【nanaco(ナナコ)】のチャージ方法は? クレジット以外にポイントからは?【2020年9月最新版】

【nanaco(ナナコ)】のチャージ方法は?ポイントからはどうやるの?

【nanaco(ナナコ)】のチャージ方法について、現金・クレジット・nanacoギフト・ポイントから等をまとめました。

【2020年9月最新版】

スポンサーリンク

 


【nanaco(ナナコ)】のチャージ方法

【nanaco(ナナコ)】へのチャージ方法は4つあります。

現金でチャージ

お店のレジ、セブン銀行ATM、nanacoチャージ機、ポケットチェンジ端末(外貨両替サービス端末)があります。

1回のチャージ可能額:1000円単位で49000円まで
チャージ上限額:5万円

お店のレジ

店員に「チャージしたい」と声をかけ、チャージしたい金額を伝える
→チャージ金額を払う
→nanacoカード、もしくはnanacoモバイルをレジにかざす

→(公式サイト)チャージができるお店

セブン銀行ATM

ATM画面に従い操作しチャージ金額を払う

→(公式サイト)セブン銀行ATM設置場所

nanacoチャージ機

チャージ機の画面に従い操作し、チャージ金額を払う

【チャージ機の主な設置場所】
イトーヨーカドー、アリオ、ダイイチ 他

余った外貨でチャージ

ポケットチェンジの端末に外貨を入れ、nanacoカード、もしくは対応しているおサイフケータイを読み取りエリアにかざすとチャージが完了します。

※ポケットチェンジ端末では、外貨硬貨、紙幣を投入してnanacoにチャージできます。
1回のチャージ可能額:1~3万円、チャージ上限額:5万円

対象の外貨:米ドル、ユーロ、中国元、韓国ウォン
紙幣のみ対応の外貨:香港ドル、タイバーツ、台湾ドル、シンガポールドル、ベトナムドン

→(公式サイト)ポケットチェンジ設置場所

クレジットカードからチャージ

クレジットカードからチャージする方法です。

クレジットチャージ

※2020年3月12日~nanacoクレジットチャージ事前登録(新規登録)対象カードは「セブンカード」限定に変更。
(3月11日までに登録済の場合は引き続き利用可。)

必要な時に、その都度チャージします。

<初回のみ>nanaco会員メニューでクレジットカードの事前登録
→nanaco会員メニューにログインしてチャージ
→セブンイレブンなどのお店やセブン銀行ATMで残高確認して受け取り

1回のチャージ可能額:5000円以上1000円単位で3円まで
チャージ上限額:5万円

<クレジットチャージの利用上限>
利用金額:1ヵ月20万円まで
利用回数:1ヵ月15回 / 1日3回まで
(1ヵ月→月初(1日)~月末(各月末日)まで。1日→0:00AM~23:59PM)

<クレジットカード登録について>
・1枚のクレジットカードから1枚のnanacoカードと1台のnanacoモバイルに事前登録が可能
・nanacoモバイルは新規入会・機種変更から4日後の朝6時以降に事前登録が可能
・nanacoカードは入会から10日後にクレジットカードの事前登録が可能
・店舗ではクレジットカードの事前登録不可
・クレジットカードの事前登録を行うには、本人認証サービスに登録済みのクレジットカードが必要
・事前登録完了後、24時間経過後からチャージ利用可能

オートチャージ

セブンイレブンまたはイトーヨーカドーのレジで買い物する際に、支払い後の残高が設定金額未満の場合に自動的にクレジットカードからチャージします。

オートチャージを実行するnanaco残高:1000円~10000円 (1000円単位) 15000円 20000円
オートチャージ金額:5000円~10000円 (1000円単位) 15000円 20000円 25000円 30,000円

<オートチャージに対応しているクレジットカード>
・セブンカード・プラス(一体型・紐付型)/セブンカード・プラス(ゴールド)
・セブンカード/セブンカード(ゴールド)

nanacoギフトからチャージ

nanacoギフトからチャージする方法です。nanaco会員メニューでnanacoギフトIDを登録すると、チャージ金額が受取可能日以降にセンターお預り分として反映されます。

ギフト受け取り可能日:
nanacoギフトIDを12:00PM(正午)までに登録→登録翌日の6:00AM以降に受け取り可能
12:00PM(正午)以降に登録→登録翌々日の6:00AM以降に受け取り可能

nanacoギフト→nanacoカード・モバイルへチャージする際の登録金額の上限:
1日20万円

nanacoギフトを割引で購入できればお得にチャージできます。(後述)

セブンイレブン、イトーヨーカドー、ヨークマート、ヨークベニマル等で販売していた「nanacoギフトカード(POSA)」については、2019年4月15日より順次販売を終了しました。

ポイントを電子マネーに交換

nanaco等を使って貯まったnanacoポイントは、1 nanacoポイントを電子マネー1円に交換できます。

レジで

お店のレジで「ポイントを電子マネーに交換したい」と伝える
→nanacoカード、もしくはnanacoモバイルをレジにかざし電子マネーを受け取る

nanacoカードの場合、レジで受け取るしか方法がありません。

→(公式サイト)ポイントをマネーに交換できる店

アプリで

nanacoモバイルの場合、アプリ内でポイント→電子マネーに交換可能です。すぐに反映され、残高照会等必要ありません。

※nanacoモバイルアプリバージョン:1.00を利用している場合は、nanacoモバイルアプリでポイントをnanacoマネーに交換することができません。レジで伝えることになります。

他社ポイントからの交換でキャンペーンもある!?

他社ポイントをnanacoに交換するキャンペーンがいろいろ開催されます。

例えば、JCBカードを利用して貯まるOkiDokiポイントをnanacoカードに交換することができます。

それがキャンペーンが開催されると、
OkiDokiポイント8050ポイント→nanacoカード40000円相当付+nanacoギフト5000円分
となるときもあります。
(OkiDokiポイント1ポイント=5円相当と考えられるので、40250円相当→合計45000円相当)

交換したnanacoカードはそのまま使い、nanacoギフトはポイント交換でもらったnanacoカードにチャージするか、手持ちのnanacoカード・モバイルにチャージして利用できます。

nanaco(ナナコ)チャージのお得な方法は?

「セブンカード・プラス」等、nanaco(ナナコ)にチャージできるクレジットカードの還元率は0.5%です。

それよりも、nanacoギフトを割引で購入できればそちらのほうが還元率はよくなる可能性があります。

例えば、ベネフィット・ステーションでnanacoギフトを割引で購入できます。
2%オフ1%オフで購入が可能です!

ただし、クレジットカードで購入できない!nanacoギフトはチャージに登録が必要なので、購入枚数が多いとそれだけ手間がかかる!ことには承知しておく必要はありますが…

例)
◆デジタルクーポンコードで【nanacoギフト】(1000円分)1000円⇒980円(期間限定)
◆デジタルクーポンコードで【nanacoギフト】(1000円分)1000円⇒990円
◆デジタルクーポンコードで【nanacoギフト】(2000円分)2000円⇒1980円
◆デジタルクーポンコードで【nanacoギフト】(3000円分)3000円⇒2970円

ベネフィットステーションは、ベネフィットワンという会社が提供している企業向けの福利厚生代行サービスです。企業向けですが、個人で利用することも可能です。

ベネフィット・ステーションを利用する方法は、
①「J’sコンシェル」
②「みんなの優待」「駅探バリューDays」等、月額定額制割引優待サービス

①「J’sコンシェル」
ジャックスカードの会員は、ベネフィットステーションとほぼ同等レベルの「J’sコンシェル」というベネフィットワンが提供するサービスに無料で入会ができます。

ジャックスカード・・・Reader's Card(リーダーズカード)

②みんなの優待・駅探バリューDays・デイリーPlus等、月額定額制割引優待サービス
割引をいろいろ利用するのであれば、「みんなの優待」「駅探バリューDays」などでベネフィットステーションのサービスを利用する手もあります。

ベネフィット・ステーションでは、nanacoギフト以外にも、ガスト等で利用できる「すかいらーくご優待券」も割引に手に入れることができたり、遊園地等の優待も受けることができ、使い方によっては、月額料金以上、かなりお得になります。

当サイト経由で申し込むと、通常1カ月目無料が<2カ月無料>で利用可能です。

<2ヶ月無料>みんなの優待

まとめ

【nanaco(ナナコ)】のチャージ方法は4つ、現金・クレジット・nanacoギフト・nanacoポイントからになります。

他社ポイントを交換する場合、ほとんどの場合はnanacoギフトになります。

nanacoギフトを上手に利用すれば、クレジットチャージよりお得になる場合もあります。

【nanaco】は税金や公共料金も支払えるので、使い勝手のよい電子マネーです。お得なチャージの方法を駆使して、nanacoを有効活用しましょう。

スポンサーリンク

 


 


シェアする

フォローする