「Kyash (キャッシュ)」が改悪・一部0.2%還元率に変更【2021年2月10日~】

1%還元率・二重取りも可能で人気の「Kyash Card(キャッシュ カード)」。

残念ながらポイント還元率改悪の発表です。


(画像:公式サイトより引用)

スポンサーリンク

「Kyash(キャッシュ)」決済時のポイント還元率の一部変更

プリペイドカード「Kyash(キャッシュ)」には、「Kyash Card(キャッシュ カード)」、「Kyash Card Lite」、「Kyash Card Virtual」の3種類がありますが、2021年2月10日~ポイント還元率が変更になります。

2021年2月10日~、以下へ変更になります。→公式サイト発表

 本人確認残高の種類還元率付与上限
Kyash Card完了決済/送金/出金に利用できる残高*11%1200ポイント/月
完了決済のみに利用できる残高*20.2%100ポイント/月
Kyash Card Lite/Kyash Card Virtual完了決済/送金/出金に利用できる残高*10.5%600ポイント/月
完了決済のみに利用できる残高*20.2%100ポイント/月
未完了決済のみに利用できる残高*20.2%100ポイント/月

*1 銀行口座、セブン銀行ATM、コンビニ、ペイジーからの入金が対象
*2 クレジット/デビットカード、Kyashポイント、他サービスの売上金やポイントからの入金が対象

Kyashのチャージ方法は以下があり、2021年2月10日~は、どの方法によって入金された残高を決済に利用したかによってポイント還元率が変わるということです。

①銀行口座からチャージ(入金)
②コンビニ/セブン銀行ATM/ペイジーからチャージ(入金)
③クレジットカード/デビットカードからチャージ(入金)
④提携サービスの売上金やポイントからチャージ(入金)

①②の場合は、1%還元率、③④の場合は0.2%還元率ということです。

まとめ

1%還元率・二重取りも可能で人気だった「Kyash Card(キャッシュ カード)」。

2021年2月10日以降は、クレジット/デビットカード等からチャージした残高で決済する場合、0.2%還元率になってしまいます。

しかも月に100ポイントなので、5万円までの決済分についてはポイント付与がありますが、それ以上はなし。

ちょっと使いにくくなってしまいますね・・・

それだったらQRコード決済のキャンペーンを上手に利用したほうがお得になりそうです。

こちらもおすすめ

★キャッシュレス決済はどんなキャンペーン実施中?
⇒キャッシュレス決済・主なおすすめキャンペーン一覧【2021年6月】

スポンサーリンク

シェアする

フォローする