auユーザー以外もOK!au PAY(auペイ)を登録してキャンペーンに乗り遅れないようにしよう!【2020年最新版】

2019年8月末にauユーザー以外にも解禁となり、ハードルがぐんと下がって初心者でも手を出しやすくなったau PAY(auペイ)。

それまではauスマホを持っている人でなければ手に入れられなかったau PAYプリペイドカードも、簡単に取得可能となります。

⇒スマホ決済「au PAY」、2019年8月29日からau以外のお客さまも利用可能に

最近はau PAY(auペイ)関連のキャンペーンも目白押しなので、まだau PAY(auペイ)を設定していない人は急いで使えるようにしないと、いざという時に後悔するかも・・・。

さっそくauペイが使えるようになりたい!
でもどうやって申し込むの?

auユーザーではない人はau IDの新規登録から行う必要があります。

以下は実際に登録してみた時の記録です。

初心者で、初めてau PAY(auペイ)の申し込み方法から運用これからやる人はぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

 


au IDの新規会員登録

au IDの新規会員登録は公式サイトで行います。

⇒au ID 公式サイト

[新規登録]ボタンをタップして、次の画面でau ID新規登録(他スマートフォンの方)を選びました。

メールアドレスを入力して[確認メールを送信]をタップし、届いたメールに記載されている[確認コード]を入力して[次へ]。

パスワードを決めたり生年月日を入力したりして[利用規約に同意して新規登録]を押せば完了です。2~3分もあればできるので早速やってみてください。

au PAYアプリをインストール

au PAY(旧 au WALLET)

au PAY(旧 au WALLET)
開発元:KDDI CORPORATION
無料
posted withアプリーチ

au PAY(エーユーペイ)が始動

au PAYアプリを開いて[au PAYを使う]というボタンが表示されていれば準備完了。

最初に携帯番号を使った2段階認証があって、その後ようやくau PAYの画面に到達。これで使えます。

ちなみに2020年2月4日からはau WALLETアプリもau PAYアプリに名称変更され、一本化されました。

2020年上期にはau PAYカード(旧:au WALLETカード)からのオートチャージにも対応予定です。

au PAY(エーユーペイ)はチャージしないと使えない

au PAY(auペイ)は、au PAYアプリ(au WALLETアプリ)を開いてau PAY(auペイ)のアイコンをタップすれば使えるようになります。

au PAY(auペイ)の画面が表示されました。お店でこの画面のコードを読み取ってもらうことで、au PAYによる支払いができます。でもau PAY残高にチャージをしなければ使えません。

チャージについては、以前はじぶん銀行の口座とかau PAYプリペイドカードが必要でした。でも今は現金チャージがかんたんにできるようになりました。

①auかんたん決済 ※auユーザーのみ
②クレジットカード(au PAY カード/その他クレジットカード)
③現金(セブン銀行ATM/ローソン銀行ATM/ローソン店頭/auショップ)
④Pontaポイント/au WALLET ポイント/auポイント
⑤銀行口座(auじぶん銀行/提携の銀行口座)
⑥au PAY スマートローン(au WALLET スマートローン)
⑦au PAY チャージカード ※2020年9月7日で販売終了

また、手持ちのクレジットカードを登録すればクレジットチャージも可能。チャージに使えるクレジットカードの種類には制限があります。

なお、au PAY残高にチャージできる上限額は100万円です。

1回あたりの支払い上限額は25万円(税込)です。

セブン銀行ATMで現金チャージ

セブン銀行ATMで現金チャージをする手順は、おおむね以下のようになります。

①セブン銀行ATMの画面で「スマートフォンでの取引」を選択。

②スマホのau WALLETアプリ(au PAYアプリ)を起動して「チャージ」→「セブン銀行ATMチャージ」→「QRコードをスキャン」と進んで、ATMに表示されたQRコードをスマホのカメラで読み取る。

③アプリに表示された企業番号を、セブン銀行ATMの入力画面で入力。あとはATMの案内にしたがって入金をする。

セブン銀行ATMでの現金チャージは24時間OK。しかも手数料も無料です。1回につき1,000円~500,000円までチャージが可能です。

auショップでチャージする

auショップには現金チャージ専用機が設置されているところがあります。このマシンはau SaKuTTO(エーユー サクット)といいます。

2019年6月以前は「店頭カウンター」や「セルフチャージ機」でチャージができたのですが、現在はau SaKuTTOだけです。

au SaKuTTO設置店舗は公式サイトの店舗検索から店舗詳細を見るとわかります。「au SaKuTTO(セルフ端末)」に○が付いていれば設置店です。

1回につき1,000円~45,000円までチャージが可能です。

⇒スマホで検索

⇒PCで検索

ローソンでもチャージ可能

ローソンでは2通りのチャージ方法があります。

・ローソン銀行ATM
・レジでのチャージ(au PAYプリペイドカードが必要)

ローソン店頭レジでのチャージの場合、そのためには無料で作れるau PAYプリペイドカードが必要です。au PAYプリペイドカードにチャージした残高はau PAY残高と共用できます。

au PAYプリペイドカードの作成にはau回線と紐づいたau IDか、あるいは「じぶん銀行」の口座と紐づいたau IDが必要です。

じぶん銀行の口座もau PAYプリペイドカードも、auユーザーでなくても無料で作れますが、申し込み手続きをする必要があり、手元に届くまでに日数もかかります。

詳細は以下の記事でも書いていますので、ぜひ参考にしてください。

au PAY(auペイ)の使いかた

お店に行ったら、支払いの際に「au PAY(エーユーペイ)で」と言ってコードが表示されている画面を見せます。それをお店の人がバーコードリーダーで読み取ってくれます。

画面に表示されるQRコード・バーコードは5分ごとに変わります。

万が一にも画面が人に見られてしまった場合でも、同じコードで買い物ができるのは5分以内。それを過ぎるとコードは無効になります。

デフォルトの状態ではコード表示をする際にセキュリティロックがかかりません。不正使用を防止するためにも、「au PAY画面の表示時のロック」「履歴/お金の管理画面表示時のロック」をONに設定を変更しておくことをおすすめします。

Android機の場合、ロックがかかると下のような状態になります。

au PAY(auペイ)は補償も充実

「au PAY」「au PAY プリペイドカード」「auかんたん決済」の利用者が不正利用による被害にあった場合の補償制度が、2019年11月5日から変更になりました。

それまでは個別対応で補償していたのですが、被害額が原則として全額補償されるようになりました。

⇒不正利用による被害を補償する制度導入について

au PAYの使えるお店は続々追加中

au PAYが使えるお店は毎月追加されています。

キャンペーンの組み合わせ次第で高額還元も!

au PAYの場合、使えるお店がコンビニや大手家電量販店などメジャーどころが多いため、他のキャンペーンと組み合わせると思わぬ高額還元になることも少なくありません。

2020年2月10日から3月29日のau PAYキャンペーンの場合。

dポイントの40倍キャンペーンと組み合わせると、ファミマで40%還元、なんてことに!

こうなるともう、au PAYを使わない理由が見当たりませんね。

キャンペーンは要チェックです。

こちらもおすすめ

★キャッシュレス決済はどんなキャンペーン実施中?
⇒キャッシュレス決済・主なおすすめキャンペーン一覧【2021年1月】

まとめ

以上、au PAY(auペイ)の登録方法と使い方を簡単に紹介しました。

QR決済サービスの業界はユーザー確保のためのキャンペーンを連発し、しのぎを削る戦いになっています。その中でもau PAY(auペイ)は、キャリアの枠を超えて解放されたことで爆発的にユーザー数を増やしてきました。

au PAY(auペイ)はもともとキャンペーンやクーポンが豊富なので、au回線から開放された今、徹底的に利用したほうがお得です。

スポンサーリンク

 


 


シェアする

フォローする