「PayPay(ペイペイ)」請求書払いが可能に!公共料金等の支払いが家で出来るってこれは便利

「PayPay(ペイペイ)」残高支払いで、公共料金等の支払いが可能になりました。

コンビニや銀行に行かなくても家でできるので、支払えるものがあれば便利ですね。

スポンサーリンク

「PayPay」請求書払いの方法

1.アプリのホーム画面にある「スキャン」をタップ
2.払込票のバーコードを読み取り
3.支払金額を確認し「支払う」をタップ
4.納付が完了

※支払いはPayPay残高のみ。クレジットカードでの支払い不可。

本当にたったこれだけで支払えてしまいます。あとは支払ったことがわかるように自分なりに納付書にチェックしておいたほうがよいでしょう。

請求書払いの特典0.5%還元率・決済手数料なし

『PayPay残高払いで0.5%付与(請求書払い利用特典)』

対象:
PayPay請求書払いサービス(PayPayアプリを利用して対象支払い先の料金収納請求書に印刷されたQRコードを読みとり、PayPay残高で支払うサービス)を利用した人

対象支払先:
東京電力、東京都水道局等が対象になっています。

特典:
PayPay決済金額の0.5%のPayPayボーナスを、原則として当該決済の翌月20日前後に付与。

特典上限:
「1回のお支払いにおける付与上限」:2500円相当
「1カ月の付与合計上限」:「PayPayでの支払いで最大1.5%付与」および「特定サービス利用特典1%付与」の付与分と合算して15000円相当

手数料:
手数料なし(決済時に手数料はかからず)

支払い上限金額:

PayPay残高からの支払い上限

過去24時間過去30日間
50万円200万円

PayPay残高へのチャージ方法

PayPay請求書払いサービスをお得にするには、PayPay残高払いである必要があります。

PayPay残高へチャージする方法は以下です。

・銀行口座
・Yahoo!JAPANカード(ヤフーカード)
・ヤフオク!の売上金
・セブン銀行ATMから現金チャージ
・ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い

PayPay残高からの支払い上限は、過去30日内で200万円、1日で50万円と決められています。

Yahoo!JAPANカードは特別扱い

※2020年2月1日~変更になりました。

PayPay残高へのチャージができるクレジットカードが1つあります。それはもちろん、Yahoo!JAPANカード(ヤフーカード)です。

Yahoo!JAPANカードは自社カードだけにVIP待遇です。

「PayPay(ペイペイ)」請求書払いの注意点・領収書は発行されない

・PayPayでの支払いの場合、領収書や納税証明書は発行されません。
→車検が近く納税証明書が必要になる場合は別の手段で支払う必要があります。

・コンビニエンスストアなどの店頭で請求書を読み取ってもらい支払う場合、PayPayでの支払いはできません。

まとめ

「PayPay」残高支払いで、公共料金等の支払いが可能になりました。コンビニや銀行に行かなくても家でできるので、支払えるものがあれば便利です。

0.5%のPayPayボーナスももらえるので、もう少し対象が増えてくれると嬉しい限りです。

まだインストールしていない人は下のバナーからどうぞ。

【iOS版】

【Android版】

スポンサーリンク

シェアする

フォローする