「マイナポイント制度」は最大25%還元!決済サービスや上限,期限,子供の場合等まとめ【2020年8月更新】

「キャッシュレス消費者還元事業」の後は「マイナポイント」。

もう既に理解している人も、何となく耳にしている人もいるかと思いますが、何といっても最大還元率25%は魅力的です。

これは利用しないと損です。

今回の記事では、「マイナポイント制度」とはどんなものなのか、決済サービスは何があるのか、期間・期限や25%還元の上限、子供の場合はどうすればよいか等についてまとめました。

(2020年8月更新)

スポンサーリンク

 


「マイナポイント制度」は最大25%還元率・上限は5000円相当

いろいろなキャンペーンで20%還元!とみると思わずチェックする人もいるのではないでしょうか。

ところが、ナント!

2020年9月~の「マイナポイント」は25%還元です。

しかも「マイナポイント」の上限は5000ポイント=5000円相当です。

つまり20000円分ちょうど利用すれば、25%還元=上限5000円相当もらえることになります。

参加しないと絶対に損な制度です。

※しかも選択するキャッシュレス決済によっては、独自に上乗せキャンペーンを実施していることもあります。

「マイナポイント」とは?「マイナポイント制度」の流れ

マイナポイントは、キャッシュレス決済サービス(決済サービス)を提供するキャッシュレス決済事業者(決済事業者)を通じて付与します。付与を受けるにあたっては、マイキープラットフォーム上で普段利用している決済サービス(1つ)を選択(マイナポイントの申込)すると、当該決済サービスの利用(チャージまたは購入)時に買い物等に利用できるポイント等が付与されます。
マイナポイントは、これら決済事業者が付与するポイント等の総称です。
マイナポイント事務局ホ一ムページより引用)

参加しないと損な「マイナポイント制度」ですが、おおまかな流れは以下のようになります。

(画像:マイナポイント事務局ホ一ムページより引用)

「マイナポイント制度」
①マイナンバーカードを取得
②マイナポイントを予約
③マイナポイントを申し込み(好きなキャッシュレス決済サービスを1つ登録)
④選択した決済サービスを使って買い物、またはチャージ
⑤買い物またはチャージ利用後の2ヶ月以内に25%、上限5000ポイント(=5000円相当)が還元

ざっとこんな感じになります。

「マイナポイント」には、まずは「マイナンバーカード」が必要

まずは、「マイナンバーカード」。これがないと始まりません。

10万円給付をオンラインで!と「マイナンバーカード」を取った方もいると思いますが、とにかく取得には時間がかかります。

管理人の場合、2020年2月末に申請して1ヶ月かかりました。

とにかく申請に時間がかかっても、「マイナンバーカード」を持っていないとどうにもなりません。

「マイナンバーカード」の申し込み方法:
◆郵送された通知カードの下についている個人番号カード交付申請書を準備
(住所変更があった場合は住んでいる市区町村窓口へ問い合わせ)
■スマートフォン(iPhone・Android端末)で
■パソコンで
■まちなかの証明写真機で
■郵便で

◇個人番号カード交付申請書を持っていない場合
■交付申請書をダウンロードして印刷・郵送
■本人確認書類をもって市区町村窓口へ

「マイナンバーカード」を申し込んだら、「交付通知書」が自宅に届きます。
それに書かれている内容に従って交付場所・交付窓口へ行きます。
そこで受け取りと「暗証番号(パスワード)」の設定を行います。
※市町村によっては、マイナポイントの予約(マイキーIDの発行)も行ってくれるかもしれません。

受け取りまで終わって、ようやく「マイナンバーカード」が手に入ったことになります。

申請は、郵送でもパソコンでもiPhone(アイフォン)等スマホでも可能です。実際にiPhone(アイフォン)で申し込みした方法は、下記の記事で紹介しています。

「マイナンバーカード」の次は「マイナポイント」を予約=「マイキーID」自動設定

「マイナンバーカード」を手に入れたら、次は「マイナポイント」を予約します。

「マイナポイント」を予約=「マイキーID」の設定(自動)になります。

※市区町村によっては、「マイナンバーカード」の受け取りに行ったときに、「マイナポイント」の予約=「マイキーID」の設定(自動)を一緒に行わせてくれることがあるかもしれません。

「マイナポイント」の予約方法:
◆事前に、専用のアプリ・ソフトとJPKI利用者ソフトのダウンロード
①スマートフォン、 ICカードリーダライタでマイナンバーカードを読み取り
②マイナンバーカードを読み取り、4桁の暗証番号を入力
(マイナンバーカード受け取り時に設定した、数字4桁のパスワード(利用者証明用電子証明書暗証番号))
③暗証番号の入力が正しく行われるとマイナポイントが予約
⇒予約によりマイキーIDが自動で設定

マイキーIDとはマイナンバーカードのICチップの中の電子証明書を活用して、ウェブ上のマイキープラットフォームで設定されるIDです。マイキープラットフォームの各種サービスやマイナポイントの付与を行うために、本人を認証するキーとして必要になります。
マイナポイント事務局ホ一ムページより引用)

実際にiPhone(アイフォン)でマイナポイントを予約した方法は、下記の記事で紹介しています。

◆支援端末でマイナポイント予約・申込する
マイナポイントの予約・申込を全国各地に設置してある約9万箇所の支援端末で行うこともできます。

【2020年7月~2021年3月末】「マイナポイント」の申し込み

「マイキーID」を発行したら、次は「マイナポイント」の付与を希望する決済サービスを選択=「マイナポイント」の申し込みを行います。

「マイナポイント」の申し込みは、2020年7月~2021年3月に行えます。
(対象決済サービスとなっていても、「マイナポイント」の申し込みができないキャッシュレスサービスもあります。その場合は、申し込みができるようになるまで待つしかありません。)

好きなキャッシュレス決済サービスを1つ登録することになります。
選べる決済サービスは1つのみ。途中変更は不可です。

実際に買い物、またはチャージする前に、「マイナポイント」の申し込みが必要です。

【2020年9月~2021年3月末】選択したキャッシュレス決済で買い物・チャージ

「マイナポイント」の申し込みが終わったら、あとは2020年9月~2021年3月の間に、登録したキャッシュレス決済で買い物またはチャージを行うだけです。

買い物またはチャージ利用後の2ヶ月以内に25%、上限5000ポイント(=5000円相当)が自動的に還元されることになります。

※買い物やチャージの際に「マイナンバーカード」を持参する必要はありません。

「マイナポイント」注意点!

「マイナポイント制度」はいくつか注意点があります。

「マイナポイント制度」でもらえるのは「マイナポイント」というポイントではない

「マイナポイント制度」というと、「マイナポイント」という名前のポイントをもらえそうですが、そうではありません。

「マイナポイント」の申し込みをして、好きなキャッシュレス決済サービスを1つ登録することになりますが、この登録したキャッシュレス決済サービスのポイントが還元されることになります。

自動的に還元されるので、キャッシュレス決済サービスを選択する際には、使いやすいものを選ぶようにしましょう。

「マイナポイント制度」は上限5000円分の現金が振り込まれるわけではない

登録したキャッシュレス決済で、買い物またはチャージ利用後の2ヶ月以内に25%、上限5000ポイント(=5000円相当)がもらえる「マイナポイント制度」ですが、現金が自分の指定した銀行口座に振り込まれるわけではありません。

登録したキャッシュレス決済のポイントで、上限5000ポイント(=5000円相当)がもらえることになります。

(画像:マイナポイント事務局ホ一ムページより引用)

「マイナポイント」の予約者数が予算の上限に達した場合には、「マイナポイントの予約」を締め切る可能性もある

ポイント還元の予算は2000億円です。1人上限5000円なので、4000万人分の予算ということになります。

「マイナポイント」は「マイナンバーカード」を持っている人なら誰もが対象の制度です。大人だけでなく、子供も対象です。

早めに「マイナンバーカード」を申請して、「マイナポイントの予約」をするしかありません。

誰でも申し込み可能だが、1つのキャッシュレス決済サービスに1つの「マイキーID」

「マイナポイント制度」は「マイナンバーカード」を持っている、大人でも子供でも対象で、所得制限もありません。

1人の「マイナンバーカード」につき、「マイキーID」は1つです。

1つのキャッシュレス決済サービスに紐づけられる「マイキーID」は1つです。

選べる決済サービスは1つのみ。途中変更は不可です。

つまり例えば、1枚のSuicaカードに家族全員分の「マイキーID」の紐付けは不可能ということ。

子供も含めて家族全員分を登録するなら、人数分のキャッシュレス決済サービスの準備が必要になります。

子どものマイナポイントの予約・申込はどうすれば良いか。
15歳未満の未成年者の方の予約・申込については、法定代理人が行うことができます。
15歳以上の未成年者の方の予約・申込については、やむを得ない場合には、本人に代わり法定代理人が手続を行うことができますが、特段の理由がなければ本人にて手続を行ってください。やむを得ず法定代理人が手続を行う場合も、原則として本人同席のもと手続を行ってください。
(→公式サイトより引用)
子どものマイナポイントは誰の決済サービスで申し込めば良いか。

規約上、本人名義のキャッシュレス決済サービスへのマイナポイント付与を本人が申し込む必要がありますが、未成年者のマイナポイントについては、法定代理人名義のキャッシュレス決済サービスをポイント付与対象として申込みすることができます。
ただし、この場合、同じキャッシュレス決済サービスに複数人のマイナポイントを合算して付与することはできないため、法定代理人名義の異なるキャッシュレス決済サービスを選択する必要があります。
(→公式サイトより引用)

子供の分は、親名義のキャッシュレス決済サービスでOKです。

1つの決済サービスに2つの「マイキーID」は無理ですが、親の分は「d払い」&子供の分は親名義のWAONといったことが可能です。

還元の対象となる利用方法(支払い or チャージ)は、キャッシュレス決済サービスによって異なる

登録したキャッシュレス決済で、買い物またはチャージ利用後の2ヶ月以内に25%、上限5000ポイント(=5000円相当)が自動的に還元されますが、「買い物・支払い」か「チャージ」かは、選択するキャッシュレス決済サービスによって異なります。

登録時にきちんと確認するようにしましょう。

「マイナポイント」対象のキャッシュレス決済サービスは何?

対象のキャッシュレスサービスは、決済事業者登録がされているQRコード決済・スマホ決済や電子マネー、クレジットカード、プリペイドカード、デビットカード等になります。

「マイナポイント事業」の開始は2020年9月~になるので、まだ対象のキャッシュレス決済サービスは増える可能性があります。

2020年7月17日の状況です。

決済事業者番号決済事業者名決済サービス名付与ポイント名
M0001株式会社ファミマデジタルワンFamiPayFamiPay
M0002株式会社メルペイメルペイポイント
M0003東城町商工会ほろかマネーサービスほろかポイント
M0004西日本旅客鉄道株式会社ICOCAICOCAポイント
M0005株式会社オリエントコーポレーションオリコカードオリコポイント
M0007株式会社エポスカードエポスカードエポスポイント
M0009東日本旅客鉄道株式会社SuicaJRE POINT
M0011KDDI株式会社au PAYau PAY 残高
M0012株式会社ゆうちょ銀行ゆうちょPayゆうちょPayポイント
JP BANK カードJPバンクカードポイント
mijicaチャージ残高
M0013福岡市はやかけんはやかけんポイント
M0014株式会社NTTドコモd払い(お買い物時)dポイント
d払い(チャージ時)dポイント
dカードdポイント
M0015株式会社ゆめカードゆめかゆめかチャージ
あまみゆたかあまみゆたかチャージ
しんばしゆたかしんばしゆたかチャージ
コレEマネーコレEマネーチャージ
M0017株式会社セイコーマートペコママネーペコママネー
M0021株式会社UCSmajicamajicaポイント
M0023みずほ銀行J-Coin PayJ-Coin Pay
M0028エス・ビー・システムズ株式会社CoGCa(コジカ)CoGCa残高
M0029株式会社りそな銀行りそなウォレットサービスりそなマイナポイント
M0030君津信用組合電子地域通貨アクアコインアクアポイント
M0031生活協同組合コープみらいほぺたんカードほぺたんカード・プリペイド残高
M0032いばらきコープ生活協同組合ほぺたんカードほぺたんカード・プリペイド残高
M0033とちぎコープ生活協同組合ほぺたんカードほぺたんカード・プリペイド残高
M0034生活協同組合コープぐんまほぺたんカードほぺたんカード・プリペイド残高
M0035生活協同組合コープながのほぺたんカードほぺたんカード・プリペイド残高
M0037名古屋鉄道株式会社manacaミュースターポイント
M0038三井住友カード株式会社三井住友カードVポイント
SMBCデビットVポイント
M0040株式会社KyashKyashKyashポイント
M0041北海道旅客鉄道株式会社KitacaKitacaチャージ
M0042株式会社名古屋交通開発機構マナカマナカチャージ
M0043PayPay株式会社PayPayPayPayボーナス
M0044株式会社関西みらい銀行りそなウォレットサービスりそなマイナポイント
M0045セブン・カードサービスnanaconanacoポイント
M0046LINE Pay株式会社LINE PayLINEポイント
M0048イオンリテール株式会社WAONWAON
M0049楽天ペイメント株式会社楽天ペイ(アプリ決済)楽天ポイント
M0050auフィナンシャルサービス株式会社au PAY カードau PAY 残高
M0051株式会社大賀薬局BibicaBibica
M0052株式会社埼玉りそな銀行りそなウォレットサービスりそなマイナポイント
M0053株式会社サンリブmasacamasacaマネー
M0055出光クレジット株式会社アークスRARAプリカアークスRARAプリカ・プリペイド残高
ひまわりカードPlusひまわりカードPlus・プリペイド残高
WA!CAWA!CA・プリペイド残高
M0056株式会社カンムバンドルカードバンドルカード
M0059株式会社平和堂HOPマネーHOPマネー
M0060肥銀カード株式会社くまモンのICカードくまモンのICカードポイント
M0065株式会社ペルソナlittalittaプレミアム
M0066株式会社野嵩商会UNICARDマイナプレミアム
M0069楽天カード株式会社楽天カード楽天ポイント
M0071株式会社コムズsmile moneysmile money
M0075飛驒信用組合さるぼぼコインさるぼぼポイント
M0076楽天Edy株式会社楽天EdyEdy
M0077一般社団法人なぎポストナギフトマネーナギフトポイント
M0081株式会社横浜銀行はまPayはまPayポイント
横浜バンクカードワールドプレゼント
M0086紅屋商事株式会社ベニカマネーベニカマネー
M0087株式会社大津屋オレボポイントカードオレボポイント
M0088東海旅客鉄道株式会社TOICATOICA
M0090株式会社万惣万惣カード万惣カードチャージ
アルゾカード万惣カードチャージ
M0093株式会社セイミヤセイちゃん電子マネーセイちゃん電子マネー
M0095株式会社ニモカnimocanimocaポイント
M0098株式会社コメリキャピタルコメリ・アクアカードコメリポイント
M0104JR九州SUGOCAJR九州キューポ
M0110株式会社クスリのアオキAocaAoca
M0111株式会社まちペイまちペイサービスマチピ
M0122たんば商業協同組合たんばコインたんばコイン
M0123株式会社ジャックスnicopinicopiマネー
PLANT Payチャージボーナス
M0124株式会社パスモPASMOPASMOマイナポイント
M0126株式会社三重銀カード三重銀カードワールドプレゼント
M0128株式会社青森銀行青森銀行VISAカード<aomo>ワールドプレゼント
M0134筑波銀行つくばバンクカードワールドプレゼント
M0136りそなカード株式会社りそなカードワールドプレゼント
りそなカード(旧関西カード)ワールドプレゼント
M0138株式会社いわぎんクレジットサービスいわぎんVISAカードワールドプレゼント
M0142九州カード株式会社九州カードワールドプレゼント
M0143株式会社東邦クレジットサービス東邦VISAカードワールドプレゼント
M0145株式会社 フジ・カードサービスエフカマネーエフカマネーチャージ
M0151株式会社秋田銀行OnlyOneVISAカードワールドプレゼント
M0154静銀セゾンカード株式会社えんてつカード〈ポイント&プリペイドカード〉EPiCA
M0157株式会社丸久マルカマルカマネー
M0159東急カード株式会社TOKYU CARD東急ポイント
M0160株式会社但馬銀行たんぎんバンクカードVisaワールドプレゼント
M0164株式会社荘内銀行荘銀ブライトワンVisaワールドプレゼント
M0165株式会社 北都銀行北都ブライトワンワールドプレゼント
M0171株式会社バローホールディングスLu Vit電子マネーLu Vit電子マネー
M0173株式会社イオン銀行イオンカードWAON
イオン銀行CASH+DEBITカードWAON
M0176株式会社駿河屋魚一駿河屋マイカード駿河屋マイカード
M0179株式会社鹿児島銀行PayどんPayどんポイント
M0180株式会社山陰合同銀行ごうぎんVISAカードワールドプレゼント
M0181株式会社秋田国際カードあきぎんVISAカードワールドプレゼント
M0187株式会社田子重田子重カード田子重電子マネー
M0196株式会社マキヤマキヤプリカマキヤプリカ電子マネー
M0200株式会社東邦銀行東邦Alwaysカードワールドプレゼント
M0202株式会社サンキュードラッグマリカカードマリカポイント
M0203株式会社クリエイトエス・ディーおさいふHippo(ヒッポ)おさいふHippo(ヒッポ)
M0206株式会社三井住友銀行SMBCデビットVポイント
M0207株式会社フィールホールディングスフィールさくらカードフィールさくらカード
M0209株式会社オークワオーカード電子マネーオーカード電子マネー
M0210株式会社 筑邦銀行ちくぎんマルチナVISAカードワールドプレゼント
M0211株式会社ライフフィナンシャルサービスLaCuCaLaCuCaマネー
M0212ヤマダストアー株式会社ヤマダマネーヤマダマネーポイント
M0216株式会社とりせんとりせん電子マネーとりせん電子マネー
M0218株式会社ビッグ富士モー子カードモー子電子マネー
M0219株式会社きむらきむらフレッシュカードキムラフレッシュカード
M0221コーナン商事株式会社コーナンPayコーナンマネー
M0222株式会社トライアルフィナンシャルサービストライアル電子マネーサービストライアル電子マネーサービス
M0224株式会社ジャパンネット銀行JNB Visaデビットマイナ交換ポイント
M0225西伊豆町サンセットコインサンセットコイン
M0226川南町TORONTORON
M0231セムジャパン株式会社NPOカードセム電子ポイント
M0233内浦商店連盟協同組合ひまわり電子マネーひまわりポイント
M0245岡谷商工会議所Okaya PayOkaya Pay

まとめ

25%還元・上限5000ポイント(=5000円相当)がもらえる「マイナポイント制度」。

とにかく「マイナンバーカード」がないと申し込みすらできません。

「マイナンバーカード」を手に入れるには、1ヶ月、あるいはそれ以上かかるかもしれません。申請して待つしかありません。

「キャッシュレス決済サービス」と聞くと「キャッシュレス消費者還元事業」と一緒と思うかもしれませんが、全くの別物です。

「マイナポイント制度」
①マイナンバーカードを取得
②マイナポイントを予約
③マイナポイントを申し込み(好きなキャッシュレス決済サービスを1つ登録)
④選択した決済サービスを使って買い物、またはチャージ
⑤買い物またはチャージ利用後の2ヶ月以内に25%、上限5000ポイント(=5000円相当)が還元

まずは①からです。「マイナンバーカード」を持ったら②は早めにやっておきましょう。

※選択するキャッシュレス決済によっては、独自に上乗せキャンペーンを実施していることもあります。選ぶものによっては5000円相当以上のキャンペーンになります!

スポンサーリンク

 


 


シェアする

フォローする