「セディナ カード jiyuda」はApple Pay・Google Pay・nanacoでお得でおすすめなのか?

お財布レスの時代、クレジットカードを上手に選べば得をしますし、適当に選ぶと損をするかもしれません。慎重に選びたいものですね。

今回は海外キャッシングで大人気の「セディナ カード jiyu!da!」とお財布レス(Apple Pay(アップルペイ)・Google Pay(グーグルペイ)・クイックペイquicpay・nanacoなど)の相性について調べてみました。

スポンサーリンク

 


もくじ

Apple Payと「セディナ カード jiyuda」の相性は?

「セディナ カード jiyu!da!」をApple Payに登録すると、ポストペイ型の電子マネーiD(アイディー)として使えるようになります。

店舗での会計時に、店員さんに「iDで」と伝えて読み取り機にiPhoneをかざすだけで支払いができます。

→セディナカードとApple Pay(公式)

一般的に、Apple Payと相性の良いブランドはJCBとMasterCard(マスターカード)、それにAmerican Express(アメックス)だと言われています。
VISAは実店舗での利用は問題ありませんが、ネットショップでの決済に難があります。JCBとMasterCardとアメックスは実店舗だけでなく、App内やWeb上での支払いにも対応しています。

「セディナ カード jiyu!da!」はVISA,MasterCard,JCBの3種類のブランドが選べます。

Apple Payを実店舗だけで利用するのであれば、どのブランドを選んでも問題ありません。

でもApple Payを利用したネット決済を行う予定がある場合は、MasterCard,JCBのいずれかを選んでおいたほうが無難です。

クレジットカードによっては、Apple Payに登録することでコンタクトレスに使うことができるようになるものもあります。

※コンタクトレス:レジの読み取り端末にクレジットカードやスマートフォンをかざすだけでクレジット決済が完了する非接触決済サービスのこと。

Google Payと「セディナ カード jiyuda」の相性は?

Google Pay(グーグル ペイ)での非接触型決済は、2019年5月末から一部のクレジットカードでiD・QUICPayの利用が可能になり、便利になりました。

「セディナ カード ゴールド」はGoogle Pay(グーグル ペイ)に登録はできますが、ポストペイ型の電子マネーiDとして利用することはできません。(未対応)

今のところは対応するクレジットカードの種類が限られています。ほとんどの人にとってGoogle Payは、楽天Edy・WAON・Suica・nanacoを経由して支払いをするキャッシュレスサービスという存在といえます。

Google Payが電子マネーを統括するサービスだとすれば、電子マネーにクレジットチャージをしてポイントをゲットするのが一番お得な使い方なのは言うまでもありません。

まずnanacoですが、残念ながらGoogle Payに登録したnanacoはクレジットカードによるチャージができません。ここが既存のnanacoモバイルアプリと異なる点です。

→Google Payとnanaco(nanaco公式)

次は楽天Edy。楽天Edyへのチャージに使えるクレジットカードはJCB、American Express、MasterCard、VISAです。

「セディナ カード jiyu!da!」の3種類のブランドはVISA,JCB,MasterCardです。楽天Edyへのチャージはどれでも可能です。

→Google Payと楽天Edy(公式)

次にSuica。Google Payはおサイフケータイ機能を持つスマートフォンにとって、モバイルSuicaを年会費無料で使うための救世主となりました。

Google PayのモバイルSuica(Google Pay Suica)は、ざっくり言うと従来のAndroid版モバイルSuicaから以下の機能を除いた無料版です。

【Google Pay Suicaができないこと】

  • 銀行チャージ
  • 定期券の購入
  • Suicaグリーン券の購入
  • モバイルSuica特急券
  • エクスプレス予約サービス
  • JREポイントの受け取り
  • ネット決済
  • 再発行
  • 払い戻し・退会

→「SuicaがGoogle Payに対応しました」(公式PDF)

Google Pay Suicaのチャージに使えるクレジットカードは「Googleアカウントに登録されているクレジットカード」です。

アカウントに登録できるクレジットカードは、公式によると次のブランドとのこと。

  • American Express
  • MasterCard
  • Visa
  • JCB
  • Visa Electron

「セディナ カード jiyu!da!」はVISA,JCB,MasterCardの3種なので、どれを選んでもアカウントに登録してSuicaチャージに使えます。

最後にWAONです。Google Payが新たに導入したGoogle Pay版のモバイルWAONは、従来のモバイルWAONから必要最小限の機能だけを抜き出したものです。

クレジットチャージが可能ですが、従来のモバイルWAONと同じく、イオンマークのあるカードとJALカードからのチャージになります。

電子マネーと「セディナ カード jiyuda」の相性は?

nanaco

「セディナ カード jiyu!da!」はnanacoへのチャージに使えます。ポイントも付きます。

Suica

「セディナ カード jiyu!da!」は、iPhone版モバイルSuicaへのチャージが可能です。ポイントも付与されます。

VISAブランドの「セディナ カード jiyu!da!」だけは、iPhoneのWallet経由ではモバイルSuicaに直接チャージすることはできません。

Wallet経由では無理ですが、iPhone版モバイルSuicaアプリを経由してのチャージならVISAブランドでも可能です。

※iPhoneでのSuica利用時に年会費はかかりません。

「セディナ カード jiyu!da!」から、Android版モバイルSuicaへのチャージも可能です。ポイントも付与されます。

※Android版モバイルSuicaの利用には年会費1030円(税込)が必要になります。

ちなみに、SMART ICOCAへもチャージが可能で、こちらもポイントは付与されます。

Edy

「セディナ カード jiyu!da!」は楽天Edyへのチャージに使えます。ポイントは付きません。

EdyチャージができるのはJCB,VISA,MasterCardです。「セディナ カード jiyu!da!」の場合は、どのブランドを選んでも問題ありません。

PASMO

「セディナ カード jiyu!da!」でPASMOにチャージすることはできません。

PASMOのチャージに使えるクレジットカードは、一部の交通系クレジットカードだけです。

WAON

「セディナ カード jiyu!da!」でWAONにチャージすることはできません。

WAONにチャージできるのは、主にイオン系クレジットカード、JALカードになります。そのうちでもポイントが付与されるものとなると、ごく少数です。

QUICPay/iD

クレジットカードによっては、サイトで申し込めば別途QUICPayのカードを発行することができるカードも多いのですが、「セディナ カード jiyu!da!」はQUICPayのカードを発行することができます。

「セディナ カード jiyu!da!」の場合、専用カードタイプ、おサイフケータイ、QUICPayクイックペイ(nanaco)の3種類で利用可能です。

「セディナ カード jiyu!da!」では、ポストペイ型電子マネーはiDも利用できます。専用カードタイプとApple Payで利用可能です。

モバイルで利用するには、iPhoneもしくはおサイフケータイ機能を持つAndroid端末(スマートフォン)が必要です。

Apple Pay(Wallet)に「セディナ カード jiyu!da!」を登録することで、iDとして利用することができます。Apple Payの利用にはiPhone7以上の端末が必要です。

→セディナカードとApple Pay(公式)

「セディナ カード jiyu!da!」はAndroid端末(おサイフケータイ)向けのサービス「セディナ QUICPay」を利用することで、電子マネー「QUICPay」を使えるようになります。

楽天ペイと「セディナ カード jiyuda」の相性は?

楽天ペイに登録できるクレジットカードは、公式サイトによると次のとおりです。

  • 全ての楽天カード
  • その他のVisa、Mastercardのクレジットカード

「セディナ カード jiyu!da!」はVISA,MasterCard,JCBの3種のブランドがありますが、そのうちJCB以外は楽天ペイに登録して利用することができます。

→利用できるクレジットカードの種類(公式)

楽天ペイアプリにクレジットカードを登録して利用すると、クレジットポイント以外に200円につき1ポイントの楽天スーパーポイントが付きます。(通常キャンペーン)

→楽天ペイアプリの詳細(公式)

楽天ペイに登録して楽天スーパーポイントを貯めようと考えている人は、VISAかMasterCardの「セディナ カード jiyu!da!」を作る必要があります。

LINE Payと「セディナ カード jiyuda」の相性は?

LINE Payに登録できるクレジットカードはVISA、JCB、AmericanExpress、Diners、MasterCardといろいろあります。

「セディナ カード jiyu!da!」を含めたクレジットカードとLINE Payの連携はあまり注目されていません。

というのも、LINE Payのチャージにクレジットカードが使えるというわけではないからです。あくまでもLINE関連のサービスを利用する際にクレジット決済が便利に行えるというだけです。

それでもメリットはあります。

実はLINE Payにクレジットカードを登録して、そこからLINEクレジットにチャージすると最大で25%のボーナスがもらえるのですが、意外と知られていません。

LINE Payに「セディナ カード jiyu!da!」を登録して10000円チャージすることで、LINEクレジット12500円分になります。(2019年8月現在)

※LINEクレジットとは、LINEストアの中だけで利用できるマネーのことです。

Origami Payと「セディナ カード jiyuda」の相性は?

Origami Pay(オリガミ ペイ)の場合、対応しているクレジットカードがVISAとMastercardだけです。

VISA,JCB,MasterCardの「セディナ カード jiyu!da!」のうち、JCBブランド以外であれば問題なく使えます。

Origami Payを利用するメリットは、独自の割引制度にあります。店舗によって2%オフだったり、50%オフのキャンペーンがあったりします。

それに加えてクレジットポイントも付くわけですから、Origamiに対応した店舗ではOrigamiを使わないと損です。

そういう点では、VISAとMastercardであればどのクレジットカードでもOrigami Payとの相性は良いと言えそうです。

→スマホ決済アプリ「Origami」(公式)

PayPayと「セディナ カード jiyuda」の相性は?

PayPayには、①PayPay残高から支払う方法、②Yahoo!マネーから支払う方法、③登録したクレジットカードで支払う方法があります。

③に登録できるクレジットカードは、VISAとMastercard、JCBはYahoo! JAPANカードのみとなります。

①のPayPay残高へチャージできるクレジットカードは、本人認証サービス(3Dセキュア)済のYahoo! JAPANカードだけです。

「セディナ カード jiyu!da!」のVISAとMastercardはPayPayに登録できます。

プリペイドカードと「セディナ カード jiyuda」の相性は?

おさいふPonta

「セディナ カード jiyu!da!」からおさいふPontaへのチャージは可能ですが、チャージ事務処理手数料216円(税込)がかかります。

おさいふPontaへのチャージができるクレジットカードは、公式によると次のようになっています。

  • 本人認証サービスに対応しているカード
    〔J/Secure(JCB)、Verified by VISA、MasterCard SecureCode〕
  • セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンカード以外は基本的にチャージ手数料がかかります。

→おさいふPontaへのチャージ方法(公式)

au WALLET プリペイドカード

au WALLETへの直接チャージは、MasterCardと一部のVISA,JCBカードのみが可能となっています。

auの公式によれば、直接のクレジットチャージが可能なのは、下記のカードとのことです。

→プリペイドカードへのチャージ(公式)

ただし、実際のチャージには本人認証サービスが関わってくるので、たとえMasterCardであっても本人認証サービスに対応していない発行会社のカードは使えません。

au WALLETプリペイドカードへのチャージ方法として、auかんたん決済を経由する方法があります。

公式によると、auかんたん決済経由でチャージが可能なクレジットカードは次のとおりです。

→プリペイドカードへのチャージ(公式)

こちらには「セディナ カード jiyu!da!」が含まれています。「セディナ カード jiyu!da!」の場合、au WALLETプリペイドカードへのチャージはブランドにかかわらずauかんたん決済経由でのチャージになるようです。

LINE Pay カード

LINE Pay カードへのチャージ方法には、クレジットカードからのチャージがないため、「セディナ カード jiyu!da!」からのチャージはできません。

「セディナ カード jiyuda」は海外キャッシングに便利!

「セディナ カード jiyu!da!」が人気のある理由の1つに、「海外キャッシング」のコストが低く抑えられることがあります。

キャッシングと聞くと怖いイメージを持っている方もいるかもしれませんが、すぐに返済すれば手数料も安く抑えられ便利な機能です。

「キャッシング手数料って18%とかじゃないの?」と思うかもしれませんが、18%は年利です。1ヶ月で考えるなら1.5%です。

海外旅行に出かけた際に、現地のATMでクレジットカードの「海外キャッシング」を行うと、外貨が手に入ります。

「セディナ カード jiyu!da!」の場合、ATM手数料、現地ATM手数料はいずれも無料です。

「セディナ カード jiyu!da!」が「海外キャッシング」でコストを抑えられる理由は、返済する際に、ペイジーを利用できるからです。ペイジーを使えば、ネットで繰り上げ返済ができ、キャッシング手数料を低く抑えることが可能なのです。

※海外キャッシング枠の設定が必要です。

セディナ海外デスク利用可能

セディナ海外デスクを日本語で利用できます。

・渡航前のお役立ち情報
・現地でのチケット手配
・緊急時の対応

セブンイレブン・ダイエー・イオンで毎日ポイント3倍

全国のセブンイレブン、ダイエー、イオン各店舗で買い物するたびにわくわくポイントが3倍です。(対象外あり)

通常0.5%還元率なので、1.5%還元率。

イオンでイオンカードを利用するよりお得になってしまいますね。

※イオンではiD・Apple Pay、QUICPayの利用分はポイント3倍の対象外

セディナポイントモールでお得

インターネットショッピングの場合、セディナポイントモールを経由するだけでお得になります

最大21倍!Amazonもポイント2倍です。

プレミアム クラブオフが使える!

「セディナ カード ゴールド」を持っていると、会員専用Webサービス「セディナビ」または「セディナアプリ」からプレミアム クラブオフが利用できます。

クラブオフは映画館やスポーツクラブなど全国70,000ヵ所以上の施設で利用できる優待サービスです。

「クラブオフ」は、企業・法人・団体が契約する法人会員制クラブです。
クラブ運営のための費用を、お客様が所属する企業・法人にご負担いただくことで、 会員のみなさまは毎日の暮らしや余暇に役立つ多彩なサービスをメンバー限定の会員優待料金で利用できます。

ホテルや旅館の予約ができ、VIP会員なら1泊500円で泊まれるセールも毎週開催されています。

リゾートメニューなども会員優待特別料金で利用できます。

人気のジェフグルメカード(全国共通お食事券)が送料無料・(100枚セット)50000円 → 48000円(4%OFF)で購入出来たりもします。

リボ払い専用カード

「セディナ カード jiyu!da!」はリボ払い専用カードです。

ただし初回のリボ手数料は発生しないため「ご利用分全額払い」に変更することで通常の1回払いと同様に利用可能です。

スペック

「セディナ カード jiyu!da!」の基本スペックです。

国際ブランド

VISA,JCB,MasterCardの3種類から選べます。

申し込み資格

高校生を除く18歳以上で電話連絡が可能な方。

還元率・ポイント・有効期限

【還元率】0.5%~

カード利用額200円(税込)ごとに1ポイント貯まります。

また、全国のセブンイレブン、ダイエー、イオン各店舗、宇佐美ガソリンスタンド(直営)、海外ショッピング利用ではポイントが3倍(還元率1.5%)、藤田観光での利用はポイント5倍となります。

マルエツ・マルエツ プチ・リンコス・魚悦で毎月第2・第4日曜日はほとんど売り場全品5%割引になります。(マルエツ各店舗は毎週日曜日5%割引)

トクトク!ステージ

「セディナ カード jiyu!da!」には、年間のカード利用額に応じて、翌年度のポイント付与率がアップする制度があります。

年間200万円以上の利用なら、翌年度は1.3倍になります。

【ポイント】わくわくポイント

貯まるポイントはわくわくポイント。1ポイント1円相当です。

【有効期限】最大で2年

ポイントの有効期限は付与された月より2年間です。

年会費

無料です。

家族カード

年会費無料です。

家族カードは満18歳以上(高校生を除く)の同姓・同居の家族が対象で、発行可能です。

ETCカード

年会費無料ですが、新規発行手数料1,000円(税抜)がかかります。

旅行保険

海外旅行保険は付帯していません。

国内旅行保険は最高1000万円(利用付帯)が付いています。

その他

ショッピング保険が付帯しており、購入した商品の破損・盗難等による損害を、年間で最高50万円まで補償してもらえます。補償期間は購入日から180日間です。

スペック表

国際ブランドVISA,JCB,MasterCard
券面通常デザイン、ハローキティデザイン
カード発行会社㈱セディナ
申し込み資格高校生を除く18歳以上で電話連絡が可能な方
年会費無料
支払日(口座引落の場合)月末締め・翌月27日払い
貯まるポイントわくわくポイント
ポイントの有効期限付与された月より2年間
ETCカード年会費無料、新規発行手数料1,000円(税抜)
家族カード無料で発行
海外旅行傷害保険
国内旅行傷害保険最高1000万円(利用付帯)

「セディナ カード jiyuda」はこういう人におすすめ

「セディナ カード jiyu!da!」は次のような人に向いているカードです。

・海外キャッシングのコストを抑えたい人
・Apple PayでiDを利用したい人
・nanacoのチャージでポイント付与されるカードが欲しい人

海外キャッシングでコストを抑えたい人には、ペイジーでの繰り上げ返済が可能な点は秀逸です。

セブンイレブンやイオンでもポイント3倍、トクトク!ステージもあるので、工夫すれば還元率は見た目以上にアップするお得なクレジットカードです。

「セディナ カード jiyuda」はこういう人には向かない

「セディナ カード jiyu!da!」は次のような人にはおすすめできません。

・リボ払い専用カードが嫌な人
・海外キャッシングを利用する予定がない人

とにかく海外キャッシングにおすすめのカードなので、利用する予定のない人には向かないかもしれません。

リボ手数料を払う必要がなくてもリボ払い専用カードに抵抗がある人にも向きません。

まとめ

お財布レスの時代、クレジットカードや電子マネーの選び方でどれだけ得するかが決まります。

どの電子マネーを主に使うかによって、クレジットカードの選択は変わってきます。

「セディナ カード jiyu!da!」はEdyチャージでのポイント付与はありませんが、nanacoチャージ、モバイルSuicaへのチャージでポイント付与され、iDもクイックペイも利用できます。

なんといっても便利なのは海外キャッシング。海外旅行の際の両替手数料を抑えられます。

「セディナ カード jiyu!da!」、持っておいて損はありません。

スポンサーリンク

 


 


シェアする

フォローする