「楽天ペイ」はチャージ不要で利用可能!チャージ以外の支払い方法についておさらい【2020年9月最新版】

「楽天ペイ」はチャージいらずで利用できる?どうやってチャージ不要で使うのか知りたい。

ネットショッピング大手の楽天が運営するQRコード決済の1つ「楽天ペイ」。

QRコード決済のチャージについては、必要だったりチャージ不要だったり、それぞれの仕様によって異なります。

今回の記事では、「楽天ペイ」をチャージ不要で利用する方法についてまとめました。

【2020年9月最新版】

スポンサーリンク

 


「楽天ペイ」はチャージ不要で利用可能

「楽天ペイ」で支払う方法をおさらいすると、

<楽天ペイの支払い方法>
クレジットカード払い(クレジットカード・デビットカードから)
②チャージ払い(楽天キャッシュから)
※ポイント払い(楽天ポイントから)

つまり、①クレジットカード払い(クレジットカード・デビットカードから)を利用する=「クレジットカード・デビットカードを楽天ペイに登録する」と、紐付けしたカードで支払いができ、チャージすることなく利用できることになります。

チャージ不要で実にかんたんな方法です。

「楽天ペイ」に登録できるクレジットカード・デビットカード

登録できるクレジットカードは、楽天カードならすべて可能、その他のカードは国内で発行されたVisa、Mastercard、JCB、アメックスになります。(デビットカードも可)

表にすると以下の通り。

 楽天ペイ登録可否
JCB
VISA
Mastercard(マスターカード)
AMEX(アメックス)
ダイナース×

Visa、Mastercard、JCB、アメックスのカードを登録すれば、チャージ不要で「楽天ペイ」が利用できるようになります。

※ただし、支払い元に楽天カード以外のJCB、アメックスを設定している場合、一部の店舗で利用できないことがあります。

※2020年7月29日よりJCB、アメックスも登録できるようになりました。

「楽天ペイ」にクレジットカードを登録する方法

①ホーム画面の「お支払い元」表示エリアをタップ
②新しいカードを登録を選択し、楽天会員ページよりクレジットカードを登録
③楽天会員ログインページにログイン後、会員情報ページでクレジットカードの登録
④登録したクレジットカードを選択し、「設定する」を押して設定完了

②既に楽天会員上に登録されているクレジットカードで且つ、「設定可能なカード」の場合は自動的にカードが登録されています。

※既に「楽天カード」を利用している場合などは、かんたんに設定できます。

「楽天ペイ」にクレジットカードを登録できない場合の原因は?

「楽天ペイ」にクレジットカードを登録してもエラーになる場合があります。

「楽天ペイ」にカードを登録できない場合は、以下の理由が考えられます。
・本人認証サービス(3Dセキュア)に対応していないカード
・海外のカード会社が発行したカード
・本人名義以外のカード
・有効期限切れ、利用停止なでの無効なカード

もし手持ちのクレジットカードが登録できないとしたら原因は、
・上記いずれか
もしくは
・本人認証対応のクレジットカードだが、まだ登録が済んでいない
と思われます。

「楽天ペイ」に登録できるクレジットカードでおすすめは「楽天カード」

おすすめのクレジットカードはまずは「楽天カード」になります。チャージでポイント付与が点は魅力的です。

「楽天カード」

年会費無料
追加カードETCカード、家族カード
還元率1%~
ポイント楽天スーパーポイント
付帯保険海外旅行保険(自動付帯)
Apple Pay・Google PayApple Pay:登録してQUICPay(QUICPay+)として利用可能
Google Pay:アメックスブランド以外は登録してQUICPay(QUICPay+)として利用可能
楽天カード新規入会キャンペーン

「楽天ペイ」は支払い時にもらえるポイントが200円につき1ポイント(0.5%還元率)あった時期もありましたが、現在は楽天カード以外のカードを登録して利用してもポイント付与はありません。

まとめ

「楽天ペイ」をチャージ不要で利用する方法=クレジットカード・デビットカードを登録する方法です。

登録できるクレジットカードは、楽天カードならすべてOK、その他のカードは国内で発行されたVisa、Mastercard、JCB、アメックス(デビットカードも可)です。(本人認証サービス(3Dセキュア)に対応している必要あり)

そんなに難しいことはないので、チャージ不要で手間いらずに「楽天ペイ」を活用しましょう。

スポンサーリンク

 


 


シェアする

フォローする