ゆうちょPay×マイナポイント・上乗せキャンペーン【第2弾】で合計6500円相当還元可能!

「ゆうちょPay(ゆうちょペイ)」の「マイナポイント事業」は、上乗せキャンペーンが実施されていて、第1弾は8月31日までの申し込みでした。

現在は第2弾になっていて合計6500円相当の還元が可能になっています。

今回の記事では、「ゆうちょPay(ゆうちょペイ)」×「マイナポイント事業」の、独自のプラスアルファキャンペーンや申し込み、注意点等についてまとめています。

公式サイト

内容は変わっている可能性もありますのでご注意ください。申し込み時には再度ご自身でのご確認をお願いします。
(2020年9月更新)

まだマイナンバーカードを申し込んでいない人は、まずは下記の記事から。

スポンサーリンク

 


「マイナポイント事業」×「ゆうちょPay(ゆうちょペイ)」5000円+1500円で合計最大6500円相当還元可能!

「マイナポイント事業」で「ゆうちょPay(ゆうちょペイ)」を申し込んだ場合、マイナポイントで最大5000円相当 + ゆうちょPay独自の上乗せキャンペーンで1500円相当 = 合計で最大6500円相当をもらうチャンスがあります。

①通常のマイナポイント分

★「マイナポイント」は最大25%還元です。
上限は 5000 ゆうちょPayポイント=5000円相当です。

つまり20000円分ちょうど利用すれば、25%還元=上限5000円相当もらえることになります。

マイナポイントの決済手段として「ゆうちょPay」を選択のうえ、マイナポイント事業が開始する9月1日以降、対象期間内に「ゆうちょPay」で購入すると、25%還元=最大5000円相当もらえます。

※他社サービスを経由する利用は対象外

購入対象期間:
2020年9月1日~2021年3月31日

ポイント(ゆうちょPayポイント)付与日:
決済日の2日後にマイナポイント(ゆうちょPayポイント)を付与
有効期限:マイナポイント(ゆうちょPayポイント)の付与日から1年間

これだけでも参加しないと絶対に損な制度ですが、選択するキャッシュレス決済によっては、さらに独自にプラスアルファのキャンペーンを実施している場合があります。

②「ゆうちょPay」でマイナポイント申し込み完了+1500円相当

★1500 ゆうちょPayポイント= 1500円相当

ゆうちょPayを利用者のうち、マイナポイントの付与を希望するキャッシュレス決済サービスとして「ゆうちょPay」を選択のうえ、マイナポイントの申し込みを完了した人に、ゆうちょPayポイントをもれなく1500ポイントプレゼントしてもらえます。

キャンペーン期間:
2020年7月1日(水)~2021年3月31日(水)

ポイント(ゆうちょPayポイント)付与日:
マイナポイントの申し込み完了日の翌月末まで(予定)
初回について2020年9月末付与(予定)

①マイナポイント:「ゆうちょPay」で購入で25%還元=上限5000円相当(ゆうちょPayポイント)
②「ゆうちょPay」独自分:1500円相当(ゆうちょPayポイント)(←①を行えば自動的に付与)
=====
合計で上限6500円相当もらえることになります。

「ゆうちょPay(ゆうちょペイ)」を選択して申し込む時の流れ

おおまかな流れは以下になります。

(画像:マイナポイント事務局ホ一ムページより引用)

「マイナポイント制度」
①マイナンバーカードを取得
②マイナポイントを予約
③マイナポイントを申し込み(好きなキャッシュレス決済サービスを1つ登録)
④選択した決済サービスを使って買い物、またはチャージ
⑤買い物またはチャージ利用後の2ヶ月以内に25%、上限5000ポイント(=5000円相当)が還元

ざっとこんな感じになります。

「ゆうちょPay」を選択して申し込む場合、まずは、
・マイナンバーカード
・ゆうちょPay
を準備します。
※パスワードを忘れずに

申し込み方法は、
①マイキープラットフォームやマイナポイントアプリから行う
②全国各地に設置してある支援端末から行う

等があります。

①マイキープラットフォームやマイナポイントアプリの場合、
マイナンバーカードや「ゆうちょ Pay の決済サービス ID」および「セキュリティコード1」を準備して行います。
公式サイト

②全国に設置してある支援端末から行うこともできます。
申し込み時には・マイナンバーカード・ゆうちょPayアプリの入ったスマホ・「ゆうちょ Pay の決済サービス ID」および「セキュリティコード1」を準備して行きます。※パスワードを忘れずに

「マイナポイント事業」で「ゆうちょPay(ゆうちょペイ)」を選択した場合の注意点

マイナポイントを「ゆうちょPay(ゆうちょペイ)」で申し込みする場合、いくつか注意点があります。

複数の決済事業者で申込むことができるか?

1つのマイナンバーカードにつき、1つの決済事業者でしか申込むことができません。また、申込み後の変更はできません。

「ゆうちょPay(ゆうちょペイ)」でマイナポイント申し込み時に必要な「決済サービスID」「セキュリティコード1」は?

申込みの際は、「決済サービスID」「セキュリティコード1」の入力が必要になります。ゆうちょPayアプリから確認できます。

<確認方法>
トップ画面で左上のメニューをタップ
設定をタップ
ゆうちょPayの決済サービスIDはこちらをタップ
→確認


公式サイト

「ゆうちょPay(ゆうちょペイ)」でマイナポイントをもらうには、どうすればよいか?

対象期間内に、
①マイナポイントで「ゆうちょPay(ゆうちょペイ)」を選択して申込み
②マイナポイント申込みをした「ゆうちょPay(ゆうちょペイ)」で購入
そうすれば購入金額に応じて付与されます。

「ゆうちょPay」が使えるお店は?

「ゆうちょPay」は、ゆうちょPayのマーク、銀行PayのマークまたはSmart Codeのマークがあるすべてのお店で利用できます。→公式サイト

・郵便局:全国65の郵便局で利用可能(順次拡大中)
・コンビニエンスストア:ミニストップ、東海キオスク、セブンイレブン、ファミリーマート、ポプラ、生活彩家、スリーエイト、くらしハウス
・ファーストフード:松屋、松のや、ウェンディーズ、ファーストキッチン、ケンタッキー・フライド・チキン

付与されるポイントは?

「ゆうちょPayポイント」で付与されます。
※ゆうちょPayポイントの有効期限:付与日から1年間

「ゆうちょPayポイント」とは?

ゆうちょPayポイントは、ゆうちょPayが利用できる店舗等で、1ポイント=1円分相当としてお支払いに利用できるポイントです。
2020年9月(予定)以降、ゆうちょPayアプリ内でご利用いただけるようになります。

「ゆうちょPayポイント」は2020年9月以降から始まるポイント制度です。

スマホで手続きをしようとすると、すぐエラーが出る

スマートフォンで申し込む際は、マイナンバーカードと接触させたままで行うように注意しましょう。申し込みの途中でスマホをカードから離してしまうとエラーになります。

・マイナンバーカードの真ん中にスマートフォンを置いて、3秒~5秒待機。
・利用中に、「ICカードに接続できませんでした」のエラーが発生した場合は、カードの表裏をもう一度確認

まとめ

「マイナポイント事業」におすすめの「ゆうちょPay(ゆうちょペイ)」。

①マイナポイント:「ゆうちょPay」で購入で25%還元=上限5000円相当(ゆうちょPayポイント)
②「ゆうちょPay」独自分:1500円相当(ゆうちょPayポイント)(←①を行えば自動的に付与)
=====
合計で上限6500円相当もらえることになります。

選択できるキャッシュレス決済の中で、+1500円相当は、なかなかの金額です。

「ゆうちょPay(ゆうちょペイ)」も要チェックですよ。

その他のマイナポイントのキャンペーン状況については下記の記事で紹介しています。

スポンサーリンク

 


 


シェアする

フォローする