【終了】Kyashとクレジットカードと楽天ペイで合計3.5%以上の還元率!キャンペーン次第でさらに高還元率に⇒改変あり

2019年10月1日~新規でKyashを楽天ペイに登録できなくなっています。(楽天ペイに登録するカードは3Dセキュア対応が必須となったため)
※9月末までに登録している人は継続利用可能。

Kyashは2019年10月1日から新たなインセンティブプログラム「Kyashポイント」が導入され、リアルカードなら1%、バーチャルカードのみなら0.5%のKyashポイントが還元されるしくみに変更。これに伴い、2%還元は終了。
クレカと紐付けてポイント2重取りは継続。QUICPay利用はポイント付与対象外に。

この改変を受けて本記事を修正してあります。

決済アプリ「Kyash(キャッシュ)」は誰でもVISAブランドのプリペイドカードが持てるアプリとして人気です。年会費0円、審査なし、申し込み1分でスマホ上のバーチャルカードが手に入ります。

さらにアプリから申請すればリアルカードの発行もできます。

しかもKyashは還元率が常時2%。労せずして2%還ってくるキャッシュカードなんて他にはありません。(2019年9月30日まで)

ただし2019年10月1日からは還元率が変更になります。

10月1日からは、リアルカードを発行していれば100円に付き1ポイント、バーチャルカードだけの利用なら200円に付き1ポイントのKyashポイントが付与されるように。

組み合わせ方次第でポイントの3重取りが可能。合計して4~5%還元という離れ業がかんたんにできてしまうため、多くの人から注目されているサービスなのです。(2019年9月30日まで)

※10月1日からは合計して3~4%還元

本記事ではKyashを使って、人気のコード決済サービス「楽天ペイ」でポイント3重取りをする手順を紹介します。

スポンサーリンク

ポイント3重取りの流れ

ポイント3重取りを実現させるためには次の3つのサービスの連携が必要です。

①Kyash
②クレジットカード
③コード決済サービス

まずはKyashアプリをスマートフォンにインストールして、バーチャルカードを発行します。

Kyashで発行されるカードはプリペイドカードなので、チャージをしなければ使えません。そこで、手持ちのクレジットカードを紐付け、クレジットカードからチャージします。

チャージしたことでKyashがクレジットカードとして使えるようになったので、これをコード決済サービスに登録します。

こうしてできあがったものが

クレカチャージしたKyashを登録したコード決済サービス

です。

このコード決済サービスで決済をすることによって、

・Kyashにチャージしたときに付与されるクレジットポイント
・Kyashを使った時に付与されるキャッシュバック(2%)
 ⇒10月1日からは1%(リアルカード発行で)
・コード決済サービス利用時に付与されるポイント

の3重取りが完成します。

簡単ですね。さっそくチャレンジしてみませんか。

App Storeでダウンロード
Google Playでダウンロード

Kyashと相性の良いクレジットカードは?

ポイント3重取りを目指すには。Kyashにチャージできて、しかもクレジットポイントが付くカードを選ぶ必要があります。

Kyashに紐付けられるクレジットカードは、VisaまたはMastercardのクレジットカードに限定されています。(2019年8月時点)

JCBブランドのカードは登録できません。

VISAブランドかMastercardブランドであればほとんどのカードが登録可能ですが、できれば高還元率のカードを登録したいところ。

還元率が1%以上の主なカードは次のようになっています。

  • 楽天カード(Mastercard)・・・1.0%
  • エポスカード(VISA)・・・1.0%
  • リクルートカード(VISA)・・・1.2%
  • ORICOカードTHE POINT(VISA、Mastercard)・・・1.0%
  • dカード(VISA、Mastercard)・・・1.0%
  • JALカード(Mastercard)・・・1.0%
  • MileagePlus MUFGカード(Mastercard)・・・1.0%
  • Yahoo!JAPANカード(VISA、Mastercard)・・・1.0%

リクルートカードは1.2%という高還元がウリのクレジットカード。それ以外は最大1.0%で足並みを揃えています。

Kyashを登録できるコード決済サービスは?

クレジットカードが登録できて、しかもKyashに対応している主なサービスは次の3つです。

  • PayPay
  • Origami Pay
  • 楽天ペイ

それぞれの決済サービスを利用した場合の還元率を見てみましょう。ちなみにKyashへのチャージは楽天カード(1.0%還元)で行うものとします。

PayPay+Kyashの場合

PayPayでKyashで支払いすると2.0%還元。
※10月1日からは1.0%還元

PayPayで決済するとPayPayボーナスが0.5%。
※10月1日からは0%

クレカポイント1.0%と併せて3.5%になります。
※10月1日からは合計2%還元

Origami Pay+Kyashの場合

Origami PayにKyashでチャージをすると2.0%還元。
※10月1日からは1.0%還元

Origami Payでの決済は2%、5%、10%等の値引きやクーポン配付が常時行われています。

クレカポイント1.0%と併せると5.0%以上になります。
※10月1日からは合計4.0%以上

楽天ペイ+Kyashの場合

楽天ペイにKyashでチャージをすると2.0%還元。
※10月1日からは1.0%還元

楽天ペイで決済すると楽天スーパーポイントが0.5%。

クレカポイント1.0%と併せて3.5%になります。
※10月1日からは合計2.5%還元

楽天ペイと組み合わせてみた

実際に楽天ペイKyashを組み合わせてみました。

まずはKyashクレジットカードを登録します。

Mastercard(マスターカード)の楽天カードを登録しました。

[お手持ちのカードを登録してチャージ]から[必要な金額だけチャージ]を選択。

情報を入力して[登録]。本人確認が通るとすぐに楽天カード(Mastercard)が登録されました。

次はKyashのバーチャルカード楽天ペイに登録。
※10月1日からはリアルカードを登録

楽天ペイでクレジットカードを利用するには、楽天市場のアカウントにカードを登録する必要があります。

必要事項を入力して登録。すぐに追加されます。

あとは楽天ペイで決済をするだけ。ポイント3重取りです。

いろいろなキャンペーンが常時行われているので思わぬ高還元率になることも。

Kyash決済の注意点

今回のポイント3重取りの要となるKyashには注意点がいくつかあります。

有効期限と利用限度額

Kyashカードの有効期限は5年間です。

有効期限内の利用限度額は、総額で100万円までとなっています。

有効期限内での利用が100万円を超えた場合、カードを更新しなければなりません。上限が近くなると、Kyashから連絡が届きます。

なお、カード更新の際はKyash残高は自動で引き継がれます。一旦チャージしたKyash残高の有効期限は無期限です。

Kyash決済の限度額

Kyashの決済限度額はリアルカードを持っている場合と持っていない場合で異なります。

①バーチャルカードだけを持っている人
・24時間あたりの利用限度額は3万円以下
・1回あたりの利用限度額は3万円以下
・1か月間(毎月1~末日)での利用限度額は12万円まで

②リアルカードを持っている人
・24時間あたりの利用限度額は5万円以下 
・1回あたりの利用限度額は5万円以下
・1か月間(毎月1~末日)での利用限度額は12万円まで

あまり高額の買い物はできないので注意が必要です。

Kyashのキャッシュバック対象外商品(ポイント付与対象外商品)

Kyashを単独で使う場合、キャッシュバック対象外(ポイント付与対象外)の商品があることを覚えておきましょう。

《キャッシュバックの対象外》
WAON/nanaco/楽天Edyなどへのチャージ
モバイルSuicaアプリでの購入、チャージ
Google Pay経由によるモバイルSuicaアプリでの購入、チャージ
交通系電子マネー(PASMO/SMART ICOCA/SAPICA/PiTaPa/SUGOCAなど)へのチャージ
※10月1日からはQUICPay利用もポイント付与対象外に
寄付の支払い
公共料金の支払い
各種税金、ふるさと納税の支払い
年金の支払い
Yahoo!公金支払い
金券、商品券や有価証券等の現金同等物の購入
また金券、商品券や有価証券等の現金同等物を販売しているサイトでの購入
郵便局の販売サイト
造幣局の販売サイト

コード決済で購入できないものと、おおむね同じだと考えていいと思います。

まとめ

以上、決済アプリ「Kyash(キャッシュ)」でポイント3重取りというお得な方法について解説しました。

Kyashは手持ちのクレジットカードとコード決済サービスの間にかませるだけで、とても簡単にお得になれるので絶対おすすめです。

永久に2%還元という保証はありませんから、今のうちに利用しておいたほうがいいですね。

※本当に保証はありませんでした。2019年10月1日からは1.0%(バーチャルカードは0.5%)に変更になります。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする