モバイルPASMO(パスモ)チャージに「エポスカード」は利用できる?【2022年最新版】

モバイルPASMOチャージに「エポスカード」は使える?使えない?

PASMOは首都圏を中心に運行している鉄道・バスなどで利用できる便利な交通系電子マネーです。利用するにはモバイルPASMO、PASMOカードあるいはPASMO一体型のクレジットカードが必要です。

今回の記事では「PASMOチャージ」に「エポスカード」を利用できるか、できないか等についてまとめました。

【2022年最新版】

スポンサーリンク

「エポスカード」はモバイルPASMOチャージに使える・パスモオートチャージには利用できない

結論から言えば、「エポスカード」は、モバイルPASMOの都度チャージに利用できます

モバイルPASMOアプリの会員情報に登録可能なカードブランドは、以下の通りです。
・ Visa
・ Mastercard
・ JCB
・ American Express
公式サイトより引用)

ただし、「エポスカード」はパスモオートチャージに利用できません。オートチャージ不可です。

PASMOのオートチャージサービスに登録できるクレジットカードは、主に交通事業者系のクレジットカードです。

PASMOのチャージ方法

PASMOはプリペイド式の電子マネーなので事前にチャージが必要です。

PASMOのチャージ(入金)方法はいくつかあります。

モバイルPASMOならクレジットカードによる都度チャージが可能

モバイルPASMOなら、クレジットカードからの都度チャージができます。

まずクレジットカードを登録しておきます。
◆アカウント設定→クレジットカード情報→必要情報入力

※本人認証(3Dセキュア認証)に対応したクレジットカードでなければ登録不可
※クレジットカードは2枚まで登録可能

チャージする場合は、
◆PASMOアプリ起動
入金(チャージ)をタップ
金額変更をタップ
→希望の金額を選択
→登録してある任意のクレジットカードを選択
→金額を確認し入金(チャージ)をタップ
→チャージした金額が反映

ポイント還元率については下記に記事でまとめています。

駅やバス営業所、コンビニ等で現金チャージ(入金)

駅の自動券売機やバス営業所、バス内の精算機、店舗のレジなどで、PASMOカードへ現金でチャージする方法があります。

駅:券売機・チャージ機
バス:運賃機でチャージ
コンビニ等のお店でチャージ:カードリーダー

オートチャージサービス

事前にクレジットカードを登録することで自動的にチャージするサービス(オートチャージサービス)を利用することができます。

オートチャージサービスは、PASMOを改札機にタッチするだけで、自動的にチャージするサービスです。

オートチャージはPASMOエリア、首都圏・仙台・新潟の各Suicaエリアでの改札機入出場時に行われます。

紐付けするクレジットカードが必要になります。

PASMOオートチャージサービス利用限度額:1日あたり10000円、1ヶ月あたり50000円
※クイックチャージの利用額との累計
PASMOオートチャージサービスの有効期限:利用しているクレジットカードの有効期限と原則同一

「エポスカード」は、残念ながらオートチャージに利用するクレジットカードとして紐付けすることができません。

まとめ

PASMOはSuicaと同様にいろいろな場所で利用でき、便利な交通系電子マネーです。

「エポスカード」はモバイルPASMOの都度チャージには利用可能ですが、残念ながらPASMOオートチャージに利用できません。

「エポスカード」のその他のQRコード決済/スマホ決済について登録できるか登録できないか、電子マネーについて等は、下記の記事で紹介しています。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする