「アマゾンマスターカード」スマホ決済(ペイペイ/楽天ペイ/d払い/auペイ等)でお得は?【2021年最新版】

「Amazon Mastercard(アマゾンマスターカード)」×スマホ決済/QRコード決済、還元率で一番お得なのは何?おすすめは?

アマゾンマスターカード クラシック(Amazon Mastercardクラシック)」等「Amazon Mastercard(アマゾンマスターカード)」は、Amazonユーザーに大人気のクレジットカード。

主なキャッシュレス決済で何が使えるのか、還元率はどのくらいになるのか、「Amazon Mastercard(アマゾンマスターカード)」×主なスマホ決済/QRコード決済(PayPay(ペイペイ)・楽天ペイ・d払い・au PAY(auペイ)・LINE Pay(ラインペイ)・メルペイ)について比較・確認してみました。

【2021年最新版】

スポンサーリンク

「Amazon Mastercard(アマゾンマスターカード)」はスマホ決済/QRコード決済(PayPay(ペイペイ)・楽天ペイ・d払い・au PAY(auペイ)・LINE Pay(ラインペイ)・メルペイ)で何が使える?

まずは「Amazon Mastercard(アマゾンマスターカード)」で使えるスマホ決済/QRコード決済(PayPay(ペイペイ)・楽天ペイ・d払い・au PAY(auペイ)・LINE Pay(ラインペイ)・メルペイ)について確認です。

「Amazon Mastercard(アマゾンマスターカード)」の国際ブランドはMastercardなので、表にまとめると以下のようになります。

 使える・使えない
PayPay(ペイペイ)
楽天ペイ
d払い
auPAY(auペイ)
LINE Pay(ラインペイ)×
メルペイ×

また、「Amazon Mastercard(アマゾンマスターカード)」はクレジットカードとして利用した場合、基本的に1%~還元率です。

「Amazon Mastercard(アマゾンマスターカード)」×「PayPay(ペイペイ)」の還元率

「PayPay(ペイペイ)」の基本還元率は2020年4月~、以下になっています。

<PayPayステップ(ペイペイステップ)>

・PayPay残高またはヤフーカードで支払った場合の、基本となる付与率が0.5%(ヤフージャパンの対象サービスは1%)
・前月に100円以上の決済回数が50回以上あった場合、付与率が0.5%アップし1%(または1.5%)
・前月の決済金額が10万円以上だった場合は、付与率がさらに0.5%アップし、最大1.5%(または2%)

ポイントアップのハードルはかなり高いので、通常は0.5%還元率というところでしょう。

一方、「Amazon Mastercard(アマゾンマスターカード)」を「PayPay(ペイペイ)」に登録して支払いすると、PayPay側ではポイント付与なしですが、クレジットカード側で1%還元率です。

※ただし、PayPay(ペイペイ)のキャンペーンは、ヤフーカード以外のクレジットカードは対象外になることがほとんどです。

「Amazon Mastercard(アマゾンマスターカード)」×「楽天ペイ」の還元率

「楽天ペイ」は2020年7月~キャンペーンを実施しています。

が、「Amazon Mastercard(アマゾンマスターカード)」を「楽天ペイ」に紐付けしても還元はありません。

「Amazon Mastercard(アマゾンマスターカード)」を「楽天ペイ」に登録して支払いすると、楽天ペイ側ではポイント付与なしですが、クレジットカード側で1%還元率です。

「Amazon Mastercard(アマゾンマスターカード)」×「d払い」の還元率

「d払い」で支払った時にもらえるdポイントは以下のようになっています。

◆リアル店舗での支払い:200円(税込)につき1ポイント(0.5%還元率)
◆ネットでの支払い:100円(税込)につき1ポイント(1%還元率)

「Amazon Mastercard(アマゾンマスターカード)」を「d払い」に登録して支払いすると、d払い側でポイント付与0.5~1%クレジットカード側で1%還元率で、合計1.5%~2%還元率が可能になります。

※ただし、d払いのキャンペーンは、dカード以外のクレジットカードは対象外になることがほとんどです。

「Amazon Mastercard(アマゾンマスターカード)」×「au PAY(auペイ)」の還元率

「au PAY(auペイ)」で支払った時にもらえるポイントは以下のようになっています。

通常
◆200円(税込)につき1ポイント(0.5%還元率)
ポイントアップ店」の場合200円ごとに1ポイント~増量
◆200円(税込)につき1ポイント+1ポイント~(0.5+0.5~=1%~還元率)

一方、「Amazon Mastercard(アマゾンマスターカード)」を登録して、カードから「au PAY(auペイ)」にチャージは可能です。

「Amazon Mastercard(アマゾンマスターカード)」で「au PAY(auペイ)」にチャージして支払いすると、au PAY側でポイント付与0.5%クレジットカード側で1%還元率で、合計1.5%還元率が可能になります。

「Amazon Mastercard(アマゾンマスターカード)」×「LINE Pay(ラインペイ)」の還元率

LINE Pay(ラインペイ)でクレジットカードが利用できるのは、「VISA LINE Payクレジットカード」等対象クレジットカードによる「チャージ&ペイ」のみです。

残念ながら、「LINE Pay(ラインペイ)」で「Amazon Mastercard(アマゾンマスターカード)」は使えません。

「Amazon Mastercard(アマゾンマスターカード)」×「メルペイ」の還元率

残念ながら、メルペイは、クレジットカードからチャージしたり、クレジットカードを紐づけするようなの仕様にはなっていません。

なので、「メルペイ」で「Amazon Mastercard(アマゾンマスターカード)」は使えません。

「Amazon Mastercard(アマゾンマスターカード)」×スマホ決済/QRコード決済の還元率・比較結果をまとめると

「Amazon Mastercard(アマゾンマスターカード)」と主なスマホ決済/QRコード決済(PayPay(ペイペイ)・楽天ペイ・d払い・au PAY(auペイ)・LINE Pay(ラインペイ)・メルペイ)の還元率をまとめると、以下のようになります。

 基本還元アマゾンマスターカード還元合計
PayPay(ペイペイ)対象外1%1%
楽天ペイ対象外1%1%
d払い0.5%1%1.5%
au PAY(auペイ)0.5%1%1.5%
LINE Pay(ラインペイ)0.5%(チャージ&ペイ)不可0.5%(チャージ&ペイ)
メルペイなし不可なし

※d払いは街のお店での支払い

「Amazon Mastercard(アマゾンマスターカード)」はクレジットカードとして利用した場合、基本的に1%~還元率です。

クレジットカードで直接支払いする場合も含めて、「Amazon Mastercard(アマゾンマスターカード)」が利用できるスマホ決済・LINE Pay(ラインペイ)・メルペイを比較すると・・・

「Amazon Mastercard(アマゾンマスターカード)」しかクレジットカードを持っていないと考えた場合は、
d払い・au PAY(auペイ)が1.5%還元率
という結果になりました。

注意点・ポイント付与対象外の取引もある

「Amazon Mastercard(アマゾンマスターカード)」は1%~還元率ですが、そもそもポイント付与対象外の取引もあります。

ポイント対象外:キャッシングご利用分、リボ・分割払い手数料、年会費、一部保険料、国民年金保険料、 Edyチャージ・JRモバイルSuica・JR西日本スマートICOCA・WAONチャージ・nanacoクレジットチャージなどの特定の加盟店でのご利用はポイント計算の対象となりません。
 →公式サイトより引用

今のところ、PayPay(ペイペイ)・楽天ペイ・d払い・au PAY残高チャージ関連の支払いはポイント付与対象外になっていないようですが、変更になる場合もありますので、その点は注意しておきましょう。

まとめ

結論として、「Amazon Mastercard(アマゾンマスターカード)」×スマホ決済/QRコード決済は、「d払い」、「au PAY(auペイ)」がお得です!

好みで使いやすいものを利用しましょう。

※キャンペーンについては、特定のクレジットカードの方が有利なことが多いので、その点は要注意です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする