LINE Pay(ラインペイ)にチャージできるコンビ二はどこ?ATM・QRコード・Famiポートなどまとめ【2020年9月最新版】

「LINE Pay(ラインペイ)」はチャージの方法がいろいろ変わってきており、わかりにくくなりました。

LINE Payのチャージって、結局どこですればいいの?コンビ二でできる?

LINE Payを使っている人にも、これから使ってみようと考えている人にも役立つように、コンビ二でのチャージについてまとめてみました。

【2020年9月最新版】

スポンサーリンク

 


セブンイレブン(セブン銀行ATM)でのチャージ

セブン銀行ATMでチャージします。スマホ連携チャージとLINE Payカードを使ってのチャージの両方ができます。

スマホと連携してチャージする手順は次の通りです。

①セブン銀行ATMの画面で[スマートフォンでの取引]ボタンを押してQRコードを表示させます。

②スマートフォン側でセブン銀行ATMボタンをタップ後、次の画面で次へをタップ。QRコード読み込みが立ち上がるので、ATMの画面に表示されたQRコードを読み込ませます。

③あとはATMとスマートフォンに表示される案内にしたがってチャージします。

LINE Payカードを持っている人は、銀行のキャッシュカードのような感覚で使えます。ATM端末にカードを挿入して、チャージ金額を指定するだけです。

セブン銀行ATMはチャージも含めてLINE Payにとって一番手軽な窓口といえます。

全国23,000台以上のセブン銀行ATMで24時間、現金の入金(チャージ)と出金ができ、LINE Pay カード(リアルカード)も使えるとあっては、まさに銀行代わりです。

なお、セブン銀行ATMでのチャージ手数料は無料です。

ちなみにセブンイレブンではLINE Payでの決済はできません。チャージはできても支払いには使えないということになります。

ファミリーマート(Famiポート)でのチャージ

スマホで予約してFamiポートで手続きをすることで、現金によるチャージができます。スマホとFamiポート端末の両方で手続きをしなければならないので、やや面倒な感じがします。

まずスマホのLINE Payで[チャージ]⇒[Famiポート]をタップし、チャージ金額を設定します。

下欄の[チャージ]をタップすると受付番号と予約番号が発行されます。支払期限は30分で、期限が過ぎると無効になります。

Famiポートで行うのは上記の番号を入力することだけ。

Famiポートで「代金支払い」
→「各種番号をお持ちの方はこちら」
→「番号を入力する」
受付番号を入力
→OK

Famiポートが発行するチャージ申し込み券を持ってレジへ行き、現金で支払います。

手順の詳細は公式サイトに詳しく載っています。

⇒Famiポートでのチャージ(公式サイト)

QRコード/バーコードによるチャージ

2020年8月の時点で「AINZ&TULPE」「LIPS and HIPS」「アインズ」のみ対応しているチャージ方法です。

スマホにQRコード/バーコードを表示させておき、店舗レジで読み取ってもらって現金チャージをします。

表示されるQRコード/バーコードは5分ごとに更新されます。

LINE Payカードを使い、レジでチャージ

全国のローソン、ナチュラルローソン、ローソンストア100では、LINE PAYカードを提示してレジで現金チャージをすることができます。

LINE Payのスマホアプリからチャージする方法はありません。(QRコードを使ったチャージには対応していません。)

まとめ

以上、LINE Payのチャージとコンビ二の関連についてのまとめでした。

LINE Payにチャージできるコンビ二はセブンイレブンとファミリーマートということになります。また、LINE Payカードを発行している人はローソンやアインズ等でもチャージができます。

LINEとかLINEモバイルを利用している人の場合、LINE Payとは切っても切れない仲になっていることも多いと思います。これから先、使い勝手がどんどんよくなるとうれしいですね。

スポンサーリンク

 


 


シェアする

フォローする