Apple Payとの組み合わせでますます便利に!コンタクトレス決済(NFC Pay)に対応したクレジットカードが続々登場!

最近はコンタクトレス決済のできるクレジットカードが少しずつ増えています。

コンタクト(接触)レス(無し)なので、NFC読み取り端末にかざすだけでクレジットカードに内蔵されたICチップを介してやり取りが行われ、瞬時に決済が完了します。

「NFC Pay」「EMVコンタクトレス」という呼び名もあるコンタクトレス決済。その安全性や必要性、使い勝手、そして「実際にどうなの?」という話についてまとめました。

スポンサーリンク

 


なぜコンタクトレス?

クレジットカードそのものを機械に読み取らせる従来の方法は、所有者の手からカードが離れるわけで、読み取りの際に不正行為が行われる恐れがあります。

カード情報を盗まれて悪用される「スキミング被害」は日本でも海外でも後を絶ちません。カード情報をスキャンされ、暗証番号を盗み見られてしまえば、それで終わりです。

犯罪者に自由に使われてしまい、カードの所有者は大きな損害をこうむります。

その点でコンタクトレスの場合、所有者の手からカードが離れることがないので安心。しかもNFC決済は外部からアクセスする隙がないので、情報が盗まれる心配もありません。

クレジットカードのコンタクトレス化が急速に進んだ理由は、被害を防止し、安心・安全を得るために他なりません。

コンタクトレス対応のクレジットカードは?

プラスチックのカードでコンタクトレス対応のクレジットカードはあまり多くありません。でも今後はコンタクトレス対応が当たり前になっていくと考えられています。

VISA Paywave(ビザ ペイウェーブ)

VISAカードのコンタクトレス決済は「VISAのタッチ決済」「VISA Paywave」と呼ばれています。

VISA Paywave/VISAのタッチ決済が使えるクレジットカードは次のものになります。

・三井住友カード
・イオンカード
・JALカード
・オリコカード

・ジャックスカード

また、銀行のデビットカードにもVISA Paywave/VISAのタッチ決済を備えたものがあります。

埼玉りそな銀行、住信SBIネット銀行、三井住友銀行、楽天銀行、北國銀行、りそな銀行、近畿大阪銀行

→Visaのタッチ決済とは?(VISA公式)

JCB Contactless

JCBのコンタクトレス決済サービスは「J/Speedy(ジェイスピーディー)」あるいは「JCB Contactless」と呼ばれます。

JCBのコンタクトレス対応のカードは次のとおり。

・ジャックスカード J/Speedy

JCBブランドのクレジットカードをApple Payに登録すると、ほとんどの場合コンタクトレスに使えるようです。

→JCB Contactlessとは?(JCB公式)

MasterCardコンタクトレス

MasterCard(マスターカード)では「MasterCardコンタクトレス」と呼んでいます。

海外では最も頼りになるブランドなので、マスターカードコンタクトレスを一枚持っていると安心です。

コンタクトレス対応のマスターカードには次のようなものがあります。

・ジャックスカード MasterCard コンタクトレス
・オリコ Mastercard PayPassカード
・OricoCard PayPass(オリコカード ペイパス)
・Skywalker Card Mastercard
・Colette Mare オリコ Mastercardカード
・IKSPIARI オリコ Mastercardカード

→MasterCardコンタクトレス(公式)

Apple Payに登録すると、ほとんどの場合コンタクトレスに使えるようです。

AmericanExpress Contactless

アメリカンエキスプレスカードでは「AmericanExpress Contactless」と表記されます。

主なコンタクトレス対応カードは以下の通りです。

・アメリカンエキスプレスカード
・アメリカンエキスプレス  ゴールドカード
・アメリカンエキスプレス スカイトラベラーカード
・アメリカンエキスプレス スカイトラベラー プレミアカード
・スターウッド プリファード ゲスト(SPG) アメリカンエキスプレスカード
・アメリカンエキスプレス ザ ペニンシュラ ゴールドカード 

なお公式サイトによると、コンタクトレス対応マークの付いていないアメリカンエキスプレスカードでも、Apple Payに登録することでコンタクトレス決済をすることができるようになります。

→コンタクトレス決済とは?(Amex公式)

Apple Payでさらに安全に

コンタクトレス対応のクレジットカードをiPhoneのWalletに登録することで、より安全にコンタクトレス決済を行うことができます。

その理由は次の3つ。

・カードそのものを持ち歩く必要がなくなる。
・クレジットカードナンバーが表に出ない。
・Apple Payの堅固なセキュリティに守られる。

カードによっては、コンタクトレス決済に対応していないものであっても、Apple Payに登録するだけでコンタクトレス決済が可能になるものもあります。

実際に使ってみると?

クレジットカードやApple Payによるコンタクトレス決済を試してみたいと思ったら、最もおすすめな場所がマクドナルドです。

マクドナルドが全店舗でコンタクトレス決済に対応したのは2018年3月。しばらくはコンタクトレス決済といっても、店舗によって認識はまちまち。利用する人も少ないと思われます。

管理人はSPGアメックスと、それを登録したApple Payでコンタクトレス決済をしてみました。

支払いの際は、余計な混乱を招かないために「クレジットカードで」と言うのがいいと思いました。「コンタクトレスで」では店員さんもわかりませんでした。

読み取り用端末にはコンタクトレスのマークがついています。ここにカードやiPhoneを近づけるだけで支払いが完了します。

領収書はクレジットカードで支払った場合と同じでした。

クレジットカードを手渡す必要も、機械に挿入する必要もありません。やはり安心感がありますね。

まとめ

コンタクトレス対応のクレジットカードは海外でも使えて便利です。というよりも、オーストラリアやヨーロッパなどの諸外国ではコンタクトレスが当たり前。

滞在中、チップ以外に現金を使うことがほとんどなかった、ということも多いとか。

国を挙げてキャッシュレス化を推進した地域では、現金いらずのお財布レス化が日本と比べ物にならないほど進んでいます。

Apple Payでクレジット払いがコンタクトレスにできるのは、海外へ旅行した時にも助かるでしょう。日本で「QUICPayで」「iDで」と言うのと同じような感覚で、海外での支払いは「クレジットカードで」「コンタクトレスで」と言えば済みます。

2020年の東京オリンピックに向けて着々と進められているコンタクトレス化。今のうちに仲間入りしておきませんか?

スポンサーリンク

 


 


シェアする

フォローする