「Amazon Mastercardクラシック」のメリット,デメリット,Apple Pay,PayPay等まとめ【2021年最新版】

※「アマゾンマスターカード クラシック(Amazon Mastercardクラシック)」の新規申込受付は終了
⇒新たな「Amazon Mastercard」のサービスに移行し、新規申し込み受付は11月上旬の開始を予定

お財布レスの時代、クレジットカードを上手に選べば得をしますし、適当に選ぶと損をするかもしれません。慎重に選びたいものですね。

今回はAmazonユーザーに大人気の「アマゾンマスターカード クラシック(Amazon Mastercardクラシック)」のメリット・デメリットとお財布レス(Apple Pay(アップルペイ)・Google Pay(グーグルペイ)・楽天ペイ・LINE Pay・電子マネーなど)の相性等について調べてみました。

【2021年最新版】

スポンサーリンク

もくじ

「アマゾンマスターカード クラシック(Amazon Mastercardクラシック)」のメリット

「アマゾンマスターカード クラシック(Amazon Mastercardクラシック)」のメリットは、

・Amazonでの還元率1.5%~
・即時審査サービスがある
・年会費初年度無料&前年度に一回でも利用があれば次年度の年会費は免除
・家族カード年会費無料
・Apple Pay、Google Payに登録してiD(アイディー)として利用可能
・ペイペイ、楽天ペイ、d払い、auペイで利用可能

Amazonユーザーには最適・1.5%還元率~

「アマゾンマスターカード クラシック(Amazon Mastercardクラシック)」はAmazonで買い物をする人には最適なクレジットカードです。

「アマゾンマスターカード クラシック(Amazon Mastercardクラシック)」は年会費が1375円(税込)かかります。でもこれは初年度は無料で、次年度以降も前年度に1回でも利用すれば無料になります。

とにかくAmazonでの利用には高還元でポイントが付きます。

具体的には次のようになっています。

  還元率
Amazonでの利用Amazonプライム
会員 
2.0%
Amazonプライム
非会員 
1.5%
Amazon以外での利用 1.0%

Amazonプライム会員になるには、別途年会費4,900円(税込)または月会費500円(税込)が必要ですが、年間245,000円の利用(あるいは月額25,000円の利用)で相殺になるので、Amazonのヘビーユーザーなら問題はありません。

もちろんAmazonプライムのサービスを必要としない人は、非会員の1.5%還元でも十分お得に買い物ができます。

ちなみにAmazonプライム会員になれば次のような特典もあります。

  • 無料お急ぎ便・お届け指定便が使い放題
  • PrimeVideoが見放題
  • 100万曲以上の楽曲が聴き放題
  • 写真を保存し放題
  • Kindle本・マンガ・雑誌が読み放題

→Amazon Prime(公式)

【還元率】1.0~2.0%

通常利用では1.0%ですが、Amazonでの買い物は1.5%。

Amazonプライム会員になれば、Amazonでの買い物は還元率2.0%になります。

【ポイント】Amazonポイント

貯まるポイントはAmazonポイント。1ポイント1円換算です。

【有効期限】1年~

Amazonポイントの有効期限は1年間です。

最終購入もしくは最終ポイント獲得から1年なので、使い続けていれば期限が切れることはまずありません。

即時審査サービスがある

正式なAmazon Mastercardが発行されるまでの間、Amazonでの買い物にすぐに利用できるAmazonテンポラリーカードを即時に発番してもらえるサービスがあります。

即時審査サービス利用可能時間:毎日9:00~19:00)
・Amazonテンポラリーカードの発番には所定の審査あり

<「即時審査サービス」利用条件>
(1)受付時間 9時~19時 
(2)満20歳以上の方 
(3)カードお申し込み時お支払い口座の設定ができる方

※Amazonテンポラリーカードは、即時審査サービスを利用した場合のみ発番される、利用可能枠3万円の仮カード
※Amazonテンポラリーカードは番号のみが発番され、実際のカードは発行されず
※テンポラリーカードでの利用分も、商品発送後にAmazonポイントがすぐに加算
※Amazonテンポラリーカードは、Amazonギフト券の注文利用不可

年会費

初年度は無料です。前年度に一回でも利用があれば次年度の年会費は免除されます。

一回も使わなければ年会費は1375円(税込)かかります。

家族カード

年会費無料です。家族カードは本会員1名あたり3枚まで申し込み可能です。

ETCカード

年会費550円(税込)で発行できます。

海外旅行保険

「アマゾンマスターカード クラシック(Amazon Mastercardクラシック)」に海外旅行傷害保険は付帯されていません。

海外旅行保険が必要な人には、「アマゾンマスターカード ゴールド(Amazon MasterCardゴールド)」がおすすめです。※新規受付終了しました。

国内旅行保険

国内旅行に対する傷害保険等はありません。

その他のサービス

安心のショッピング保険が付帯

海外・国内とも100万円までのショッピング保険が付帯しています。

※国内はリボ払い・分割払い(3回以上)の場合のみ対象

「アマゾンマスターカード クラシック(Amazon Mastercardクラシック)」の国際ブランド

「アマゾンマスターカード クラシック(Amazon Mastercardクラシック)」の国際ブランドは、Mastercardブランドになります。

Apple Payと「アマゾンマスターカード クラシック(Amazon Mastercardクラシック)」の相性は?

「アマゾンマスターカード クラシック(Amazon Mastercardクラシック)」はiPhoneで利用するサービス「Apple Pay(アップルペイ)」との相性も良好です。

Apple Pay(Wallet)に「アマゾンマスターカード クラシック(Amazon Mastercardクラシック)」を登録することで、iD(アイディー)として利用することができます。

→Amazon Mastercard(公式)

クレジットカードによっては、Apple Payに登録することでコンタクトレスに使うことができるようになるものもあります。

※コンタクトレス:レジの読み取り端末にクレジットカードやスマートフォンをかざすだけでクレジット決済が完了する非接触決済サービスのこと。

「アマゾンマスターカード クラシック(Amazon Mastercardクラシック)」とGoogle Pay(グーグルペイ)

Google Pay(グーグル ペイ)での非接触型決済は、2019年5月末から一部のクレジットカードでiD・QUICPayの利用が可能になり、便利になりました。

「アマゾンマスターカード クラシック(Amazon Mastercardクラシック)」はGoogle Pay(グーグル ペイ)に登録してiD(アイディー)として利用することができます。

「アマゾンマスターカード クラシック(Amazon Mastercardクラシック)」とQRコード決済/スマホ決済

「アマゾンマスターカード クラシック(Amazon Mastercardクラシック)」とPayPay(ペイペイ)

「アマゾンマスターカード クラシック(Amazon Mastercardクラシック)」はMastercardなので、PayPayに登録することができます。

「アマゾンマスターカード クラシック(Amazon Mastercardクラシック)」と楽天ペイ

「アマゾンマスターカード クラシック(Amazon Mastercardクラシック)」はMastercardブランドなので、楽天ペイに登録することができます。

「アマゾンマスターカード クラシック(Amazon Mastercardクラシック)」とd払い

 

「アマゾンマスターカード クラシック(Amazon Mastercardクラシック)」は「d払い」に利用できます。

「アマゾンマスターカード クラシック(Amazon Mastercardクラシック)」とau PAY(auペイ)

「アマゾンマスターカード クラシック(Amazon Mastercardクラシック)」はau PAY(auペイ)で利用できます。

QRコード決済/スマホ決済と「アマゾンマスターカード クラシック(Amazon Mastercardクラシック)」についてまとめると

QRコード決済/スマホ決済は、それぞれチャージが必要だったり、登録したクレジットカードからの支払だったり、両方できたりと、コード決済によって違います。

QRコード決済/スマホ決済と「アマゾンマスターカード クラシック(Amazon Mastercardクラシック)」についてまとめると以下のようになります。

 「アマゾンマスターカード クラシック」を登録「アマゾンマスターカード クラシック」からチャージ
PayPay(ペイペイ)×
楽天ペイ×
d払い×(クレカ不可)
auPAY(auペイ)
LINE Pay(ラインペイ)×
メルペイ×(クレカ不可)

還元率については下記の記事で紹介しています。

電子マネーと「アマゾンマスターカード クラシック(Amazon Mastercardクラシック)」の相性は?

先に残念なお知らせですが、アマゾンマスターカードはEdyチャージ・モバイルSuica・スマートICOCA・WAONチャージ・nanacoクレジットチャージなどの利用に対しては、ポイント付与の対象外となっています。

Suica

「アマゾンマスターカード クラシック(Amazon Mastercardクラシック)」は、iPhone版モバイルSuicaへのチャージが可能です。

ただし、ポイントは付きません。

「アマゾンマスターカード クラシック(Amazon Mastercardクラシック)」から、Android版モバイルSuicaへのチャージも可能です。ただしポイントは付きません。

ちなみに、SMART ICOCAへのチャージでもポイントは付きません。

PASMO

「アマゾンマスターカード クラシック(Amazon Mastercardクラシック)」でPASMOのオートチャージを利用することはできません。

ただしモバイルPASMOの都度チャージには利用可能です。

Edy

「アマゾンマスターカード クラシック(Amazon Mastercardクラシック)」は楽天Edyへのチャージに使えますが、ポイントは付与されません。

nanaco

2021年10月21日~、iPhone・Apple Payでnanacoが利用できるようになりました。ウォレットアプリを使えば、セブンカード・プラス、セブンカード以外のクレジットカード(JCB・マスターカード・アメックスブランド)も利用できます。

※2020年3月12日~nanacoクレジットチャージ事前登録(新規登録)対象カードは「セブンカード」限定に変更。3月11日までに登録済の場合は引き続き利用可。

「アマゾンマスターカード クラシック(Amazon Mastercardクラシック)」はnanacoへのチャージに使えますが、ポイントは付与されません。

WAON

2021年10月21日~、iPhone・Apple PayでWAONが利用できるようになりました。ウォレットアプリを使えば、セブンカード・プラス、セブンカード以外のクレジットカード(JCB・マスターカード・アメックスブランド)も利用できます。

「アマゾンマスターカード クラシック(Amazon Mastercardクラシック)」からWAONカードやAndroid端末のWAONへのチャージはできません。

チャージできるのは、主にイオン系クレジットカード、JALカードになります。そのうちでもポイントが付与されるものとなると、ごく少数です。

QUICPay/iD

クレジットカードによっては、サイトで申し込めば別途QUICPayのカードを発行することができるカードも多いのですが、「アマゾンマスターカード クラシック(Amazon Mastercardクラシック)」はQUICPayのカードを発行することはできません。

「アマゾンマスターカード クラシック(Amazon Mastercardクラシック)」で利用できるポストペイ型電子マネーはiDになります。

iDを利用するには、iPhone、Android端末もしくは専用iDカードが必要です。

Apple Pay(Wallet)に「アマゾンマスターカード クラシック(Amazon Mastercardクラシック)」を登録することで、iDとして利用することができます。Apple Payの利用にはiPhone7以上の端末が必要です。

→Amazon Mastercard(公式)

「アマゾンマスターカード クラシック(Amazon Mastercardクラシック)」はGoogle Payに登録して、iDとして利用することができます。

→Amazon Mastercard(公式)

「アマゾンマスターカード クラシック(Amazon Mastercardクラシック)」はこういう人におすすめ

「アマゾンマスターカード クラシック(Amazon Mastercardクラシック)」は次のような人に向いているカードです。

・Amazonでよく買い物をする人
・Amazonプライムで音楽,動画,本などを楽しみたい人
・旅行保険などの付帯は必要ないという人
・電子マネーチャージでポイントが付かなくてもいい人

AmazonのヘビーユーザーやAmazonプライムの利用が前提の人にとっては、利用しない理由が見当たらないようなカードです。

「アマゾンマスターカード クラシック(Amazon Mastercardクラシック)」のデメリット・こういう人には向かない

「アマゾンマスターカード クラシック(Amazon Mastercardクラシック)」のデメリットを考えると次のような人にはおすすめできません。

・Amazonで買い物をしない人
・通販に抵抗があるという人
・Amazonプライムのサービスを利用しない人
・旅行保険が必要な人
・ETCカードを無料でつくりたい人
・電子マネーチャージでポイントが付いてほしい人

もともと通販を利用していない人や、Amazon以外の通販を利用している人にとっては、あまりメリットがないカードかもしれません。

しかしAmazon以外のショッピングでも還元率は1.0%なので、メインカードとして持つこと自体に問題はないと思われます。

まとめ

近年はAmazonで購入できないものが限りなく減ってきていて、そのうち何でもボタン一つでAmazonから届く時代になるのではないかと言われているほどです。

すでにAmazonのお世話になっている人や、これからAmazonを大いに利用しようと思っている人は、「アマゾンマスターカード クラシック(Amazon Mastercardクラシック)」が迷うことなく選べるクレジットカードの1枚だと言えます。

国際ブランドMasterCard
カード発行会社三井住友カード
申し込み資格18歳以上の方(学生も可)
年会費初年度無料、年間1回以上利用で年会費1375円が免除
家族カード年会費無料
ETCカード年会費550円
支払日(口座引落の場合)月末締め・翌月26日払い
貯まるポイントAmazonポイント
ポイントの有効期限最終購入日もしくは最終ポイント獲得日のいずれか遅い日から1年間
海外旅行傷害保険
国内旅行傷害保険

スポンサーリンク

シェアする

フォローする