「マツモトキヨシ」でQUICPay(クイックペイ)は支払いに使える?Apple Payは?【2020年12月最新版】

「マツモトキヨシ」でQUICPay(クイックペイ)/QUICPay+(クイックペイプラス)は支払いに使えるのか使えないのか知りたい!

今回の記事では、「マツモトキヨシ」でQUICPay(クイックペイ)/QUICPay+(クイックペイプラス)を支払いに使えるのか、Apple Pay(アップルペイ)やGoogle Pay(グーグルペイ)のQUICPay等についてまとめました。

【2020年12月最新版】

スポンサーリンク

 


「マツモトキヨシ」でQUICPay(クイックペイ)/QUICPay+(クイックペイプラス)は使える

結論から言えば、「マツモトキヨシ」でQUICPay(クイックペイ)/QUICPay+(クイックペイプラス)は利用可能です。

その他の電子マネーも、nanaco(ナナコ)、WAON(ワオン)以外のものはほとんど使えます。

「マツモトキヨシ」でQUICPay(クイックペイ)/QUICPay+(クイックペイプラス)を利用するときは、以下のいずれかでの決済になります。

・iPhoneの場合:Apple Pay(アップルペイ)・QUICPay/QUICPay+
・Androidの場合:Google Pay(グーグルペイ)・QUICPay/QUICPay+
・Androidの場合:QUICPayモバイル
・カード型・コイン型

「マツキヨ」では他のキャッシュレス決済も利用できる!お得なものを選択しよう

「マツモトキヨシ」では、他のキャッシュレス決済方法もいろいろあります。

キャッシュレスの種類使える・使えない
クレジットカード○(使える)
PayPay(ペイペイ)○(使える)
楽天ペイ×(使えない)
LINE Pay(ラインペイ)○(使える)
メルペイ○(使える)
d払い○(使える)
au PAY(auペイ)○(使える)
交通系電子マネー(SuicaPASMO・ICOCA等)○(使える)
電子マネー・楽天Edy○(使える)
電子マネー・nanaco(ナナコ)×(使えない)
電子マネー・WAON(ワオン)×(使えない)
QUICPay(QUICPay+)※Apple Pay・Google Pay含む○(使える)
iD※Apple Pay・Google Pay含む○(使える)

※○(使える)でも一部利用できない店舗があります。
※よく利用されると思われる決済方法だけピックアップしています。

かなりのクレジットカード・QRコード決済・電子マネーの利用が可能です。

「マツモトキヨシ」お得になる方法いろいろ

「マツモトキヨシ公式アプリ」でクーポンゲット!?

「マツモトキヨシ」を利用する場合、スマホ向けの「マツモトキヨシ公式アプリ」を利用して最大20%OFF等のお得なクーポンゲットにチャレンジします。

マツモトキヨシ公式

マツモトキヨシ公式
開発元:株式会社マツモトキヨシホールディングス
無料
posted withアプリーチ

「マツキヨポイントカード」がお得!

アプリがなくても「マツキヨポイントカード」を持って会員登録をしていれば、ポイントが貯まります。

レジで支払いをしたときに、レシートと一緒にクーポンをもらえることもあります。

「マツキヨポイントカード」を提示すると、100円(税抜)ごとに1ポイントもらえます。貯めたマツキヨポイントは、マツキヨでの買い物時に支払いに使うことができます。(200ポイント=200円~)

マツキヨポイントは、当月の買物合計金額に応じて、翌月・翌年度のポイント率がアップするポイント制度です。使えば使うほどお得です。

 スペシャルステージロイヤルステージ
100円=1ポイント翌月・翌年度
100円=2ポイント
翌月・翌年度
100円=3ポイント
・当月買上金額1万円以上
・年間買上金額10万円以上
・当月買上金額2万円以上
・年間買上金額20万円以上

マツキヨポイントには、通常ポイントと期間限定ポイントがあります。

有効期限:
通常ポイント・・・最大2年間(3月31日までの買物で付与された現金ポイントは、翌年4月1日に失効)
期間限定ポイント・・・1年で4期に分かれており、各3ヶ月間の決められた期間のみ有効

貯めたポイントは忘れず使いましょう。

「マツキヨポイントカード」「dポイントカード」をダブルで提示可能!

「マツモトキヨシ」では、「マツキヨポイントカード」と「dポイントカード」を提示するとポイントが貯まります。

「マツキヨポイントカード」提示:100円(税抜)ごとに1ポイント(1%還元率)
「dポイントカード」提示:100円(税抜)ごとに1ポイント(1%還元率)

「マツキヨポイントカード」と「dポイントカード」の両方を提示できます。併用可能。

「マツキヨポイントカード」のみ提示:OK
「dポイントカード」のみ提示:OK
「マツキヨポイントカード」・「dポイントカード」両方提示:OK

<使う>
マツキヨポイントで支払うこともできます。1ポイント=1円(200ポイント~)
dポイントで支払うこともできます。1ポイント=1円

※クーポンと一緒に、ポイントカードでポイントを貯めたりすることもできます。

QUICPay(クイックペイ)なら「JCB CARD W」がおすすめ

JCB CARD Wの強みは、

・1%還元率で年会費無料
・スタバ、Amazon、セブンイレブンに強いで還元率アップ
・Apple Pay/Google Payに登録してQUICPay(QUICPay+)として利用可能

39歳以下なら入会できる年会費無料で還元率1%のクレジットカードです。

何よりも、スターバックス、Amazon(アマゾン)、セブンイレブンでの利用なら還元率をアップでき、3つ合わせれば10%も可能な点は秀逸。

Apple Pay(アップルペイ)でもGoogle Pay(グーグルペイ)でも、どちらも登録してQUICPay(QUICPay+)として利用することも可能です。iPhone派でもAndroid派でもOK。

まとめ

「マツモトキヨシ」でQUICPay/QUICPay+は使えます。

「マツキヨポイントカード」「dポイントカード」は両方とも提示できるので忘れずに!(おおよそ+2%還元)

キャッシュレス決済がいろいろ利用できるので、キャンペーンによっては激得な場合もあります。キャンペーンはチェックしておかないと、そのとき何が一番お得かはわかりません。

スポンサーリンク

 


 


シェアする

フォローする