サンドラッグでQUICPay(クイックペイ)は支払いに使える?【2021年最新版】

サンドラッグでQUICPay(クイックペイ)が支払い方法に使えるのか、お得な情報が知りたい!

【2021年最新版】

スポンサーリンク

サンドラッグでQUICPay(クイックペイ)は支払いに使える

サンドラッグで、QUICPay(クイックペイ)は支払いに使えます

⇒「サンドラッグ」選べる決済方法(公式)

対応店舗でQUICPay(クイックペイ)/QUICPay+(クイックペイプラス)を利用するときは、以下のいずれかでの決済になります。

・iPhoneの場合:Apple Pay(アップルペイ)・QUICPay/QUICPay+
・Androidの場合:Google Pay(グーグルペイ)・QUICPay/QUICPay+
・Androidの場合:QUICPayモバイル
・カード型・コイン型

サンドラッグでは、クレジットカード、各種電子マネー、QR決済のほとんどが導入済み。完全キャッシュレス化を実現しています。

「サンドラッグ」店舗検索(公式)

サンドラッグの支払い方法・キャッシュレス対応状況

サンドラッグの支払い方法・キャッシュレス状況は次のようになっています。

キャッシュレスの種類使える・使えない
クレジットカード○(使える)
PayPay(ペイペイ)○(使える)
楽天ペイ○(使える)
LINE Pay(ラインペイ)○(使える)
メルペイ○(使える)
d払い○(使える)
au PAY(auペイ)○(使える)
FamiPay(ファミペイ)○(使える)
交通系電子マネー(SuicaPASMO・ICOCA等)○(使える)
楽天Edy○(使える)
nanaco(ナナコ)○(使える)
WAON(ワオン)×(使えない)
QUICPay(QUICPay+)※Apple Pay・Google Pay含む○(使える)
iD※Apple Pay・Google Pay含む○(使える)

※○(使える)でも一部利用できない店舗があります。
※よく利用されると思われる支払い方法だけピックアップしています。

こちらもおすすめ

★キャッシュレス決済はどんなキャンペーン実施中?
⇒キャッシュレス決済・主なおすすめキャンペーン一覧【2021年4月】

サンドラッグをお得に利用するために

サンドラッグをお得に利用するために知っておきたいことをいくつか紹介します。

サンドラッグクループ公式アプリでクーポンをゲット

サンドラッググループの店舗で使える公式アプリがリリースされています。

アプリは現金ポイントカードを兼ねており、レジで会員証画面を見せることで100円につき1ポイントが貯まります。

また、お気に入り店舗のチラシや会員限定のクーポンなど、アプリならではの特典も受けられます。

サンドラッググループ公式アプリ

サンドラッググループ公式アプリ
開発元:SUNDRUG CO., LTD.
無料
posted withアプリーチ

SNSの公式アカウントをフォロー

サンドラッグのLINE公式アカウントをフォローしておくと、お得なクーポンやキャンペーン情報が入手できます。

⇒サンドラッグ LINE公式アカウント

サンドラッグには公式Twitterアカウントもあります。

⇒サンドラッグ Twitter公式アカウント

サンドラッグは楽天ポイントも貯まる

サンドラッグは楽天ポイントの加盟店なので、支払い時に楽天ポイントカードを提示すると200円につき1ポイントがもらえます。

サンドラッグポイントカード(スマホの場合は会員証画面)と楽天ポイントカードの両方を提示することで、ダブルでポイントが貯まります。

マイバッグ持参でエコポイント付与

サンドラッグではマイバッグを持参したアプリ会員・カード会員に対し、エコポイントとして1ポイントを付与しています。

⇒エコポイント(公式)

サンドラッグのクレジットカードがお得

年会費無料の「サンドラッグクレジットポイントカード」は、クレジット機能付きのサンドラッグポイントカードです。

サンドラッグの買い物では支払い金額100円ごとに、1ポイントのサンドラッグポイントと1ポイントのプレミアムポイントが付きます。(還元率2%)

サンドラッグ以外の利用では支払い金額200円ごとに、1ポイントのサンドラッグクレジットポイントと1ポイントのラブリィポイントが付きます。

サンドラッグの利用が多い人には絶対におすすめのカードです。

詳細は公式サイトへ。

⇒サンドラッグ クレジットポイントカード(公式)

QUICPay(クイックペイ)なら「JCB CARD W」がおすすめ

JCB CARD Wの強みは、

・1%還元率で年会費無料
・スタバ、Amazon、セブンイレブンで還元率アップ
・Apple Pay/Google Payに登録してQUICPay(QUICPay+)として利用可能

39歳以下なら入会できる年会費無料で還元率1%のクレジットカードです。

何よりも、スターバックス、Amazon(アマゾン)(カテゴリーによる)、セブンイレブンでの利用なら還元率をアップでき、3つ合わせれば10%も可能な点は秀逸。

Apple Pay(アップルペイ)でもGoogle Pay(グーグルペイ)でも、どちらも登録してQUICPay(QUICPay+)として利用することも可能です。iPhone派でもAndroid派でもOK。

⇒「JCB CARD W」入会キャンペーン

まとめ

サンドラッグではQUICPay(クイックペイ)が支払いに利用できます。

サンドラッグのキャッシュレス対応はカンペキで、ほぼ何でも対応しています。

キャッシュレス決済がいろいろ利用できるので、キャンペーンによってはお得に利用できる場合もあります。

公式サイトやSNS等でキャンペーン情報は常にチェックして、チャンスを見逃さないようにしましょう。

こちらもおすすめ

★キャッシュレス決済はどんなキャンペーン実施中?
⇒キャッシュレス決済・主なおすすめキャンペーン一覧【2021年4月】

【ドラッグストアのQRコード決済 対応表】

ペイペイ楽天ペイd払いauペイラインペイメルペイ
ウエルシア
ツルハ
福太郎
マツキヨ×
スギ薬局
コスモス××××××
サンドラッグ
ココカラファイン
ダイコクドラッグ××
ドラッグセイムス
キリン堂
コクミンドラッグ
スポンサーリンク

シェアする

フォローする