※この記事にはプロモーションが含まれています。[PR]

ペイペイにチャージできない時の原因とその時の対処方法【PayPay】

ペイペイは今やQRコード決済の代名詞とも言えるほど、世の中に浸透してきました。使えるお店もかなり増えています。

ペイペイは、クレジットカードを紐付けするか、あるいはペイペイ残高にチャージして支払う方式です。

ペイペイのチャージ方法はいろいろありますが、時にはトラブルも!

今回の記事では、ペイペイ(PayPay)にチャージできない時の原因や、その時の対処方法についてまとめました。

スポンサーリンク

ペイペイ(PayPay)にチャージできない時の原因

ペイペイ残高で支払いをする場合は、チャージしておく必要があります。

PayPay残高へチャージする方法は以下になります。

・銀行口座 →方法
・クレジット(旧あと払い) →方法
・セブン銀行ATM/ローソン銀行ATMから現金チャージ →方法
・ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
・Yahoo!フリマ・Yahoo!オークションの売上金
・本人認証サービス(3Dセキュア)に登録済みのPayPayカード(旧Yahoo! JAPANカード含む)

通常であれば簡単にチャージすることができますが、なぜかチャージできないという場合もあります。

ペイペイにチャージできない時の原因はいくつか考えられます。

銀行口座の残高が不足している

ペイペイ残高へチャージするために紐付けしている銀行口座に預金残高がない場合や、チャージしようとしている金額に足りない場合は、チャージすることができません。

当然といえば当然のことですが、預金残高がある銀行口座を勘違いしていたなんて時に起こりうることです。

ペイペイ残高へチャージするときは金額を設定します。

事前に紐付けしている銀行口座に預金残高があるか確認しましょう。

もし残高がないようなら、他のチャージ方法を検討するなども必要になります。

チャージ上限・利用限度額を超えている

チャージの上限金額は以下になります。

チャージ方法チャージ上限金額
銀行口座50万円(過去24時間)
200万円(過去30日間)
クレジット(旧あと払い)<本会員>
50万円(過去24時間)
200万円(過去30日間)
<家族会員>
25万円(過去24時間)
25万円(過去30日間)
※登録内容や利用状況によっては、上限金額が低くなる場合あり
セブン銀行ATM・ローソン銀行ATM50万円(過去24時間)
200万円(過去30日間)
ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い別途ソフトバンク・ワイモバイル側で設定されている上限金額
Yahoo!フリマ・Yahoo!オークションの売上金50万円(過去24時間)
200万円(過去30日間)
※Yahoo!フリマとYahoo!オークションの売上金を合算した金額
PayPayカード(旧Yahoo! JAPANカード含む)2万円(過去24時間)
5万円(過去30日間)
青バッジありPayPayカード(旧Yahoo! JAPANカード含む)25万円(過去24時間)
25万円(過去30日間)

※チャージには24時間あたり、30日あたりの上限金額あり
※ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払いでのチャージは、毎月初回の手数料は無料。2回目以降は手数料発生。その他のチャージ方法は手数料無料

尚、一度に保有できるPayPay残高の上限額は、PayPayマネー、PayPayマネーライトで100万円までです。

PayPayカード(旧Yahoo! JAPANカード含む)の場合、青いバッジがついていなければ、上限金額を超えてしまうことはありそうです。

※青いバッジ:
アプリ下部のアカウントをタップ後の画面に記載される表示名の隣に青いバッジが表示される場合があります。「青いバッジの表示条件等の詳細については、セキュリティの都合上、お答えいたしかねます」となっています。

どうしてもチャージしたい場合は、他のチャージ方法を検討するなども必要になります。

金融機関のシステムが営業時間外

金融機関のシステム上の問題でチャージできないことがあります。

ほとんどの場合、金融機関のシステムメンテナンスのために利用できないことが多いです。

特に深夜は、システムメンテナンスの可能性大です。金融機関のサイトでシステムメンテナンスかどうか確認できます。

この場合は、時間をずらしてチャージすればOKです。

システム障害

ペイペイのシステムメンテナンスやシステムに障害が発生している場合にも、チャージができません。

この場合はチャージどころか支払いもできないでしょう。

システムメンテナンスやシステム障害の場合は、どうすることもできません。あきらめて、時間をおいてからチャージする方法しかありません。(この場合は支払いもできない状態なので、急いでチャージする必要もないでしょう。)

メンテナンスやシステム障害の情報は
ペイペイアプリ→お知らせアイコン
で確認することができます。

もしアプリが開けないようならtwitterで検索すれば、情報がでてくるでしょう。

ペイペイ(PayPay)にチャージできない時の対処方法

ペイペイにチャージできない時の対処方法です。

現金でチャージする

「銀行口座の残高が不足していてチャージできない」「PayPayカード(旧Yahoo! JAPANカード含む)のチャージ限度額を超えてしまってチャージできない」

こんなときは、

セブン銀行ATM・ローソン銀行ATMで現金チャージ

この方法が、取り敢えず手っ取り早いです。

セブン銀行ATMで現金をチャージする方法は、チャージ方法の選択でセブン銀行を選び、立ち上がったカメラ画面でATMに表示されるバーコードを読み込みます。

セブン銀行ATMで「スマートフォンでの取引」選択
→開始用のQRコードを表示
→PayPay(ペイペイ)のアプリを立ち上げ
セブン銀行をタップ
→セブン銀行ATMの開始用のQRコードをスマホで読み取る
→PayPayアプリに番号が表示されるため、表示された番号をATMに入力
→チャージしたい金額をATMに入金後、金額を確定
→完了

※1回あたりのチャージは1000円以上、限度額は最大50万円
※おつりはでません

クレジットカード払いにする

ペイペイの支払い方法は以下のようになっています。

<PayPayの支払い方法>
A:チャージしたPayPay残高から支払う
B:登録したクレジット(旧あと払い)またはクレジットカードから支払う
さらに、
AのPayPay残高へチャージできるクレジットカードは、本人認証サービス(3Dセキュア)済のPayPayカード(旧Yahoo! JAPANカード含む)
Bに利用できるクレジットカードは本人名義のVISA・Mastercard、JCBはPayPayカード(旧Yahoo! JAPANカード含む)

つまり、チャージできないのであればB:登録したクレジットカードで支払う方法に切り替えます。

新規にクレジットカードを登録する場合は、
①ペイペイアプリ立ち上げ
アカウントをタップ
支払い方法の管理をタップ
クレジットカードを追加をタップ
⑤クレジットカードの情報を入力し追加する
既にクレジットカードを登録してある場合は、
①ペイペイアプリ立ち上げ
支払うをタップ
支払い方法をタップ
④支払い方法にしたいクレジットカードを選択

ただし、本人認証しない場合は、支払える上限が極端に低くなるので注意してください。

本人認証しないとクレジットカード払いの上限は5000円

クレジットカードを登録しただけでは、本人認証前の状態で、利用上限額は1日5000円、1ヶ月5000円に制限されます。

もしもクレジットカードが登録できたにも関わらず、登録したクレジットカードからの支払いでエラーとなる場合は、この点を確認してみましょう。


(画像:公式サイトより引用)

3Dセキュアによる本人認証後のクレジットカードでの支払い時の上限金額は、認証前よりもUPします。

※あくまでも登録したクレジットカードからの支払いの上限です。PayPay残高からの支払いではありません。

 

まとめ

ペイペイ(PayPay)にチャージできない時の原因は、
・銀行口座の残高不足
・チャージ上限・利用限度額
・金融機関のシステムが営業時間外
・ペイペイのシステム障害・メンテナンス
など、いろいろ考えられます。

が、エラー・トラブルによっては対処方法はあります。
・現金でチャージする
・クレジットカード払いに切り替える

チャージしてエラーが出ると焦ります・・・そんな時の参考にしてもらえればと思います。

※この記事にはプロモーションが含まれています。[PR]

スポンサーリンク

シェアする

フォローする