【楽天銀行デビットカード】マスターカードが登場してVISA・JCBの3ブランドに!

2020年5月11日~、【楽天銀行デビットカード】にマスターカードブランドが登場しました。

これで、【楽天銀行デビットカード】はマスターカード、Visa、JCBの3ブランドになりました。

スポンサーリンク

【楽天銀行デビットカード】Mastercardの特徴

タッチ決済に対応

マスターカードのタッチ決済「Mastercardコンタクトレス」搭載で、対応加盟店ならかざすだけで簡単に支払いができます。

利用100円ごとに楽天ポイントが1ポイントたまる

利用100円につき1 楽天スーパーポイントがたまります。1 楽天スーパーポイントは1円として利用できるので実質1%還元率。デビットカードの中では高還元率です!

年会費永年無料

年会費無料でずっと使えます。

世界で最も多くの場所で使える

世界中のMastercard加盟店で利用できます。
※一部利用できない加盟店・サービスあり

さらに、「mastercard」「cirrus」「maestro」マークがある海外ATMで、預金を現地通貨で引き出すこともできます。しかも、キャッシング(借り入れ)とは異なり、金利は発生しません。
・海外ATMでの現地通貨引き出しはポイント付与対象外
・利用するATMにより利用料が発生する場合あり
・円換算レートは、国際ブランドが定めたレートに3.080%(税込)をプラスしたもの
・海外ATMの利用限度額は1日あたり最大20万円

クレジットカードを利用した海外ATMでのキャッシングのほうが案外コストはかかりませんが、急な場合等には十分使えます。

JCB・Visaと比較

VISA・JCBの【楽天銀行デビットカード】はざっくりと下記のようになります。

 VISAJCB
 ベーシックシルバーゴールド
発行手数料無料無料
年会費永年無料2000円+税5000円+税 永年無料
ポイント・還元率100円利用で1ポイント
特典盗難補償ショッピング保険・VISAゴールド優待特典シルバーの特典+国内/海外旅行傷害保険盗難補償

【楽天銀行デビットカード】(Mastercard)は概ね、JCB・VISA(ベーシック)と変わりません。

それ以外の主な違いを挙げると、

◆海外キャッシング時のポイント付与
JCB:ポイント対象
VISA・Mastercar:ポイント対象外

◆ANA JCB プリペイドカードへのチャージ
JCB:可能
VISA・Mastercar:不可

使い方によっては、それほど違いを感じないかもしれません。

【楽天銀行デビットカード】はガソリンスタンドで使える!

【楽天銀行デビットカード】が利用できるところ、使えないところです。

★使えるところ・・・預金口座に残高は必要です

・持っているブランドに応じて、JCBやVISA、Mastercardマークがあるショップ

◎【楽天銀行デビットカード】はガソリンスタンドで使えます!(預金残高10000円以上必要)

×使えないところ・利用できないケース・・・

・取引金額が普通預金残高を超えている場合
・ガソリンスタンドで10000円以上の普通預金残高がない場合
・海外のオンラインカジノ等、一部の海外加盟店
・楽天Edyへのチャージ
・高速料金(楽天銀行デビットカード(JCB))

→公式サイト

まとめ

デビットカードは審査不要で作りやすいカードです。

しかも【楽天銀行デビットカード】は年会費無料のものもあり、1%還元率。

Mastercardブランドも仲間入りし、ますます注目の存在です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする