Apple Pay・Google Pay・PayPay・電子マネー・nanacoなどでヤフーカードはお得でおすすめなのか?

クレジットカードなんかどれでも似たようなものでしょ?

と思っている人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。

その人それぞれのライフスタイルによって、向いているカードと向いていないカードがあります。

お財布レスの時代、クレジットカードを上手に選べば得をしますし、適当に選ぶと損をするかもしれません。慎重に選びたいものですね。

今回は大人気の「ヤフーカード(Yahoo!JAPANカード)」とお財布レス(Apple Pay(アップルペイ)・Google Pay(グーグルペイ)・LINE Pay・PayPay・電子マネー・suica・nanacoなど)の相性について調べてみました。

PayPayとの相性なら「ヤフーカード(Yahoo!JAPANカード)」一択です。

スポンサーリンク

 


Apple Payと「ヤフーカード(Yahoo!JAPANカード)」の相性は?

Apple Payに登録できるクレジットカードはJCB、American Express、Master Card、VISAになります。

「ヤフーカード(Yahoo!JAPANカード)」はJCB、Master Card、VISAの3種類が発行できるので、どれでもApple Payに登録できます。

→ヤフーカードでApple Pay(公式)

Apple Payへの登録により、「ヤフーカード(Yahoo!JAPANカード)」はQUICPayとして利用できるようになります。通常の買い物で利用した場合、クレジットポイントが100円で1ポイント付与されます。

クレジットカードによっては、Apple Payに登録することでコンタクトレスに使うことができるようになるものもあります。

※コンタクトレス:レジの読み取り端末にクレジットカードやスマートフォンをかざすだけでクレジット決済が完了する非接触決済サービスのこと。

Google Payと「ヤフーカード(Yahoo!JAPANカード)」の相性は?

Google Pay(グーグル ペイ)での非接触型決済は、2019年5月末から一部のクレジットカードでiD・QUICPayの利用が可能になり、便利になりました。

しかし今のところは対応するクレジットカードの種類が限られています。ほとんどの人にとってGoogle Payは、楽天Edy・WAON・Suica・nanacoを経由して支払いをするキャッシュレスサービスという存在といえます。

まずnanacoですが、残念ながらGoogle Payに登録したnanacoはクレジットカードによるチャージができません。ここが既存のnanacoモバイルアプリと異なる点です。

→Google Payとnanaco(nanaco公式)

次は楽天Edy。楽天Edyへのチャージに使えるクレジットカードはJCB、American Express、MasterCard、VISAです。

しかし、「ヤフーカード(Yahoo!JAPANカード)」はMastercard,Visa,JCBのどれで発行しても、楽天Edyへのチャージはできません。

→Google Payと楽天Edy(公式)

次にSuica。Google Payはおサイフケータイ機能を持つスマートフォンにとって、モバイルSuicaを年会費無料で使うための救世主となりました。

Google PayのモバイルSuica(Google Pay Suica)は、ざっくり言うと従来のAndroid版モバイルSuicaから以下の機能を除いた無料版です。

【Google Pay Suicaができないこと】

  • 銀行チャージ
  • 定期券の購入
  • Suicaグリーン券の購入
  • モバイルSuica特急券
  • エクスプレス予約サービス
  • JREポイントの受け取り
  • ネット決済
  • 再発行
  • 払い戻し・退会

→「SuicaがGoogle Payに対応しました」(公式PDF)

Google Pay Suicaのチャージに使えるクレジットカードは「Googleアカウントに登録されているクレジットカード」です。

アカウントに登録できるクレジットカードは、公式によると次のブランドとのこと。

  • American Express
  • MasterCard
  • Visa
  • JCB
  • Visa Electron

「ヤフーカード(Yahoo!JAPANカード)」はMasterCard,Visa,JCBの3ブランドなので、どれを発行してもアカウントに登録してSuicaチャージに使えます。クレジットポイントも付与されます。

最後にWAONです。Google Payが新たに導入したGoogle Pay版のモバイルWAONは、従来のモバイルWAONから必要最小限の機能だけを抜き出したものです。

クレジットチャージが可能ですが、イオンマークのあるカードからのチャージになります。

「ヤフーカード(Yahoo!JAPANカード)」からWAONへのチャージは残念ながらできません。

楽天ペイと「ヤフーカード(Yahoo!JAPANカード)」の相性は?

楽天ペイに登録できるクレジットカードは、公式サイトによると次のとおりです。

  • 全ての楽天カード
  • その他のVisa、Mastercardのクレジットカード

「ヤフーカード(Yahoo!JAPANカード)」はJCB,MasterCard,Visaの3種。JCBの「ヤフーカード(Yahoo!JAPANカード)」だけは、残念ながら楽天ペイを利用することはできません。

→利用できるクレジットカードの種類(公式)

楽天ペイアプリにクレジットカードを登録して利用すると、クレジットポイント以外に200円につき1ポイントの楽天スーパーポイントが付きます。(通常キャンペーン)

→楽天ペイアプリの詳細(公式)

楽天ペイに対応したお店では、楽天ペイを使わないと損です。

LINE Payと「ヤフーカード(Yahoo!JAPANカード)」の相性は?

LINE Payに登録できるクレジットカードはVISA、JCB、AmericanExpress、Diners、MasterCardといろいろあります。

「ヤフーカード(Yahoo!JAPANカード)」を含めたクレジットカードとLINE Payの連携はあまり注目されていません。

というのも、LINE Payのチャージにクレジットカードが使えるというわけではないからです。あくまでもLINE関連のサービスを利用する際にクレジット決済が便利に行えるというだけです。

それでもメリットはあります。

実はLINE Payにクレジットカードを登録して、そこからLINEクレジットにチャージすると最大で25%のボーナスがもらえるのですが、意外と知られていません。

LINE Payに楽天カードを登録して10000円チャージすることで、LINEクレジット12500円分になります。(2019年7月現在)

※LINEクレジットとは、LINEストアの中だけで利用できるマネーのことです。

Origami Payと「ヤフーカード(Yahoo!JAPANカード)」の相性は?

Origami Pay(オリガミ ペイ)の場合、対応しているクレジットカードがVISAとMastercardだけなので、JCBブランドの「ヤフーカード(Yahoo!JAPANカード)」は使えません。

Origami Payを利用する予定がある人は、VISAあるいはMasterCardの「ヤフーカード(Yahoo!JAPANカード)」を選ぶ必要があります。

Origami Payを利用するメリットは、独自の割引制度にあります。店舗によって2%オフだったり、10%オフのキャンペーンがあったりします。

それに加えてクレジットポイントも付くわけですから、Origami Payに対応した店舗ではOrigami Payを使わないと損です。

そういう点では、VISAとMastercardであれば、どのクレジットカードでもOrigami Payとの相性は良いと言えそうです。

→スマホ決済アプリ「Origami」(公式)

PayPayと「ヤフーカード(Yahoo!JAPANカード)」の相性は?

PayPayと「ヤフーカード(Yahoo!JAPANカード)」との相性は、当然ながら抜群です。特別扱いです。

PayPayには、①PayPay残高から支払う方法、②登録したクレジットカードで支払う方法があります。

②に登録できるクレジットカードは、VISAとMastercard、JCBは「ヤフーカード(Yahoo!JAPANカード)」のみとなります。

①のPayPay残高へチャージできるクレジットカードは、本人認証サービス(3Dセキュア)済の「ヤフーカード(Yahoo!JAPANカード)」だけです。

PayPayの強烈なキャンペーンは、PayPay残高や「ヤフーカード(Yahoo!JAPANカード)」しか優遇されていないので、PayPayキャンペーンでお得を享受したいなら、「ヤフーカード(Yahoo!JAPANカード)」しかありません。

「ヤフーカード(Yahoo!JAPANカード)」は当然相性のよいクレジットカードと言えます。

電子マネーと「ヤフーカード(Yahoo!JAPANカード)」の相性は?

結論から言うと、「ヤフーカード(Yahoo!JAPANカード)」と相性の良い電子マネーはSuica、nanaco、SMART ICOCAです。

Suica

Apple Payで利用できるSuicaについては、MasterCard、JCBブランドならWalletアプリ内での「ヤフーカード(Yahoo!JAPANカード)」からのSuicaチャージは利用可能です。

VISAブランドはiPhoneのWallet経由ではモバイルSuicaに直接チャージすることはできません。

Wallet経由では無理ですが、iPhone版モバイルSuicaアプリを経由してのチャージならVISAブランドでも可能です。

どちらもポイント付与はされます。

※iPhoneでのSuica利用時に年会費はかかりません。

「ヤフーカード(Yahoo!JAPANカード)」から、Android版モバイルSuicaへのチャージも可能です。ポイントも付きます。

※Android版モバイルSuicaの利用には年会費1050円(税込)が必要になります。

ちなみに、SMART ICOCAへもチャージが可能です。

PASMO

「ヤフーカード(Yahoo!JAPANカード)」からPASMOへのチャージはできません。

PASMOのチャージに使えるクレジットカードは、一部の交通系クレジットカードだけです。

Edy

「ヤフーカード(Yahoo!JAPANカード)」からEdyへのチャージはできません。

 

nanaco

「ヤフーカード(Yahoo!JAPANカード)」からnanacoへのチャージは可能です。ポイントも付与されます。(通常の1/2の0.5%還元率)

WAON

「ヤフーカード(Yahoo!JAPANカード)」からWAONへのチャージはできません。

WAONにチャージできるのは、主にイオン系クレジットカード、JALカードになります。

QUICPay/iD

Apple Payへの登録により、「ヤフーカード(Yahoo!JAPANカード)」はQUICPay(QUICPay+)として利用できるようになります。

おサイフケータイ機能を持つAndroid端末(スマートフォン)に「ヤフーカード(Yahoo!JAPANカード)」を登録してiDやQUICPayを利用する方法は、残念ながらありません。

電子マネー関連をまとめると、次のようになります。

Suicaチャージ可(ポイント付与あり)
PASMO
Edy
nanacoチャージ可(ポイント付与あり・通常の1/2)
WAON
QUICPayApple Payへの登録で利用可
iD

プリペイドカードと「ヤフーカード(Yahoo!JAPANカード)」の相性は?

おさいふPonta

「ヤフーカード(Yahoo!JAPANカード)」からおさいふPontaへのチャージは可能ですが、チャージ事務処理手数料200円+税がかかります。

おさいふPontaへのチャージができるクレジットカードは、公式によると次のようになっています。

  • 本人認証サービスに対応しているカード
    〔J/Secure(JCB)、Verified by VISA、MasterCard SecureCode〕
  • セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード

→おさいふPontaへのチャージ方法(公式)

au WALLET プリペイドカード

「ヤフーカード(Yahoo!JAPANカード)」からau WALLETへのチャージは、「ヤフーカード(Yahoo!JAPANカード)」(MasterCard)の場合のみ直接チャージが可能です。クレジットポイントも付与されます。

また、「ヤフーカード(Yahoo!JAPANカード)」(MasterCard以外)からのau WALLETへのチャージは、auかんたん決済経由でならば可能です。

auの公式によれば、直接のクレジットチャージが可能なのは、下記のカードとのことです。

→プリペイドカードへのチャージ(公式)

ただし、実際のチャージには本人認証サービスが関わってくるので、MasterCardであっても本人認証サービスに対応していない発行会社のカードは使えません。

LINE Pay カード

LINE Pay カードへのチャージ方法には、クレジットカードからのチャージがないため、残念ながら楽天カードからのチャージはできません。

スペック

国際ブランド

MasterCard、JCB、VISA

申し込み資格

・18歳以上で安定した継続収入のある方

その他、「本人が無収入でも配偶者に収入のある方」「学生(高校生を除く)」も申し込み可能です。

還元率・ポイント・有効期限

ポイント還元率:1%

クレジットカード利用額100円につき 1 Tポイント(=1円相当)が貯まります。(一部除く)

Tポイントの有効期限は最終利用日(貯める、使う、交換する)から1年間です。
期間限定ポイントもあり、有効期限はそれぞれ固有の期限になります。

Tカードとしてもつかえる

「ヤフーカード(Yahoo!JAPANカード)」をTカードとして提示して、Tポイントを受け取ることも可能です。持つカードは1枚で済みます。

Tポイントの激烈お得な使い方・毎月20日はウエルシアへGO

ウエルシアと言えば「ウエル活」です。

毎月20日、Tポイントで200ポイント以上支払うと1.5倍分の買い物ができるという、激烈お得なキャンペーンが実施されています。

「ウエル活」とは、この20日にTポイントを使って賢くお得に購入する方法のことで、知っている人は、Tポイントを一生懸命手に入れているという次第。

ピンとこない方もいると思うのでかんたんに説明です。

20日にウエルシアに行って買い物をする。
例えば900円分。
レジでポイントで払いますといってTカードを出す。
Tポイントから差し引かれるのは600ポイントのみ。

つまり、600円相当のポイントで900円分(1.5倍)の買い物ができるという、破壊力ありのキャンペーンなのです。

実質33.333%OFFですね。しかもドラッグストアで!

Tポイントは使い道に困りません。

毎日3%還元!

Yahoo!ショッピング、ロハコの利用なら、いつでも3%貯まります。(ただし、1%分はPayPayボーナスライトです。)

年会費

永年無料

家族カード

永年無料

ETCカード

年会費:500円+税

海外旅行保険

付帯していません。

国内旅行保険

付帯していません。

ショッピングガード保険

ショッピングガード保険が付帯しており、100万円まで補償されます。

その他

オプションでプラチナ補償がつけられます。

プラチナ補償は、「ヤフーカード(Yahoo!JAPANカード)」で購入した商品に関連するトラブルが起きたときに、Yahoo! JAPANが補償金を支払ってくれるサービスです。

月額490円(税抜)で利用することができます。(初回申し込みに限り初月無料)

スペック表

国際ブランドMasterCard、JCB、VISA
申し込み資格18歳以上で安定した継続収入のある方
ポイント100円につき 1 Tポイント
有効期限通常ポイント:最終利用日(貯める、使う、交換する)から1年間
期間限定ポイント:それぞれの期限
年会費永年無料
家族カード年会費:永年無料
ETCカード年会費:500円+税
海外旅行傷害保険
国内旅行傷害保険
その他ショッピングガード保険

「ヤフーカード(Yahoo!JAPANカード)」はこんな人におすすめ

まとめると、「ヤフーカード(Yahoo!JAPANカード)」はこういう人に向いていると言えます。

・Yahoo!ショッピング、ロハコでよく買い物をする人
・Tポイントが貯まる/使えるお店を利用する人
・PayPayキャンペーンでお得になりたい人

ネットショッピングでも旅行でも何でもYahoo!J関連のサービスを中心にプランニングしている人にとって、「ヤフーカード(Yahoo!JAPANカード)」は最適で最強です。

また、PayPay残高へチャージできる唯一のクレジットカードです。PayPayの強烈なキャンペーンは、PayPay残高や「ヤフーカード(Yahoo!JAPANカード)」しか優遇されていないので、PayPayキャンペーンでお得を享受したいなら、「ヤフーカード(Yahoo!JAPANカード)」しかありません。

「ヤフーカード(Yahoo!JAPANカード)」はこういう人には向かない

逆に、「ヤフーカード(Yahoo!JAPANカード)」はこういう人にはあまり向いていないかもしれません。

・Yahoo!ショッピング、ロハコで買い物をしない人
・Tポイントに興味がない人
・PayPayに興味がない人

さすがに、PayPayを利用しない人にはおススメできません。

Tポイントを貯めることに興味がなければ、「ヤフーカード(Yahoo!JAPANカード)」を持っていてもあまり楽しめないと思います。

まとめ

PayPayキャンペーンでお得になりたいなら、「ヤフーカード(Yahoo!JAPANカード)」は必須です。

このカードを持っているのと持っていないのとでは大違いです。

また、Tポイントも「ヤフーカード(Yahoo!JAPANカード)」との相性抜群です。

年会費無料なので「ヤフーカード(Yahoo!JAPANカード)」は持っていて損はありません。この機会にぜひ手に入れることをお勧めします。

スポンサーリンク

 


 


シェアする

フォローする