「VIASOカード」のメリット特典,デメリット,ポイント,スマホ決済等まとめました【2021年最新版】

三菱UFJカード「VIASOカード」ってどんなクレジットかカード?メリット・特典、デメリットは?ポイントやスマホ決済対応状況は?

三菱UFJカード「VIASOカード」は年会費無料、オートキャッシュバックの人気のクレジットカードです。

今回の記事では、「VIASOカード」はどんなクレジットカードなのか、メリット・特典、デメリット、ポイント、還元率、ApplePay(アップルペイ)、Google Pay(グーグルペイ)などのスマホ決済に登録できるか等まとめました。

【2021年最新版】

スポンサーリンク

三菱UFJカード「VIASOカード」はどんなクレジットカード?

三菱UFJカード「VIASOカード」がどんなクレジットカードなのか、特徴をリストにすると、

・最短翌営業日発行ですぐに届く
・年会費無料
・家族カードも無料
・ETCカードは年会費無料・新規発行手数料1100円
・貯めたポイントはオートキャッシュバック機能で手続き不要
・特定加盟店でポイント優遇サービス
・VIASO eショップでポイント最大10%
・デザインが豊富
・三菱UFJ銀行のATM手数料がお得になる場合も
・国際ブランドはMasterCard、VISA(デザインにより)
・ポイント還元率は0.5%
・ポイント有効期限・蓄積期間は1年
・海外旅行傷害保険が利用付帯(最高2000万円)
・ショッピング保険が年間限度額100万円(国内分割・リボ、海外購入)
・Apple Payに登録可能(クイックペイとして利用)
・ペイペイ、楽天ペイ、d払い、auペイに利用可能

貯めたポイントはオートキャッシュバック機能で手間いらずの、年会費無料クレジットカードです。

三菱UFJカード「VIASOカード」のメリット・特典

クレジットカードのメリットはどんな特典がついていてお得かということ。まずは特典についてです。

最短翌営業日発行ですぐに届く

「VIASOカード」は、申し込みから手元にカードが届くまで3日~1週間です。

最短で翌営業日発行ですぐに届くので、早くクレジットカードが手元にほしいときは嬉しいですね。

「VIASOカード」は年会費無料

「VIASOカード」の年会費は無料です。

家族カード

家族カードも年会費無料です。

ETCカード

ETCカードは年会費無料ですが、新規発行手数料1100円がかかります。

貯めたポイントはオートキャッシュバック機能で手続き不要

1年以内に1000ポイント貯めることができれば、手続き不要で直接口座にキャッシュバックしてもらえます。
※ポイントの蓄積期間は入会日を基準に1年間

手続き不要なのでポイントが失効することもありません。

「VIASOカード」は、通常は1000円で5ポイント(個別明細ごとに100円あたり0.5ポイントで計算)貯まるので、年20万円以上利用すれば、条件は達成でき、それほど難しくはありません。

特定加盟店でポイント優遇サービス

特定加盟店での利用料金は、ポイントは通常の2倍たまります。(1000円で10ポイント)

・ETCマークのある全国の高速道路、一般有料道路の通行料金
・携帯電話・PHSの利用料金(NTTドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイル)
・インターネットプロバイダーの利用料金(Yahoo! BB、OCN、au one net、BIGLOBE、ODN)

VIASO eショップでポイント最大10%

クレジットカードによって、そこを経由すればポイントがアップするオンラインショッピングモールがある場合があります。

「VIASOカード」の場合は、Web会員サービス「Net Branch(ネットブランチ)」に登録した会員専用の「VIASO eショップ」。

「VIASO eショップ」を経由するだけでボーナスポイントがもらえます。ショップによっては10%のことも!

【ボーナスポイント】
楽天市場: 1%
ヤフーショッピング: 1%
ディノス: 1%
ジョーシン: 1%

三菱UFJ銀行のATM手数料がお得になる場合も

三菱UFJカード「VIASOカード」を持っていて条件を満たせば、三菱UFJ銀行のホワイトステージが適用され、三菱UFJ銀行のATM時間外手数料が無制限で無料になります。

条件:
・スーパー普通預金(メインバンク プラス)
・三菱UFJダイレクトの登録
・「VIASOカード」の支払口座に指定
・「VIASOカード」のクレジットカード利用代金または年会費の引き落とし

※三菱UFJ銀行の口座をもっていないと「VIASOカード」に申し込めないわけではありません。(あくまでもお得になるチャンスがあるという話しです。)

三菱UFJカード「VIASOカード」の国際ブランド

「VIASOカード」の国際ブランドは、基本的にはMastercard(マスターカード)です。

三菱UFJカード「VIASOカード」の還元率

「VIASOカード」は、通常は1000円で5ポイント(個別明細ごとに100円あたり0.5ポイントで計算)貯まります。

1ポイント=1円相当なので、通常還元率は0.5%です。

還元率0.5%~

「VIASOカード」では、たまったポイントは1ポイント1円でオートキャッシュバックされます。

ポイントの有効期限・蓄積期間

ポイントの蓄積期間は入会日を基準に1年間です。

これはかなり短いので、のんびりとポイントを貯めて・・・というわけにはいきません。

年20万円以上カード利用すれば条件が達成でき、自動的にポイントはオートキャッシュバックされます。

旅行保険・付帯保険・その他

海外旅行保険が付帯

海外旅行傷害保険が利用付帯されます。事前に旅行代金を支払った場合に補償されます。

補償項目保険金額
傷害死亡・後遺障害最高2000万円
傷害治療費用最高100万円
疾病治療費用最高100万円
賠償責任最高2000万円
携行品損害最高20万円/1旅行・年100万円限度
(自己負担3000円)
救援者費用最高100万円

国内旅行保険

国内旅行傷害保険は付帯されません。

その他

ショッピングパートナー保険サービスがあります。

ショッピング保険は年間限度額100万円。

日本国内で購入した商品は、購入時に支払方法を分割払い・リボ払いに指定した場合対象となります。ただし、登録型リボ「楽Pay(らくペイ)」に登録、かつそのカードで購入した場合、および海外で購入した商品は、支払方法を問わず対象です。
※一部対象外商品あり

「VIASOカード」とApple Pay(アップルペイ)

「VIASOカード」はApple PayのWalletに登録してQUICPay(QUICPay+)として使うことができます。

「VIASOカード」とGoogle Pay(グーグルペイ)

Google Pay(グーグル ペイ)での非接触型決済は、2019年5月末から一部のクレジットカードでiD・QUICPayの利用が可能になり、便利になりました。

「VIASOカード」はGoogle Pay(グーグル ペイ)に登録できますが、登録してiD・QUICPayとして利用することはできません。

「VIASOカード」とQRコード決済/スマホ決済

「VIASOカード」とPayPay(ペイペイ)

「VIASOカード」はマスターカードなので、どちらもPayPayに登録することができます。

「VIASOカード」と楽天ペイ

「VIASOカード」は、楽天ペイに登録して利用することができます。

→利用できるクレジットカードの種類(公式)

「VIASOカード」とd払い

 

「d払い」には、①電話料金合算払い、②クレジットカード払い、③dポイント充当、④d払い残高、で支払う方法があります。

このうちクレジットカードが利用できるのは①②。

①はドコモユーザーのみになりますが、ほとんどのクレジットカードがOKと考えてよいでしょう。

②に登録できるクレジットカードは、JCB、VISA、Mastercard、アメックスで、利用前に3Dセキュアの登録が必要です。

「VIASOカード」は「d払い」に利用できます。

「VIASOカード」とau PAY(auペイ)

auPAY(auペイ)では、
auユーザーでもauユーザー以外でも、「VIASOカード」は利用できます。

QRコード決済/スマホ決済と「VIASOカード」についてまとめると

QRコード決済/スマホ決済は、それぞれチャージが必要だったり、登録したクレジットカードからの支払だったり、両方できたりと、コード決済によって違います。

QRコード決済/スマホ決済と「VIASOカード」についてまとめると以下のようになります。

 「VIASOカード」を登録「VIASOカード」からチャージ
PayPay(ペイペイ)Mastercard×
楽天ペイMastercard×
d払いMastercard×(クレカ不可)
auPAY(auペイ)Mastercard
LINE Pay(ラインペイ)×
メルペイ×(クレカ不可)

還元率については下記の記事で紹介しています。

電子マネーと注意点

「VIASOカード」と電子マネー(楽天エディ・モバイルスイカ・ナナコ・ワオン・PASMO・クイックペイ・iD)についてまとめると以下になります。

 MasterCard
楽天Edy
モバイルSuica
nanacoiPhone・ApplePayでチャージ可能
WAONiPhone・ApplePayでチャージ可能
PASMO(パスモ)オートチャージ:不可
モバイルPASMO:可
QUICPay(QUICPay+)ApplePayへの登録で利用可
iD

○:チャージ可・ポイント付与あり
△:チャージ可・ポイント付与なし
×:チャージ不可

「VIASOカード」のデメリット

「VIASOカード」のデメリットは、基本還元率が0.5%と低いことです。

ただし、オンラインショッピングはVIASO eショップを経由すればボーナスポイントがもらえてかなりのポイントはアップします。

また、電子マネーやプリペイドカード等へのチャージでポイント付与がないことも残念です。→公式サイト

はがき・封書による利用代金請求書の郵送を希望する場合は、一通あたりの発行手数料99円がかかります。(WEB明細にすれば無料)

ポイントの有効期限は1年です。1年間のカード利用があまりない場合は、おすすめできません。

まとめ

「VIASOカード」は年会費無料で、オートキャッシュバックの手間いらずのクレジットカードです。

ポイント交換が面倒!忘れてしまう!という人にはおすすめです。

年会費無料にもかかわらず海外旅行保険も利用付帯で付いているので、持って損はない1枚です。

国際ブランドMasterCard
申し込み資格18歳以上で安定した収入のある方、または18歳以上で学生の方(高校生を除く)
ポイント1000円につき5ポイント
有効期限1年間
年会費無料
家族カード年会費無料
ETCカードETCカード新規発行手数料1100円(税込)、年会費無料
海外旅行傷害保険最高2000万円(利用付帯)
国内旅行傷害保険
スポンサーリンク

シェアする

フォローする