率)
年会費無料
39歳までに申し込みすると、その後も年会費無料で継続利用可能
申し込み資格18歳以上39歳以下で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。または高校生を除く18歳以上39歳以下で学生の方。
年会費無料
家族カード年会費無料
ETCカード年会費無料
海外旅行傷害保険最高2000万円(利用付帯)
国内旅行傷害保険
Apple Pay・Google Payどちらも登録してQUICPayクイックペイとして利用可能
詳細   公式サイト

まとめ

『ディスカウントドラッグ コスモス』では全店舗でau Pay(エーユーペイ)は利用できません。

電子マネー・クレジットカード・QR決済は東京・福岡などの一部の店舗でのみ利用できます。(2020年4月時点)

徹底したローコスト・ロープライスを目指しているため、全店でのキャッシュレス導入は今後も行われないと思われます。

[cosmos]

なお、公式サイトに記載されていなくても電子マネーに対応している場合があります。電子マネーの公式サイトでは店舗名で検索できますから、事前に確認してみることをおすすめします。

店舗名で検索できる電子マネー
《nanaco》 ⇒nanacoが使えるお店
《楽天Edy》 ⇒Edyが使えるお店
《WAON》 ⇒WAONが使えるお店検索(公式)
《QUICPay》 ⇒QUICPayが使えるお店
《iD》 ⇒iDが使えるお店

QRコード決済については下記サイトで調べることができます。

「PayMap」公式

スポンサーリンク

 


 


シェアする

フォローする