「ダイナースクラブカード」は「PayPay(ペイペイ)」に登録できる?できない?【2021年最新版】

「PayPay(ペイペイ)」に「ダイナースクラブカード」は登録できない?チャージは可能じゃないの?

今回の記事では「PayPay(ペイペイ)」に「ダイナースクラブカード」が登録できるのかできないのか、チャージ方法等について解説します。

【2021年最新版】

スポンサーリンク

「PayPay(ペイペイ)」に「ダイナースクラブカード」は登録できない

⇒結論からいうと、「PayPay(ペイペイ)」に「ダイナースクラブカード」は登録できないため、残念ながら使えません。

<PayPayの支払い方法>
①PayPay残高から支払う
②登録したクレジットカードで支払う
さらに、
①のPayPay残高へチャージできるクレジットカードは、本人認証サービス(3Dセキュア)済のヤフーカードだけ
②に登録できるクレジットカード:VISA・Mastercard、JCBはヤフーカードのみ

②の登録できるクレジットカードを表にすると以下になります。

 PayPay(ペイペイ)登録可否
JCBヤフーカードのみ
VISA
Mastercard(マスターカード)
AMEX(アメックス)×

もし手持ちの「ダイナースクラブカード」が登録できないとしたら、

ダイナース(Diners)ブランドだから

これが原因です。

「ダイナースクラブカード」では利用できないため、Mastercardブランドである「ダイナースクラブ コンパニオンカード」(年会費無料)を発行して利用するという方法があります。

ただし、「ダイナースクラブ コンパニオンカード」は本人認証サービス(3Dセキュア)に対応していないカードです。→公式サイト

利用上限額は5000円にとどまります。

本人認証しないと上限は5000円

「ダイナースクラブカード」以外のクレジットカードで登録できたとしても、本人認証されていないクレジットカードの場合は利用上限額は1日5000円、1ヶ月5000円に制限されます。

もしもクレジットカードが登録できたにも関わらず、登録したクレジットカードからの支払いでエラーとなる場合は、この点を確認してみましょう。

3Dセキュアによる本人認証後のクレジットカードでの支払い時の上限金額は、認証前よりもUPします。

クレジットカード(本人認証前)クレジットカード(本人認証済)青いバッジがついている&クレジットカード(本人認証済)
5000円(過去24時間)2万円(過去24時間)25万円(過去24時間)
5000円(過去30日間)5万円(過去30日間)25万円(過去30日間)

※あくまでも登録したクレジットカードからの支払いの上限です。PayPay残高からの支払いではありません。

「ダイナースクラブカード」ならApple Pay(アップルペイ)がおすすめ

「ダイナースクラブカード」ならApple Pay(アップルペイ)がおすすめです。

年会費22000円+税
追加カード家族カード:5000円+税
ETCカード:年会費・新規発行手数料無料
ポイントダイナースクラブ リワードプログラム
付帯旅行保険海外旅行傷害保険:最高1億円(自動付帯:最高5000万円+利用付帯:最高5000万円)
国内旅行傷害保険:最高1億円(利用付帯)
Apple Pay・Google PayApple Payに登録してQUICPay(QUICPay+)として利用可能

Apple Pay(アップルペイ)に登録してQUICPay(QUICPay+)として利用することは可能なので、「ダイナースクラブカード」ならApple Pay(アップルペイ)です。

まとめ

残念ながら、「PayPay(ペイペイ)」に「ダイナースクラブカード」は使えません。

もし、どうしても!というなら、「ダイナースクラブ コンパニオンカード」を発行する方法がありますが、利用可能額はかなり低くなります。

「ダイナースクラブカード」ならApple Pay(アップルペイ)に登録してQUICPay(QUICPay+)がおすすめです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする