「セブンカード・プラス」メリット,デメリット,年会費,nanacoオートチャージ等まとめ【2020年9月最新版】

「セブンカード・プラス」ってどんなカード?特典は?nanacoオートチャージは?

今回の記事では、「セブンカード・プラス」はどんなクレジットカードなのか、特典・メリット、デメリット、年会費、Apple Pay(アップルペイ)、Google Pay(グーグルペイ)、iD、QUICPay(クイックペイ)、nanaco(ナナコ)チャージ等まとめました。

【2020年9月最新版】

スポンサーリンク

「セブンカード・プラス」はどんなクレジットカード?

「セブンカード・プラス」がどんなクレジットカードなのか、メリットや特典を含めた特徴をリストにすると、

・年会費無料
・家族カードも年会費無料
・ETCカード年会費無料
・nanacoチャージでポイントが貯まる&オートチャージも可能(0.5%)
・7&iグループなどでポイントアップ
・還元率0.5%~
・貯まるポイントはnanacoポイント
・ポイント有効期限はポイント獲得年度の翌年度末
・nanaco一体型と紐付型がある・JCBならディズニーデザインも選択可能
・セブン旅デスク利用で最大5%オフ
・旅行傷害保険付帯なし
・ショッピングガード保険年額最高100万円(海外利用)
・国際ブランドはJCB/VISA
・Apple Payに登録可能(クイックペイとして利用)
・PayPay・楽天ペイ、d払いに登録可能(国際ブランドによる)
・モバイルSuica、モバイルPASMOにチャージ可能
・nanacoカードに設定してクイックペイとして利用可能

「セブンカード・プラス」は年会費無料、nanacoオートチャージに利用可能な数少ないクレジットカードです。

「セブンカード・プラス」の特典・メリット

クレジットカードのメリットはどんな特典がついていてお得かということ。まずは特典についてです。

年会費無料

年会費は無料です。

(2020年1月10日(金)支払い分より年会費は無料になります。初年度無料なので、今から入会すれば年会費は無料です。)

家族カードは年会費無料です。

ETCカード

ETCカードは年会費無料、発行手数料無料です。

通常の「JCB/Visa加盟店での買い物」と同様に「200円(税込)ごとに1ポイント」のnanacoポイントがたまります。

nanacoチャージでポイントが貯まる&オートチャージも可能

「セブンカード・プラス」からnanacoへチャージすると、200円につき1 nanacoポイントが貯まります。(0.5%還元率)

また、数少ないnanacoへオートチャージできるクレジットカードです。

オートチャージでも200円につき1 nanacoポイントが貯まります。(0.5%還元率)

「オートチャージ」とは、セブンイレブンまたはイトーヨーカドーのレジでお買い物の際に、お支払い後の残高が設定金額未満の場合に自動的にクレジットカードからチャージ(入金)するサービスです。

オートチャージの設定金額

オートチャージを 実行するnanaco残高1,000円~10,000円 (1,000円単位) 15,000円 20,000円
オートチャージ金額5,000円~10,000円 (1,000円単位) 15,000円 20,000円 25,000円 30,000円

「セブンカード・プラス」nanaco一体型ならカード入会時にオートチャージの設定を申し込むことが可能です。
※入会時はオートチャージを実行する残高は1,000円、オートチャージ金額は5,000円に設定になっています。
2020年3月12日より、他のクレジットカードはnanacoへの新規登録(紐付け)ができなくなりました。また、セブンカードの新規発行も終了し、nanacoと組み合わせて使えるクレジットカードは、実質セブンカードプラスの一強状態となっています。
※セブンカードプラス ゴールドは一般募集をしていません。

7&iグループなどでポイントアップ!

2019年7月1日~変更になっています。

★クレジット払いの場合

 セブンカード・プラスセブンカード
セブンイレブン200円(税込)ごとに2 nanacoポイント200円(税込)ごとに2 ポイント
イトーヨーカドー200円(税込)ごとに1 ショップポイント + 200円(税込)ごとに1 クレジットポイント
ヨークマート
デニーズ200円(税込)ごとに2 ポイント

その他、Ario、7netショッピング、ビックカメラ、ENEOS等でも、200円(税込)ごとに2 nanacoポイント等ポイントアップします。

また、イトーヨーカドー ネットスーパーでの場合は
nanaco番号を登録して買い物(200円(税抜)ごとに1 nanacoポイント)

クレジット払い(200円(税込)ごとに1 nanacoポイント)
になります。

★カード提示の現金払いの場合

 セブンカード・プラスセブンカード
イトーヨーカドー
ヨークマート
200円(税込)ごとに1 nanacoポイント200円(税込)ごとに2 ポイント

★nanaco払いの場合

セブンイレブン
イトーヨーカドー
ヨークベニマル
ヨークマート
SEIBU・SOGO
デニーズ
アカチャンホンポ
LOFT
200円(税抜)ごとに1 nanacoポイント

★QUICPay(nanaco)払いの場合

 セブンカード・プラスセブンカード
セブンイレブン200円(税抜)ごとに1 nanacoポイント + 
200円(税込)ごとに1 nanacoポイント
200円(税抜)ごとに1 nanacoポイント + 
200円(税込)ごとに1 ポイント

セブンマイルプログラムでプラスも

2019年9月1日~サービス内容が一部変更になっています。

※200円(税抜)ごとに1マイルがたまるサービスは予定通り開始いたします。
※特典への交換開始時期についてはあらためてご案内いたします。
公式サイト)より引用

アプリをダウンロードしてレジでバーコードを見せれば、上記の店舗では、200円(税抜)ごとに1マイル(=1円相当)貯まります。

なので、セブンイレブン等では「セブンカード・プラス」+バーコート提示で、合わせて1.5%還元率になります。

8のつく日はイトーヨーカドーで5%オフ

毎月8日、18日、28日はイトーヨーカドー「ハッピーデー」でほとんどが5%オフで購入できます。

※ザ・プライス各店、ネットスーパー、ネット通販は対象外

還元率0.5%~

「セブンカード・プラス」のクレジット支払いで200円(税込)ごとに1nanacoポイントが貯まります。

1nanacoポイント=1円相当なので0.5%還元率になります。

還元率0.5%~

7&iグループなどで利用するとさらにポイントアップします。

貯まるポイントはnanacoポイント

「セブンカード・プラス」を利用して貯まるポイントはnanacoポイントです。

1nanacoポイント=電子マネー1円分に交換・チャージすることが可能です。

その他の使い道については下記の記事で紹介しています。

nanacoポイントの有効期限

nanacoポイントの有効期限は、ポイント獲得年度の翌年度末です。(当年4月から翌年3月までに加算されたポイントは、翌々年3月末が有効期限)

nanaco一体型と紐付型がある・JCBならディズニーデザインも選択可能!

「セブンカード・プラス」には、nanaco一体型とnanaco紐付型があります。またJCBブランドならディズニーデザインもあります。

・「セブンカード・プラス(一般デザイン)」nanaco紐付型(JCBブランド)
・「セブンカード・プラス(一般デザイン)」nanaco一体型(JCBブランド)
・「セブンカード・プラス(一般デザイン)」nanaco紐付型(VISAブランド)
・「セブンカード・プラス(一般デザイン)」nanaco一体型(VISAブランド)
・「セブンカード・プラス(ディズニーデザイン)」nanaco紐付型(JCBブランド)
・「セブンカード・プラス(ディズニーデザイン)」nanaco一体型(JCBブランド)

6パターンからどれかを選択することになります。

セブン旅デスク利用で最大5%オフ

セブン旅デスクから申し込むと、ANAスカイホリデー・ANAハローツアー、JALパック、赤い風船(日本旅行)等が5%オフ・3%オフになります。

保険

海外旅行保険

海外旅行傷害保険は付帯されていません。

国内旅行保険

国内旅行傷害保険は付帯されていません。

ショッピングガード保険

「セブンカード・プラス」で海外で購入した品物の破損・盗難が発生した場合、購入日から90日間補償されます。(対象外あり)

年間最高100万円を補償。自己負担額1回の事故につき10000円。

「セブンカード・プラス」の国際ブランド

「セブンカード・プラス」の国際ブランドはJCB、VISAになります。

Apple Payと「セブンカード・プラス」の相性は?

「セブンカード・プラス」をApple Payに登録すると、ポストペイ型の電子マネーQUICPay(QUICPay+)として利用することができます。

→「セブンカード」でApple Pay(公式)

QUICPayに対応した店舗での会計時に、店員さんに「QUICPayで」と伝えて読み取り機にiPhoneをかざすだけで支払いができます。

Google Payと「セブンカード・プラス」の相性は?

Google Pay(グーグル ペイ)での非接触型決済は、2019年5月末から一部のクレジットカードでiD・QUICPayの利用が可能になり、便利になりました。

「セブンカード・プラス」はGoogle Pay(グーグル ペイ)に登録はできますが、ポストペイ型の電子マネーQUICPay(QUICPay+)として利用することはできません。

QRコード決済と「セブンカード・プラス」

QRコード決済/スマホ決済は、それぞれチャージが必要だったり、登録したクレジットカードからの支払だったり、両方できたりと、コード決済によって違います。

PayPay(ペイペイ)、楽天ペイ、d払い、LINE Pay(ラインペイ)、メルペイと「セブンカード・プラス」についてまとめると以下のようになります。

 「セブンカード・プラス」を登録「セブンカード・プラス」からチャージ
ペイペイVISAのみ×
楽天ペイ登録可×
d払い登録可×(クレカ不可)
LINE Pay×
メルペイ×(クレカ不可)

電子マネー(Suica、nanaco、クイックペイ)

Suica

「セブンカード・プラス」は、iPhone版モバイルSuicaへのチャージが可能です。ポイントは付与されません。

※iPhoneでのSuica利用時に年会費はかかりません。

「セブンカード・プラス」から、Android版モバイルSuicaへのチャージも可能です。ポイントは付与されません。

⇒JR東日本のモバイルSuicaアプリは年会費は2020年2月26日より無料になりました。

nanaco

「セブンカード・プラス」はnanacoへのチャージに使え、ポイントも貯まります。(0.5%還元率)

オートチャージも利用できます。

QUICPay/iD

Apple Payへの登録により、「セブンカード・プラス」はQUICPay(QUICPay+)として利用できるようになります。

「セブンカード・プラス」の場合、nanaco一体型に搭載のnanacoではQUICPay(nanaco)は利用できませんが、手持ちのnanacoカードをクイックペイとして利用することが可能です。

「セブンカード・プラス」と電子マネーについてまとめると

 「セブンカード・プラス」
モバイルSuica
nanaco
WAON×
PASMO(パスモ)オートチャージ:不可
モバイルPASMO:可
QUICPay(QUICPay+)ApplePayで利用可、nanacoカードに追加可
iD

○:チャージ可・ポイント付与あり
△:チャージ可・ポイント付与なし
×:チャージ不可

「セブンカード・プラス」のデメリット

「セブンカード・プラス」の残念な点は、旅行保険が付帯しないことです。利用付帯もないので、この点は残念です。

通常還元率0.5%とあまり高くはありません。

まとめ

「セブンカード・プラス」は0.5%還元率のクレジットカードです。nanacoチャージでもポイント付与され、オートチャージも利用できます。

nanacoチャージ用に新規で登録できる数少ないクレジットカードです。

「セブンカード・プラス」はnanaco(ナナコ)チャージ用に人気のクレジットカードです。

国際ブランドJCB、VISA
カード発行会社㈱セブンカードサービス
申し込み資格原則として18歳以上で、ご本人または配偶者に継続して安定した収入がある方18歳以上で学生の方
年会費無料
締め日・引き落とし日15日締め翌月10日払い
ポイント付与200円(税込)につき1 nanacoポイント(0.5%還元率)
貯まるポイントnanacoポイント
ポイントの有効期限当年4月1日から翌年3月末までに加算されたnanacoポイントは、翌々年の3月末まで
ETCカード年会費無料・発行手数料無料
家族カード無料
海外旅行傷害保険
国内旅行傷害保険

スポンサーリンク

シェアする

フォローする