「三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」メリット,デメリット,Apple Pay等まとめ【2021年最新版】

「三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード(三菱UFJ・プラチナ・アメックス)」ってどんなカード?メリット・デメリットは?

今回の記事では、「三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード(旧:MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード)」はどんなクレジットカードなのか、メリット・デメリット、Apple Pay(アップルペイ)・Google Pay(グーグルペイ)、電子マネー等との関係などまとめました。

※2021年7月1日~、カード名称が「MUFGカード」から「三菱UFJカード」へリニューアルされています。→公式サイト

【2021年最新版】

スポンサーリンク

もくじ

「三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード(三菱UFJ・プラチナ・アメックス)」のメリット・特典

「三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード(旧:MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード)」のメリット・特典は、
○家族カード1枚目は年会費無料
○プライオリティパス付帯
○空港ラウンジ利用可能
○その他トラベル関係の優待
○プラチナ・コンシェルジュサービス
○プラチナ・グルメセレクション
○スーペリア・エキスペリエンス
○三菱UFJ銀行で優遇
 等があります。

家族カード1枚目は年会費無料

「三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード(旧:MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード)」の家族カードは1枚目を年会費無料で持つことができます。それにより、お得度がさらに増します。

例えばプライオリティパス。家族カードでも無料で申し込みができます。空港ラウンジも利用可能です。

本会員(年会費22000円)+家族カード(1枚目無料)で考えると、これほどコスパの良いプラチナカードはありません。「三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード(三菱UFJ・プラチナ・アメックス)」だからこそです。

プライオリティパス付帯

プライオリティパスは世界500都市に1100か所以上ある空港VIPラウンジが利用できるサービスです。

会員ランクは3種類あり、ランクによって年会費、利用料金が異なります。

会員ランク年会費利用料金
会員同伴者
スタンダード99ドル32ドル32ドル
スタンダード・プラス299ドル10回無料
それ以降32ドル
32ドル
プレステージ429ドル無料32ドル

「三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード(旧:MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード)」の場合、プレステージのプライオリティパスが無料で付いてきて、世界中の空港でVIPラウンジが無料で利用できるようになります。

サービスの利用には、事前に「プライオリティパス」への登録が必要です。WEBまたはデスクから申し込みができます。

同伴者の料金は?

残念ながら同伴者の料金は無料ではありません。

1回につき1名2200円(税込)→2020年6月1日のラウンジ利用分より3300円(税込)が必要です。

家族カードでも申し込み可能

同伴者は無料ではないのですが、夫婦で旅行に行く場合は利用料金を2人分とも無料にする方法があります。

→→→ 

それは家族カードを申し込む方法です。

「三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード(旧:MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード)」の場合、家族会員でも同じサービスが受けられます。つまり、「プライオリティパス」へ登録できるということ。

しかも家族カード1名目は年会費無料です。

本人:「プライオリティパス」無料
配偶者(家族カード1枚目):「プライオリティパス」無料
とできるので、夫婦で海外旅行に行く場合は、これで十分活用できます。

「三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード(旧:MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード)」本会員+家族カード1枚の年会費は22000円です。プライオリティパスを年1回の海外旅行で利用できれば、十分元が取れる計算になりますね。

日本国内・プライオリティパスで利用できるラウンジは?

成田空港KALビジネスクラスラウンジ(第1ターミナル)
IASSエグゼクティブラウンジ(第1・2ターミナル)
T.E.Iラウンジ(第1・2ターミナル)
関西国際空港KALビジネスクラスラウンジ(第1ターミナル)
ぼてぢゅう(第1ターミナル)
中部国際空港KALラウンジ
スターアライアンスラウンジ
グローバルラウンジ
福岡国際空港KALラウンジ

残念ながら羽田空港にはプライオリティパスで利用できるラウンジはありません。

この中で異色なラウンジは、関西国際空港の「ぼてぢゅう」。カード保持者はラウンジ利用の会員資格として、請求額から3400円の割引を受けられます。

しかも、空港の誰でも利用できるエリアにあるため、国際線だけでなく、国内線利用時にも利用可能という、超絶おいしい状況になっています。

空港ラウンジ利用可能

「三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード(旧:MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード)」を持っていると、国内の主要空港のラウンジが無料で利用できます。

国内主要空港は以下の通り(2020年3月)

新千歳空港スーパーラウンジ、ノースラウンジ
函館空港ビジネスラウンジ『A Spring』
青森空港エアポートラウンジ(有料待合室)
秋田空港ロイヤルスカイ(Royal Sky)
仙台空港ビジネスラウンジ
羽田空港・国際線ターミナル「Sky Lounge」
・第1ターミナル「エアポートラウンジ」「POWER LOUNGE」
・第2ターミナル「エアポートラウンジ」「POWER LOUNGE」
成田国際空港「IASSエグゼクティブラウンジ 1」「IASSエグゼクティブラウンジ2」
富士山静岡空港「YOUR LOUNGE」
新潟空港エアリウムラウンジ
富山空港「ラウンジらいちょう」
中部国際空港「プレミアムラウンジ セントレア」「第2プレミアムラウンジ セントレア」
小松空港「スカイラウンジ白山」
大阪国際空港(伊丹空港)「ラウンジオーサカ」
関西国際空港カードメンバーズラウンジ 「比叡」、ラウンジ「六甲」、「アネックス六甲」、ラウンジ「金剛」
神戸空港ラウンジ神戸
岡山空港ラウンジマスカット
広島空港「ビジネスラウンジ もみじ」
米子空港ラウンジDAISEN
山口宇部空港ラウンジ「きらら」
高松空港「ラウンジ 讃岐」
松山空港「ビジネスラウンジ」「スカイラウンジ」
徳島空港エアポートラウンジ ヴォルティス
北九州空港「ラウンジひまわり」
福岡空港「くつろぎのラウンジTIME」 「ラウンジTIMEインターナショナル」
長崎空港ビジネスラウンジ アザレア
大分空港「ラウンジくにさき」
宮崎空港「ブーゲンラウンジひなた」
熊本空港ラウンジ「ASO」
鹿児島空港スカイラウンジ 菜の花
那覇空港ラウンジ華~hana~

また海外では次の空港のラウンジが無料で利用できます。

ハワイ ダニエル・K・イノウエ国際空港「IASS HAWAII LOUNGE」

ラウンジ利用は本会員、家族会員が無料で利用できます。

その他トラベル関係の優待

手荷物無料宅配サービス

海外旅行の際、
出発時に自宅→空港まで:カード会員1人につきスーツケース1個を無料
帰国時に空港→自宅まで:カード会員1人につきスーツケース1個を無料
で配送サービスが利用できます。

往復とも無料なのはありがたいですね。

その他にも、手ぶらチェックイン、コート預かりサービスなど、プラチナカードらしいサービスが利用できます。

プラチナ・コンシェルジュサービス

国内・海外でのレストラン予約や、海外のミュージカル等のチケット手配、さらに、海外でのトラブルや病気など緊急時の支援まで、世界中のほとんどの国から24時間、無料通話またはコレクトコールで利用可能です。

心強いサービスですね。

プラチナ・グルメセレクション

対象レストランの所定コースメニューを2名以上で利用すると1名分のコース料理代が無料になります!(本会員のみ)

プラチナ・グルメセレクションは株式会社フィールドプランニングのサービスが利用されています。

スーペリア・エキスペリエンス

「スーペリア・エキスペリエンス」は、ホテル、ダイニング、スパ・エステ優待などの優待サービスで、「三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード(旧:MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード)」などのアメリカン・エキスプレスの提携プレミアムカード会員限定の優待サービスです。

特別優待料金でのホテル宿泊が可能だったり、特別なサービスが受けられたりします。

「三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード(三菱UFJ・プラチナ・アメックス)」&三菱UFJ銀行で優遇

「三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード(旧:MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード)」の引き落とし口座を三菱UFJ銀行にすると、優遇サービスがあります。

優遇条件:
・三菱UFJ銀行の「スーパー普通預金(メインバンク プラス)」を利用し、「三菱UFJダイレクト」の契約および初回登録(パスワード・Eメールアドレスの登録)を行っていること。
・MUFGカードの支払口座に指定し、利用代金等の引き落としがあること。

優遇サービス:
・三菱UFJ銀行の同行ATM利用手数料(回数上限なし)
・三菱UFJ銀行の提携先コンビニATM利用手数料(3回まで)
・「三菱UFJダイレクト」他行あて振込手数料(3回まで)

基本スペック

年会費

「三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード(旧:MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード)」の年会費です。

本会員22000円(税込)
家族カード1枚目無料、2枚目以降3000円+税

プラチナカードとしては格安の年会費です。

家族カードは1枚目無料です。2人合わせて22000円(税込)なら、お得と言えます。

さらに、登録型リボ「楽Pay」による年会費優遇があります。→公式サイト

年会費無料の条件は?

よくクレジットカードの2年目以降の年会費について、「1年間のクレジットカード利用額が○円以上で翌年度年会費無料」といった条件があります。

残念ながら「三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード(三菱UFJ・プラチナ・アメックス)」にはそのような無料になる条件はありません。

ETCカード

ETCカードは新規発行手数料、年会費ともに無料です。

ポイント還元率0.5%~

「三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード(旧:MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード)」を利用すると、カード利用額1000円=1 グルーバルポイントが貯まります。

※月間のカード利用合計金額に対してポイントが付与されます。

1グルーバルポイント=5円相当なので、ポイント還元率は0.5%~と言えます。

ポイント還元率0.5%~

グルーバルポイント優遇サービス

「三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード(旧:MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード)」にはポイントの優遇サービスがいろいろあります。

◆新規入会初年度の国内でのショッピング利用分の基本ポイントが1.5倍
◆海外加盟店でのショッピング利用分の基本ポイントが2倍
◆指定「記念月」のショッピング利用分の基本ポイントが2倍(指定しない場合は誕生月)
◆POINT名人.comを経由してWebショップで買物でポイントアップ

カード年間利用額によって、翌1年間、獲得ポイントが優遇される「グルーバルPLUS」という制度もあります。

・100万円以上利用:50%加算
・50万円以上100万円未満利用:20%加算

2022年4月請求付与分より、グローバルPLUSのサービス内容が変更になります。
・カード年間利用額によって翌1年間 ⇒月間のショッピング利用額に応じて当月
・100万円以上利用:50%加算 ⇒10万円以上利用:50%加算
・50万円以上100万円未満利用:20%加算 ⇒3万円以上10万円未満利用:20%加算
公式サイト

「ファイブスターメンバー」という制度もあります。(最短3年で可能)

「ファイブスターメンバー」で前年1年間のショッピング利用金額が50万円以上の場合に限り、年1回プレミアムBONUSを受取ることができます。
・前年のショッピング利用額50万円以上100万円未満→前年の基本ポイントの10%分
・前年のショッピング利用額100万円以上→前年の基本ポイントの20%分

つまり、「ファイブスターメンバー」まで行くと、いろいろ合わせてそこそこの還元率になってきます。

ポイント有効期限

ポイントの有効期限は、獲得月から3年間(36ヵ月間)です。

グローバルポイントの交換

グローバルポイントはキャッシュバックに利用したり、商品に交換できるほか、他ポイントへも移行できます。

キャッシュバック:1ポイント→4円(500ポイント以上1ポイント単位)

 グローバルポイント移行先ポイント
Ponta200ポイント800ポイント
楽天ポイント200ポイント800ポイント
Tポイント200ポイント800ポイント
nanacoポイント200ポイント600ポイント
WAONポイント200ポイント600ポイント
JALマイル200ポイント400マイル
dポイント200ポイント800ポイント
ベルメゾンポイント500ポイント2500ポイント
ビックポイント500ポイント2500ポイント

旅行保険・付帯保険

海外旅行保険

「三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード(旧:MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード)」の海外旅行保険は充実していることで定評があります。

旅行代金をカードで決済している場合と、カードを利用していない場合で、補償内容に差があります。

・1回の旅行の補償期間は日本を出国してから90日間

 本会員本会員の家族家族会員
傷害死亡・後遺障害保険金最高1億円
(自動付帯分最高5000万円)+(カード利用条件最高5000万円)の合計額
最高1000万円最高1億円
(自動付帯分最高5000万円)+(カード利用条件最高5000万円)の合計額
傷害治療費用保険金最高200万円
疾病治療費用保険金最高200万円
賠償責任保険金最高3000万円
携行品損害保険金1旅行中最高50万円
(免責3千円/年間限度額100万円)
救援者費用保険金保険期間中最高200万円

国内旅行保険

「三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード(旧:MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード)」は、国内旅行保険も充実しています。しかも自動付帯です。

 本会員本会員の家族家族会員
死亡・後遺障害最高5000万円最高1000万円最高5000万円
入院保険金5000円/1日
手術保険金5000円×(10~40倍)
通院保険金(日額)2000円/1日

国内・海外渡航便遅延保険

搭乗した航空便の遅延もしくは航空便に預けた手荷物の遅延などにより、負担したホテル等客室使用料や衣料購入費などを補償してもらえる、国内・海外渡航便遅延保険も自動付帯です。

犯罪被害傷害保険

国内外を問わず第三者の故意による加害行為や、ひき逃げによってケガをした場合に、死亡・後遺障害、入院、手術、通院保険金を支払ってもらえる犯罪被害傷害保険が付帯しています。

※保険金の請求には、警察などの公の機関への届出が必要

ショッピング・プロテクション

「三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード(旧:MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード)」にはショッピング保険も付帯します。

国内、海外を問わず「三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード(三菱UFJ・プラチナ・アメックス)」で購入した商品(一部対象外あり)について、破損・盗難などの損害を購入日から90日間、1名年間最高300万円まで補償されます。
※免責金額:1事故につき3000円

「三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード(三菱UFJ・プラチナ・アメックス)」の国際ブランド

「三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード(旧:MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード)」の国際ブランドは、名前の通りアメリカン・エキスプレス(AMEX)です。

「三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード(三菱UFJ・プラチナ・アメックス)」とApple Pay(アップルペイ)

残念ながら、「三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード(旧:MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード)」をApple Payに登録して、ポストペイ型の電子マネーiDやQUICPay(QUICPay+)として利用することはできません。

「三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」とGoogle Pay(グーグルペイ)

Google Pay(グーグル ペイ)での非接触型決済は、2019年5月末から一部のクレジットカードでiD・QUICPayの利用が可能になり、便利になりました。

「三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード(三菱UFJ・プラチナ・アメックス)」はGoogle Pay(グーグル ペイ)に登録はできますが、ポストペイ型の電子マネーiDやQUICPay(QUICPay+)として利用することはできません。(未対応)

「三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」とQRコード決済/スマホ決済

「三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」とPayPay(ペイペイ)

PayPayには、①PayPay残高から支払う方法、②登録したクレジットカードで支払う方法があります。

②に登録できるクレジットカードは、VISAとMastercard、JCBはYahoo! JAPANカードのみとなります。

①のPayPay残高へチャージできるクレジットカードは、本人認証サービス(3Dセキュア)済のYahoo! JAPANカードだけです。

残念ながら、PayPayに「三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード(旧:MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード)」を登録することはできません。

「三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」と楽天ペイ

「三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード(旧:MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード)」は楽天ペイに登録することができます。

「三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」とd払い

 

「d払い」には、①電話料金合算払い、②クレジットカード払い、③dポイント充当、④口座払い、で支払う方法があります。

このうちクレジットカードが利用できるのは①②。

①はドコモユーザーのみになりますが、ほとんどのクレジットカードがOKと考えてよいでしょう。

②に登録できるクレジットカードは、JCB、VISA、Mastercard、アメックスで、利用前に3Dセキュアの登録が必要です。

「三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード(旧:MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード)」は「d払い」で利用できます。

「三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」とauPAY(auペイ)

auPAY(auペイ)で利用できるのは、
auユーザーauユーザー以外も、<クレジットカードからチャージ>で「三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード(旧:MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード)」を利用できます。

QRコード決済/スマホ決済と「三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」についてまとめると

QRコード決済/スマホ決済は、それぞれチャージが必要だったり、登録したクレジットカードからの支払だったり、両方できたりと、コード決済によって違います。

QRコード決済/スマホ決済と「三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード(旧:MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード)」についてまとめると以下のようになります。

 「三菱UFJ・プラチナ・アメックス」を登録「三菱UFJ・プラチナ・アメックス」からチャージ
PayPay(ペイペイ)××
楽天ペイ×
d払い×(クレカ不可)
auPAY(auペイ)
LINE Pay(ラインペイ)×
メルペイ×(クレカ不可)

電子マネーと注意点

edy

「三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード(旧:MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード)」からEdyへのチャージは可能ですが、ポイント付与はありません。

Suica

「三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード(旧:MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード)」はApple Payに登録できません。

「三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード(旧:MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード)」から、Android版モバイルSuicaへのチャージは可能ですが、ポイント付与はありません。

nanaco

「三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード(旧:MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード)」からnanacoへのチャージはできません。

「三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードと電子マネーについてまとめると

 「三菱UFJ・プラチナ・アメックス」
楽天Edy
モバイルSuica
nanaco×
WAON×
PASMO(パスモ)×(オートチャージ)
QUICPay(QUICPay+)
iD

○:チャージ可・ポイント付与あり
△:チャージ可・ポイント付与なし
×:チャージ不可

「三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」のデメリット

「三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード(旧:MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード)」のデメリットは、Apple Payに登録できないこと・電子マネー等へのチャージが弱いことです。チャージはできてもポイントは付与されない、もしくはチャージができないので、その点は残念です。

まとめ

「三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード(旧:MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード)」は上記以外にも、非常に特典が充実しているプラチナカードです。

プラチナカードというとインビテーションが必要なことが多いのですが、「三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード(三菱UFJ・プラチナ・アメックス)」は必要ありません。自ら申し込むことができます。

また、特典の中でも、特にプライオリティパスについては、家族カードと合わせて考えれば格安で利用できるクレジットカードの1つになります。

年会費は22000円ですが、家族カードが1枚目無料なので、2枚で考えると1人あたり11000円。

特典を利用すれば十分に元が取れるおすすめのクレジットカードです。

国際ブランドアメックス
申し込み資格20歳以上でご本人に安定した収入のある方(学生を除く)
ポイント1000円につき 1 グローバルポイント
有効期限ポイント獲得月より36ヶ月
年会費22000円(税込)
家族カード1枚目無料、2枚目以降3300円(税込)
ETCカード新規発行手数料・年会費無料
海外旅行傷害保険最高1億円(利用付帯)※自動付帯は最高5000万円
国内旅行傷害保険最高5000万円(自動付帯)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする