※この記事にはプロモーションが含まれています。[PR]

【PayPay(ペイペイ)】の残高を使いきる方法は?端数を0円にできる?

【PayPay(ペイペイ)】、最近あまり利用しなくなったので、一度残高の端数を0円にしたいけど、使いきる方法はある?

キャンペーンに釣られてQRコード決済を使い始めることは多いと思うのですが、気付くとビミョーな端数があって、さてこの残高はどうしようと思うことはありませんか?

今回の記事では、【PayPay(ペイペイ)】の残高を使いきる方法、端数を0円にする方法についてまとめました。

スポンサーリンク

【PayPay(ペイペイ)】の残高を使いきりたい理由

【PayPay(ペイペイ)】のPayPay残高を使いきりたい理由の1つには、
◆【PayPay(ペイペイ)】を使わなくなった
まず、こんなことがあると思います。

他にもありそうなものとして、
◆決済方法を『PayPay残高→その他のクレジットカードに切り替えたい』
ということがあるかもしれません。

「PayPay(ペイペイ)」の基本還元率は現在以下になっています。

<PayPayステップ(ペイペイステップ)>


(画像:公式サイトより引用)

★達成条件クリアで最大2%還元率!

※クレジット(旧あと払い)利用設定済みのPayPayカード、PayPayカード ゴールドの利用に対してPayPayステップを適用(PayPayアプリを介してのPayPayカードによる支払いは対象外)

 


(画像:公式サイトより引用)

※クレジット(旧あと払い)利用設定済みのPayPayカード、PayPayカード ゴールドの支払いを条件1、条件2にカウント

 

ヘビーユーザーでない限り、0.5%~の還元率です。

その他のクレジットカードに紐付けしてもよいのでは?

【PayPay(ペイペイ)】の支払いに対してポイント付与対象外のクレジットカードは、今のところほとんどありません。だいたいポイント付与があります。

なので、0.5%のPayPayポイントであれば、その他のクレジットカード紐付けでも変わりません。クレジットカードによっては還元率がそれ以上のこともあります。

「キャンペーンでPayPay残高を利用したけれど、それ以外の支払い時は、その他のクレジットカード紐付けでOK。」

こんな時に、一旦、PayPay残高を使いきりたいことがでてくるのではないでしょうか。

【PayPay(ペイペイ)】はPayPay残高とクレジットカード払いが併用できる

実は、【PayPay(ペイペイ)】は「PayPay残高+クレジットカード」という併用ができます。

といっても全ての店舗ではありません。残念ながら使いやすいコンビニでは併用できません。

利用できるのは、
Yahoo!ショッピング・Yahoo!フリマ等

購入金額よりPayPay残高が不足している場合は、不足分の支払い方法として「クレジットカードと併せて利用」で、カードを選択できます。

公式サイト

ヤフーショッピングを利用できる場合は、これが一番かんたんにPayPay残高を使い切る方法になります。

足りない分をPayPay残高にチャージして使い切る

ヤフーショッピングを利用する予定がない場合は、コンビニや街のお店で使いきる方法になります。

その場合に実施することは、
①購入するものを決める
②足りない金額分だけをPayPay残高にチャージする

PayPay残高へチャージする場合、例えば銀行口座からのチャージなら、1000円以上1円単位でチャージが可能です。

※2022年7月中旬より、PayPay残高へチャージ可能な最小金額が変更


(画像:公式サイトより引用)

チャージするときは、下の金額を選択するのではなく、直接チャージしたい金額を入力します。

例えば、148円をチャージする場合

この金額でチャージ可能です。

利用する店舗を考える場合、かんたんな例としては「ダイソー」があります。
食品以外のものを購入することに決めておけば、1個110円で計算できるので、足りない分をチャージしてから出掛けることも可能です。外で慌てることはありません。

※ただし、最後にPayPay残高で購入したものに対してPayPayポイントの付与があれば、さらに端数が・・・となってしまうので、そこは割り切る必要があります。

PayPay残高を使い切る方法、端数を0円にする方法として、かなり現実的です。

家族や親しい人に送る

余っている残高の種類が「PayPayマネー」もしくは「PayPayマネーライト」の場合には家族や親しい人に送るのも1つの手です。

<PayPay残高の種類>

PayPayマネー本人確認後、以下のチャージ手段でチャージした残高
・銀行口座、セブン銀行ATM/ローソン銀行ATM、Yahoo!フリマ/Yahoo!オークションの売上金
PayPayマネーライト以下のチャージ手段でチャージした残高
・PayPayカード(旧Yahoo! JAPANカード含む)、クレジット(旧あと払い)、ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
PayPayポイント特典やキャンペーン等の適用に伴い、進呈されたポイント。

余っている残高の種類によっては、送ることができます。

まとめ

【PayPay(ペイペイ)】は、QRコード決済が【PayPay(ペイペイ)】しか使えない店舗もあるので使い続けたいツールです。

でも一度、残高を使いきりたい、端数を0円にしたい。

こんな時に【PayPay(ペイペイ)】の残高を使いきる方法、端数を0円にする方法はあります。

ただし!

PayPay残高を使い切ったときの決済でPayPayポイントをもらってしまう可能性が高いので、端数はまた出ます…

【PayPay(ペイペイ)】の残高は、「いったん、使い切ることができる」ということですね。

※この記事にはプロモーションが含まれています。[PR]

スポンサーリンク

シェアする

フォローする