Android版モバイルPASMOの注意点~ モバイルSuicaとの共存,オートチャージ,移行~

2020年3月18日、いよいよモバイルPASMOのサービスが開始されました。新サイトを除いてみると注意点がいくつかあるようなので、改めてまとめてみました。

モバイルPASMOはこれまでのPASMOカードと比較して使いやすく、用途が広がることが予想されます。新サービススムーズに利用できるようにするためにも、詳細情報にはきちんと目を通しておくことが重要です。

スポンサーリンク

モバイルSuicaとの共存はほぼできない

モバイルSuicaとバッティングすると、起動時に下記のような画面が表示されます。

公式サイトによれば、モバイルSuicaと共存できるAndroid端末は下記の通り。

【au】

SOG01(Xperia 1 Ⅱ)
SOV43(Xpera 10 Ⅱ)
SOV42(Xperia 8)
SOV41(Xperia 5)
SOV40(Xperia 1)
SHG01 (AQUOS R 5G)

【Docomo】

SO-51A(Xperia 1 Ⅱ)
SO-41A(Xpera 10 Ⅱ)
SO-01M(Xperia 5)
SO-03L(Xperia 1)
SH-51A(AQUOS R 5G)

【Softbank/Y!mobile】

A001SO(Xperia 10 Ⅱ)
902SO(Xperia 8)(Y!mobile)
901SO(Xperia 5)
802SO(Xperia 1)
908SH(AQUOS R 5G)
Android One S6(Y!mobile)
Pixel 4
Pixel 4 XL

【その他】

SOV42(Xperia 8)(UQ)
SH-RM14 (AQUOS R 5G)
Pixel 4
Pixel 4 XL

まだまだ対応機種は少ない現状です。モバイルSuicaを削除しない限り使えないことが多そうです。

対応機種一覧(PDF)

モバイルPASMOはクレカによる都度チャージが可能

PASMOカードはオートチャージに対応しているクレジットカードでなければ都度(つど)チャージはできませんが、モバイルPASMOはオートチャージに対応していないクレジットカードであっても、クレジットチャージは可能です。

モバイルPASMOアプリの会員情報に登録可能なカードブランドは、以下の通りです。
・ Visa
・ Mastercard
・ JCB
・ American Express
公式サイトより引用)

ただし、チャージによるポイント付与のあるなしという点では、オートチャージに対応したクレジットカードのほうがお得です。

なお、本人認証(3Dセキュア認証)に対応したクレジットカードでなければ登録できません。

モバイルPASMOのクレジットカードによる都度チャージの方法

まずクレジットカードを登録しておきます。
◆アカウント設定→クレジットカード情報→必要情報入力

※本人認証(3Dセキュア認証)に対応したクレジットカードでなければ登録不可
※クレジットカードは2枚まで登録可能

チャージする場合は、
◆PASMOアプリ起動
入金(チャージ)をタップ
金額変更をタップ
→希望の金額を選択
→登録してある任意のクレジットカードを選択
→金額を確認し入金(チャージ)をタップ
→チャージした金額が反映

一体型クレカはモバイルPASMOのオートチャージ不可

公式サイトによると、モバイルPASMOでオートチャージサービスの申し込みをする際に、一体型PASMOのクレジット機能は利用できない、とのことです。

PASMOのオートチャージはPASMO1枚に対してクレジットカード1枚が紐付けられる、つまり1対1の関係、ということですね。これは多くの人が予想できていたことだと思います。

モバイルPASMOのオートチャージに使えない、PASMO一体型のクレジットカードには次のようなものがあります。

  • 京王パスポートPASMOカード VISA
  • TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO
  • ANA TOKYU POINT ClubQ PASMOマスターカード
  • 東京スカイツリーⓇ東武カードPASMO
  • ANA To Me CARD PASMO JCB (ソラチカカード)
  • To Me CARD Prime PASMO
  • To Me CARD PASMO ゴールド

上記のカードは付帯したPASMOとの紐付けがすでにあるため、モバイルPASMOへのチャージに利用することはできません。

オートチャージが可能なクレカのラインナップ

PASMO オートチャージ サービスの対象になりうるクレジットカードのラインナップがこちら。

  • 小田急ポイントクレジットカード
  • 京王パスポートカード
  • 京急プレミアポイント ゴールド/シルバー
  • 京成カード
  • SEIBU PRINCE CLUBカード セゾン
  • 相鉄カード
  • 東急カード(TOKYU CARD ClubQ JMB など)
  • 東武カード
  • Tokyo Metro To Me CARD
  • 横浜交通hama-eco card

PASMOにオートチャージできるクレジットカードのポイント還元率は次の通りです。ただし、その全てがモバイルPASMOの際にも適用されるのかは不明です。(2020年3月時点)

カードチャージ還元率オートチャージ
TOKYU CARD ClubQ JMB1.0%
小田急OPクレジットカード0.5%
京急プレミアポイント ゴールド/シルバー0.5%
SEIBU PRINCE CLUBカード セゾン0.5%
Tokyo Metro To Me CARD0.5%
京王パスポートPASMOカードVISA0.5%
京成カード0.5%
相鉄カード0.5%
東武カード0.5%
横浜交通hama-eco card0.5%

PASMOとクレジットカードの関係については以下の記事で詳しく紹介しています。

オートチャージが利用可能になるには3週間かかる

オートチャージサービスへの申し込みはモバイルPASMOアプリ内で行います。申込みから約3週間で審査結果がメールで通知され、その後オートチャージ設定を実行することでオートチャージが可能になります。

申し込んですぐに使えるわけではないので注意しましょう。

すでにオートチャージに利用しているカードは登録できない

前述したように、PASMOのオートチャージはPASMOとクレカが1対1の関係なので、すでにPASMOカードのオートチャージに使われているクレジットカードはモバイルPASMOのオートチャージには設定できません。

PASMOカードとの紐付けを解約してから改めてモバイルPASMOとの紐付けを申し込む必要があります。

通学用定期券購入には通学証明書を郵送

モバイルPASMOであっても、通学定期券を購入するには通学証明書を郵送する必要がありるようです。

既存の定期券は移行できない ⇒改正

現在使っているPASMO定期券をモバイルPASMOに移行することはできません。既存のPASMOカード(記名・オートチャージ・定期券)は全般に移行できないようです。

新規に通勤・通学用の定期券を購入するならば、モバイルPASMOでも問題なく行えます。

追記:
2020年8月28日より、PASMOカードのモバイルPASMOへの移行が可能になりました。定期券の更新時期まで待たなくても、モバイルPASMOに乗り換えられるようになったのはうれしいことですね。

おわりに

モバイルPASMOは、最初のうちはいろいろと問題点が出てくるのではないかと思われます。

特にモバイルSuicaとの共存は難しいことが懸念されていたので、大方の予想通りほとんどの人は共存できないようで、SNSでも不満の声が挙がっています。

共存に関してはFeliCaチップの容量の問題なので今後どうなるわけでもないと思いますが、モバイルPASMOの爆発的な普及は難しいかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする