「SPG アメックス」Apple Pay・Google Payとの相性・メリット等【まとめ】プラチナへの道は?

「SPG アメックス(スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード)」は、知る人ぞ知る、大人気のクレジットカードです。

お財布レスの時代、クレジットカードを上手に選べば得をしますし、適当に選ぶと損をするかもしれません。

年会費の高いゴールドカードについては、特に慎重に選びたいものですね。

今回は大人気の「SPG アメックス」とお財布レス(Apple Pay(アップルペイ)・Google Pay(グーグルペイ)・電子マネーなど)の相性やメリット、プラチナについてまとめました。

スポンサーリンク

 


もくじ

Apple Payと「SPG アメックス」の相性は?

「SPG アメックス」は、iPhoneやApple Watchに登録して利用するApple Payと相性が良いようです。

アメックス公式サイトでも、Apple Payとの連携について詳しく記載しています。

→アメックスでApple Pay(公式)

「SPG アメックス」をApple Payに登録すると、QUICPay(QUICPay+)として利用することができます。

また、「SPG アメックス」は「アメリカンエキスプレス・コンタクトレス」に対応しています。そのため、コンタクトレス決済に対応した店舗ならiPhoneを読み取り端末にかざすだけでクレジット決済が完了します。

例えばマクドナルドでは「QUICPayで」と言ってApple Payで支払うこともできますが、「クレジットカードで」と普通にカードを出す方法と、同じく「クレジットカードで」と言ってから読み取り端末にiPhoneをかざしてコンタクトレス決済をすることもできます。

Google Payと「SPG アメックス」の相性は?

Google Pay(グーグルペイ)での非接触型決済は、2019年5月末から一部のクレジットカードでiD・QUICPayの利用が可能になり、便利になりました。

しかし今のところは対応するクレジットカードの種類が限られています。ほとんどの人にとってGooglePayは、楽天Edy・WAON・Suica・nanacoを経由して支払いをするキャッシュレスサービスという存在といえます。

GooglePayが電子マネーを統括するサービスだとすれば、電子マネーにクレジットチャージをしてポイントをゲットするのが一番お得な使い方なのは言うまでもありません。

まずnanacoですが、残念ながらGooglePayに登録したnanacoはクレジットカードによるチャージができません。ここが既存のnanacoモバイルアプリと異なる点です。

→Google Payとnanaco(nanaco公式)

次は楽天Edy。楽天Edyへのチャージに使えるクレジットカードはJCB、American Express、MasterCard、VISAです。

「SPG アメックス」も楽天Edyへのチャージが可能です。

→Google Payと楽天Edy(公式)

ただしクレジットポイントは付きません。

ちなみに、楽天Edyへのチャージでポイントが付与されるのは次のカードです。

・リクルートカード
・JMBローソンPontaカードVisa
・エポスカード
・エポスゴールドカード
・JQ CARD エポスゴールド
・エポスプラチナカード
・JQ CARDセゾン
・タカシマヤセゾンカード
・楽天カード

→【Edy】にクレジットチャージできるのは?お得なクレジットカードまとめ

次にSuica。Google Payはおサイフケータイ機能を持つスマートフォンにとって、モバイルSuicaを年会費無料で使うための救世主となりました。

GooglePayのモバイルSuica(Google Pay Suica)は、ざっくり言うと従来のAndroid版モバイルSuicaから以下の機能を除いた無料版です。

【GooglePay Suicaができないこと】

  • 銀行チャージ
  • 定期券の購入
  • Suicaグリーン券の購入
  • モバイルSuica特急券
  • エクスプレス予約サービス
  • JREポイントの受け取り
  • ネット決済
  • 再発行
  • 払い戻し・退会

→「SuicaがGoogle Payに対応しました」(公式PDF)

GooglePay Suicaのチャージに使えるクレジットカードは「Googleアカウントに登録されているクレジットカード」です。

アカウントに登録できるクレジットカードは、公式によると次のブランドとのこと。

  • American Express
  • MasterCard
  • Visa
  • JCB
  • Visa Electron

「SPG アメックス」もアカウントに登録してSuicaチャージに利用できます。ただしクレジットポイントは付きません。

最後にWAONです。GooglePayが新たに導入したGooglePay版のモバイルWAONは、従来のモバイルWAONから必要最小限の機能だけを抜き出したものです。

クレジットチャージが可能ですが、従来のモバイルWAONと同じく、イオンマークのあるカードとJALカードからのチャージになります。

アメックスのカードでチャージした際にクレジットポイントが付与されるプリペイド型電子マネーは、現在のところ1つもありません。ここが残念な点です。(2019年8月時点)

電子マネーと「SPG アメックス」の相性は?

Suica

Apple Payで利用できるSuicaについて、「SPG アメックス」からのSuicaチャージは利用可能です。ただしポイント付与はありません。

※iPhoneでのSuica利用時に年会費はかかりません。

「SPG アメックス」から、Android版モバイルSuicaへのチャージも可能ですが、ポイント付与はありません。年会費1030円(税込)も必要になります。

PASMO

「SPG アメックス」からPASMOへのチャージはできません。

PASMOのチャージに使えるクレジットカードは、一部の交通系クレジットカードだけです。

Edy

「SPG アメックス」からEdyへのチャージは可能ですが、ポイント付与はありません。

nanaco

「SPG アメックス」からnanacoへのチャージはできません。

WAON

「SPG アメックス」からWAONへのチャージはできません。

WAONにチャージできるのは、主にイオン系クレジットカード、JALカードになります。

QUICPay/iD

Apple Payへの登録により、「SPG アメックス」はQUICPay(QUICPay+)として利用できるようになります。

※以前はAMEX QUICPayというサービスがありましたが、今は終了しています。

電子マネー関連をまとめると、次のようになります。

Suicaチャージ可(ポイント付与なし)
PASMO
Edyチャージ可(ポイント付与なし)
nanaco
WAON
QUICPayApple Payで利用可(ポイント付与あり)
iD

楽天ペイと「SPG アメックス」の相性は?

楽天ペイに登録できるクレジットカードは、公式サイトによると次のとおりです。

  • 全ての楽天カード
  • その他のVisa、Mastercardのクレジットカード

現時点では「SPG アメックス」で楽天ペイを利用することはできません。(2019年8月現在)

→利用できるクレジットカードの種類(公式)

LINE Payと「SPG アメックス」の相性は?

LINE Payに登録できるクレジットカードはVISA、JCB、AmericanExpress、Diners、MasterCardといろいろあります。

「SPG アメックス」を含めたクレジットカードとLINE Payの連携はあまり注目されていません。

というのも、LINE Payのチャージにクレジットカードが使えるというわけではないからです。あくまでもLINE関連のサービスを利用する際にクレジット決済が便利に行えるというだけです。

それでもメリットはあります。

実はLINE Payにクレジットカードを登録して、そこからLINEクレジットにチャージすると最大で25%のボーナスがもらえるのですが、意外と知られていません。

LINE Payに「SPG アメックス」を登録して10000円チャージすることで、LINEクレジット12500円分になります。(2019年8月現在)

※LINEクレジットとは、LINEストアの中だけで利用できるマネーのことです。

Origami Payと「SPG アメックス」の相性は?

オリガミペイに登録して使えるクレジットカードはVISAとMasterCardだけです。(2019年8月現在)

オリガミペイに「SPG アメックス」を登録することは、残念ながらできません。

PayPayと「SPG アメックス」の相性は?

PayPayには、①PayPay残高から支払う方法、②Yahoo!マネーから支払う方法、③登録したクレジットカードで支払う方法があります。

③に登録できるクレジットカードは、VISAとMastercard、JCBはYahoo! JAPANカードのみとなります。

①のPayPay残高へチャージできるクレジットカードは、本人認証サービス(3Dセキュア)済のYahoo! JAPANカードだけです。

PayPayに「SPG アメックス」を登録することは、残念ながらできません。

プリペイドカードと「SPG アメックス」の相性は?

おさいふPonta

「SPG アメックス」からおさいふPontaへのチャージはできません。

おさいふPontaへのチャージができるクレジットカードは、公式によると次のようになっています。

  • 本人認証サービスに対応しているカード
    〔J/Secure(JCB)、Verified by VISA、MasterCard SecureCode〕
  • セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード

→おさいふPontaへのチャージ方法(公式)

au WALLET プリペイドカード

「SPG アメックス」からau WALLETへのチャージはできません。

auの公式によれば、直接のクレジットチャージが可能なのは、下記のカードとのことです。

→プリペイドカードへのチャージ(公式)

ただし、実際のチャージには本人認証サービスが関わってくるので、MasterCardであっても本人認証サービスに対応していない発行会社のカードは使えません。

LINE Pay カード

LINE Pay カードへのチャージ方法には、クレジットカードからのチャージがないため、残念ながら「SPG アメックス」からのチャージはできません。

「SPG アメックス」の特典・メリット

マリオットボンヴォイの 「ゴールドエリート」

「SPG アメックス」と言えば、マリオット系列ホテルの「ゴールドエリート」資格がついてくることが大きな特徴です。

「ゴールドエリート」は本来、1年間に25泊以上しないと付与されない資格です。

そして、「ゴールドエリート」を保有していると、マリオット系列ホテル滞在時にいろいろお得な特典があります。

・マリオットボンヴォイ参加ホテル利用によるポイント獲得数:1US$=12.5ポイント (25%ボーナス) 
・チェックアウト時間の延長(14:00) 
・チェックイン時の空室状況により、より良いお部屋へのアップグレード 

ポイントで無料宿泊

「SPG アメックス」で貯めたポイントを利用して、マリオット系列のホテルに無料で宿泊することも可能です。

カテゴリースタンダードオフピークピーク
17500500010000
2125001000015000
3175001500020000
4250002000030000
5350003000040000
6500004000060000
7600005000070000
88500070000100000

ポイントで無料宿泊できるマリオットボンヴォイ参加ホテルについては、下記の記事で詳しく紹介しています。

カード継続で無料宿泊

カードを継続するたびに、世界各地のマリオット系列ホテルで利用できる一泊一室(2名まで)の無料宿泊がプレゼントされます。

ブラックアウトなし、イベント開催期間中でも、スタンダードルームに空室がある場合 「無料宿泊特典」は利用可能。

交換レート1泊50000ポイントまでなので、カテゴリー6、オフピークのカテゴリー7まで使えます。

日本で利用するなら、舞浜にあるディズニーのオフィシャルホテル、シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル。大阪のあべのハルカスにある大阪マリオット都ホテル。このあたりに無料で宿泊できることになります。

ポイントはマイルへ交換可能

ポイントはマリオット系列ホテルでの無料宿泊に交換することもできますが、30社以上の航空会社のマイルへの交換も可能。しかも手数料は無料です。

ほとんどの航空会社は3:1の移行レートで交換できます。

ここで人気の理由を!
1回で60000ポイント以上を移行すると、60000ポイントごとに15000ポイントがボーナスとしてプレゼントされます。

つまり1.25%マイル還元率が達成できる計算に。

ということで、JALマイルを貯めている人には人気のクレジットカードになっています。1.25%JALマイル還元率のクレジットカードなんて、そうありませんから。

<3:1.1の移行レートの航空会社>
ユナイテッド航空マイレージプラス
<3:1の移行レートの航空会社>
エーゲ航空、アエロフロート ボーナス、アエロメヒコクラブプレミア、エアカナダ アエロプラン、エアチャイナ フェニックスマイル 、エールフランス/KLM、フライングブルー、アラスカ航空マイレージプラン、アリタリア航空ミッレミリア、ANAマイレージクラブ(全日空)、アメリカン航空アドバンテージ、アシアナ航空、アビアンカ航空、ブリティッシュエアウェイズ・エグゼクティブクラブ、アジアマイル、中国東方航空、中国南方航空、コパ航空、デルタスカイマイル、エミレーツスカイワーズ、エティハド ゲスト、フロンティア航空、海南航空、ハワイアン航空、日本航空(JAL)マイレージバンク、ジェットエアウェイズ、大韓航空スカイパス、ラタム航空ラタムパス、ルフトハンザ、Multiplus、カンタス フリークエントフライヤー、カタール航空、サウジアラビア航空、シンガポール航空クリスフライヤー、南アフリカ航空、サウスウエスト航空、TAPポルトガル航空、タイ国際航空、ターキッシュエアラインズ、ヴァージンアトランティック航空フライングクラブ、ヴァージンオーストラリア
<3:1の移行レートの航空会社>
ジェットブルー航空
<200:1の移行レートの航空会社>
ニュージーランド航空エアポインツ

スペック

国際ブランド

アメリカン・エキスプレス

申し込み資格

・20歳以上、定職がある方

残念ながら、パート・アルバイトの場合申し込みは難しいようです。

還元率・ポイント・有効期限

「SPG アメックス」は、原則クレジットカード利用額100円につきマリオットのポイントが3ポイントが貯まります。(100円=3ポイントとして換算されない加盟店や対象外あり)

貯まったポイントは、マリオットヴォンボイ参加ホテルの無料宿泊に利用できたり、30社以上の航空会社のマイルへ交換できます。

ポイントの有効期限は、実質有効期限がありません。

というのもポイントの有効期限は2年間ですが、クレジットカード利用やホテル宿泊でポイントを獲得すれば2年間延びます。つまり、2年間に1回ポイントを貯めれば有効期限は延びるので、実質有効期限なしといってもよいでしょう。

年会費

31000円+税と、なかなかの金額です。

家族カード

家族カードは年会費15500円+税がかかります。

ETCカード

年会費無料

新規発行手数料:1枚につき850円+税

海外旅行保険

「SPG アメックス」の海外旅行保険は充実していることで定評があります。

旅行代金をカードで決済している場合と、カードを利用していない場合で、補償内容に差があります。

カードで決済している場合(利用付帯)

旅行代金を「SPG アメックス」で決済している場合、家族カード会員の補償もあります。

 本会員本会員の家族家族カード会員
傷害死亡・後遺障害保険金最高1億円最高1000万円最高5000万円
傷害治療費用保険金最高300万円最高200万円最高300万円
疾病治療費用保険金最高300万円最高200万円最高300万円
賠償責任保険金最高4000万円
携行品損害保険金1旅行中最高50万円
(免責3千円/年間限度額100万円)
救援者費用保険金保険期間中最高400万円保険期間中最高300万円保険期間中最高400万円

カードで決済していない場合(自動付帯)

「SPG アメックス」で決済していない場合でも、下記の保険が適用されます。

 本会員本会員の家族家族カード会員
傷害死亡・後遺障害保険金最高5000万円最高1000万円補償なし
傷害治療費用保険金最高200万円
疾病治療費用保険金最高200万円
賠償責任保険金最高4000万円
携行品損害保険金1旅行中最高50万円
(免責3千円/年間限度額100万円)
救援者費用保険金保険期間中最高300万円

航空便遅延費用補償

本会員が海外旅行した際、航空便の遅延により臨時に出費した宿泊料金や食事代が補償されます。(自動付帯)

乗継遅延費用1回の到着便の遅延で最高20000円航空便を乗り継ぐ予定が到着便の遅延によって搭乗予定の航空便に搭乗することができず、到着便の到着時刻から4時間以内に代替便に搭乗することができなかった場合、宿泊料金や食事代を2万円を限度として補償 
出航遅延、欠航、搭乗不能費用1回の出航遅延・欠航・運休・搭乗不能で最高20000円 搭乗する予定だった航空便が出航予定時刻から4時間以上の出航遅延や欠航などで搭乗することができず、出航予定時刻から4時間以内に代替となる航空便に搭乗できなかった場合、食事代を2万円を限度として補償
受託手荷物遅延1回の受託手荷物の遅延で最高20000円航空便が目的地に到着してから6時間以内に本会員の身の回り品で搭乗時に航空会社が受託した手荷物が目的地に運搬されなかったために、本会員が目的地において負担した衣類や生活必需品の購入費用を2万円まで補償
受託手荷物紛失1回の受託手荷物の紛失で最高40000円航空便が目的地に到着してから48時間以内に受託した手荷物が目的地に運搬されなかった場合、手荷物は紛失したものとみなし、到着後96時間以内に目的地において負担した衣類や生活必需品の購入費用を4万円まで補償 

航空会社の証明書などが必要になりますが、チケットの半券や、何か購入したり食事をしたら領収書やレシートは取っておいたほうがよいですね。

国内旅行保険

クレジットカードには珍しく、国内旅行保険も充実しているのが「SPG アメックス」の魅力の1つです。

以下は旅行代金をカードで決済していることを前提にしています。(利用付帯)

 本会員本会員の家族家族カード会員
傷害死亡保険金5000万円1000万円5000万円
傷害後遺障害保険金最高5000万円最高1000万円最高5000万円

海外旅行と違い国内旅行では、旅行代金を「SPG アメックス」で決済していない場合は保険対象外です。

その他のサービス

オーバーシーズ・アシスト

海外旅行先での日本語サポート「オーバーシーズ・アシスト」というサービスを利用できます。

レストランの予約や、医療機関の紹介など緊急時の支援まで、世界中のほとんどの国から、24時間通話料無料またはコレクトコールで連絡できます。

ラウンジ利用

国内の主要空港のラウンジが無料で利用できます。

国内主要空港は次の28か所。

新千歳空港、函館空港、青森空港、秋田空港、仙台空港、羽田空港、成田国際空港、新潟空港、富山空港、中部国際空港、小松空港、大阪国際空港(伊丹空港)、関西国際空港、神戸空港、岡山空港、広島空港、米子空港、山口宇部空港、高松空港、松山空港、徳島空港、北九州空港、福岡空港、長崎空港、大分空港、熊本空港、鹿児島空港、那覇空港

また海外では次の空港のラウンジが無料で利用できます。

・ハワイ ダニエル・K・イノウエ国際空港

ラウンジ利用は本人だけでなく、同伴者も1名まで無料で利用できます。

「SPG アメックス」スペック表

国際ブランドアメリカン・エキスプレス
申し込み資格20歳以上、定職がある方
ポイント100円につき3ポイント
有効期限2年間だが、クレジットカード利用やホテル宿泊でポイントを獲得すれば2年間延長
年会費31000円+税
家族カード15500円+税
ETCカード年会費無料、新規発行手数料:1枚につき850円+税
海外旅行傷害保険最高1億円(利用付帯)最高5000万円(自動付帯)
国内旅行傷害保険最高5000万円(利用付帯)
その他マリオット「ゴールドエリート」、空港ラウンジ利用など

「SPG アメックス」はこんな人におすすめ

・ラグジュアリーなホテルの特典が欲しい人
・ポイントをいろいろな航空会社のマイルへ交換したい人
・貯めたポイントでホテルに無料宿泊したい人
・カード継続でお得な特典がほしい人

「SPG アメックス」はマリオット系列のホテルでは、抜群のお得度です。

さらに30社以上の航空会社のマイルへの交換も可能なので、貯めるマイルが決まっていない人にもおすすめです。

「SPG アメックス」のデメリット・こういう人には向かない

「SPG アメックス」は年会費は31000円+税とそれなりにかかります。電子マネーへチャージしてもポイントは付与されません。

ラグジュアリーなマリオット系列のホテルにこだわりがなければ、向きません。

残念ながらアメックス・プラチナへのインビテーションはこず

「SPG アメックス」を使っていても「アメックス プラチナ カード」のインビテーション(招待)は届きません。

「アメックス プラチナ カード」のインビテーション(招待)がほしければ「アメックス ゴールド」です。

「SPG アメックス」が届いたら

アメックスはカード申し込み時に口座手続きを行いません。

「SPG アメックス」が届いた時に、封筒の中に口座手続きの用紙が入っていて、それに記入して送り返し、引き落とし口座手続きを行うことになります。

これを忘れると「口座引落しができない」ということになってしまいます。

「SPG アメックス」が届いたら、必ず同封のものを確認し、忘れずに引き落とし口座手続きを行いましょう。

まとめ

「SPG アメックス(スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード)」は、知る人ぞ知る、大人気のクレジットカードです。

年会費はそこそこかかっても、マリオット系列のホテルの「ゴールドエリート」資格がもらえ、カード継続で無料宿泊特典もあります。30社以上の航空会社のマイルへの交換も可能です。

「SPGアメックス」は飛行機(マイル)・ホテル関係のサービスを利用したい人向けのクレジットカードです。

スポンサーリンク

 


 


シェアする

フォローする