毎月1日・「メルペイスマート払い(あと払い)」清算の連絡あり!支払い方法はどれがお得?

メルカリを利用している人はもちろん、そうでない人もクーポンやキャンペーンでお得を享受できる「メルペイ」。

「メルペイ」には「メルペイスマート払い(あと払い)」という支払い方法があるので、事前にチャージをしなくても利用できます。

そんな「メルペイスマート払い(あと払い)」を利用したら、翌月1日には「やることリスト」に連絡がきて支払う必要があります。

今回の記事では「メルペイスマート払い(あと払い)」を手数料がかからない「メルペイ残高払い」で支払う方法についてまとめました。

スポンサーリンク

「メルペイスマート払い(あと払い)」を利用したら翌月1日に連絡がくる

「メルペイ」を利用するとき、コード決済とメルペイ電子マネーiDの2種類があります。店舗によって利用できる支払い方法が異なります。

・コード決済
・メルペイ電子マネーiD

上記の方法で決済する場合に、メルペイ残高・ポイントもしくはメルペイスマート払い(あと払い)に設定しておく必要があります。

・メルペイ残高・ポイント ←チャージが必要
・メルペイスマート払い(あと払い) ※年齢や利用状況によって使えない場合あり

事前にチャージが必要でない「メルペイスマート払い(あと払い)」を利用したら、利用した翌月1日には「やることリスト」に連絡がきます。

メルペイの画面上部に○月利用分のお支払いが可能になりましたと表示されるようにもなります。

清算方法はメルペイ残高払いがおすすめ

「メルペイスマート払い(あと払い)」は利用した翌月1ヶ月の間に支払う必要があるので、連絡がきたらその月の間に支払いを行います。

ただし、支払い方法によっては手数料がかかる場合があります。
手数料:
「メルペイ残高払い」→手数料無料
その他の清算方法(コンビニ払い・口座振替)→¥300

「スマート払い(あと払い)」の清算方法をコンビニ払いか口座振替にすると手数料がかかってしまいます。手数料がかからないようにするには、利用明細が通知され清算方法を選択するタイミングで「メルペイ残高払い」を選択します。

「メルペイ残高払い」で「スマート払い(あと払い)」分を支払う

「やることリスト」の連絡をタップすると、支払い方法を選択できます。
(もしくは、スマート払い(あと払い)履歴の支払い方法から)
・「メルペイ残高払い」を選択

次に
・支払い方法が残高払いになっていることを確認
・ポイントを使用する場合はチェックを入れる
・支払い残高が足りているか確認(足りない場合はチャージする)
支払うをタップ

これで支払いは完了です。

「スマート払い(あと払い)」の支払い方法は難しくはありません。忘れずに支払うことが重要です。

チャージが必要ならメルペイ残高(売上金)に変更

「メルペイ残高払い」に変更
①「メルペイ」を選択する
②「支払い方法を変更」をタップ
③「メルペイ残高(売上金)」を選択する
④「チャージ」をタップ
⑤チャージ金額を選択してチャージ

※支払いのために残高が足りないようならチャージをしておきます。
銀行口座からのチャージは最低1000円~50000円まで、1円単位でチャージ可能です。

まとめ

「メルペイスマート払い(あと払い)」を支払う方法
①翌月1日にやることリストに連絡がくる
②清算方法:「メルペイ残高払い」を選択
③残高が足りないようなら支払い方法を「残高払い」に変更してチャージ
④前月の「スマート払い(あと払い)」分を支払い

「メルペイ」には「メルペイスマート払い(あと払い)」という支払い方法があるので、事前にチャージしなくても利用できます。

キャンペーンによっては「はじめて「スマート払い(あと払い)」を設定」という条件もあったりします。

お得なクーポンもかなり届き「メルペイ」自体使う機会も多いかもしれませんので、チャージとあと払いを上手に利用して、お得を享受しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする