「すき家」でQUICPayは支払い・決済方法に使える?使えない?【2020年10月最新版】

「すき家」でQUICPay(クイックペイ)を支払いに使えるのか、QUICPay払いは可能なのか知りたい!

今回の記事では、「すき家」でQUICPay(クイックペイ)が使えるのか、お得な支払い方法があるのか、などについてまとめました。

【2020年10月最新版】

【主な丼チェーンのクレカ/電子マネー 対応一覧】

クレジットカードクイックペイidnanacoワオン楽天エディSuicaPASMO
吉野家×
すき家××
松屋×××××
なか卯××
かつや××××
かつさと×
天丼てんや×
さん天×××××××
すた丼屋×××××××
豚屋とん一××
かつ庵××
東京チカラめし×××××××
丼丸×××
ザ・どん×××××
丼丼亭×××××××
スポンサーリンク

 


「すき家」でQUICPay(クイックペイ)は使える

結論から言うと、「すき家」でQUICPay(クイックペイ)は使えます

ただし一部の店舗では使えないこともあるようです。

QUICPayが使えるかどうかは、公式サイトの店舗検索で確認できます。

⇒すき家 店舗検索(公式)

「すき家」でQUICPay(クイックペイ)/QUICPay+(クイックペイプラス)を利用するときは、以下のいずれかでの決済になります。

・iPhoneの場合:Apple Pay(アップルペイ)・QUICPay/QUICPay+
・Androidの場合:Google Pay(グーグルペイ)・QUICPay/QUICPay+
・Androidの場合:QUICPayモバイル
・カード型・コイン型

アップルペイ・QUICPay(クイックペイ)/QUICPay+(クイックペイプラス)で決済が可能

「すき家」でApple Pay(アップルペイ)のQUICPay/QUICPay+で支払うことは可能です。

レジへ
→Apple Pay(WALLET)を立ち上げる
→QUICPay対応のクレジットカードを選択
→店員さんに「クイックペイで」と伝える
→ホームボタンに指をおいてTouch ID(またはFace ID)で認証しながら、NFC読み取り端末にスマホをかざす
→支払い完了

QUICPay(クイックペイ)はポストペイ型電子マネーなので、残高を気にする必要はありません。

※登録したクレジットカードによってQUICPay(QUICPay+)が利用できるか、iDが利用できるかが決まります。

QUICPayモバイル(おサイフケータイ)で決済が可能

おサイフケータイ利用可能なAndroid端末であれば、QUICPayモバイルも利用できます。「すき家」では、QUICPay/QUICPay+で支払うことが可能です。

レジへ
→支払いは「クイックペイで」と伝え、スマホをかざす
→支払い完了

グーグルペイ・QUICPay(クイックペイ)/QUICPay+(クイックペイプラス)で決済が可能

「すき家」でGoogle Pay(グーグルペイ)のQUICPay/QUICPay+で支払うことも可能です。Android端末のロックを解除したり、アプリを起動したりする必要はありません。

レジへ
→支払いは「クイックペイで」と伝え、スマホをかざす
→支払い完了

Google Pay(グーグルペイ)・QUICPay/QUICPay+については下記の記事で紹介しています。

カード型・コイン型で決済が可能

「すき家」では、カード型やコイン型のQUICPay(QUICPay+)でも支払うことが可能です。

レジへ
→支払いは「クイックペイで」と伝え、カードをかざす
→支払い完了

「すき家」では他のキャッシュレス決済も利用できる!お得なものを選択しよう

「すき家」のキャッシュレス対応状況は次の通りです。

キャッシュレスの種類使える・使えない
クレジットカード
PayPay(ペイペイ)
楽天ペイ×
LINE Pay(ラインペイ)
メルペイ
d払い
au PAY(auペイ)
交通系電子マネー(SuicaPASMO・ICOCA等)
楽天Edy
nanaco(ナナコ)×
WAON×
QUICPay(QUICPay+)※Apple Pay・Google Pay含む
iD※Apple Pay・Google Pay含む

※○(使える)でも一部利用できない店舗があります。
※よく利用されると思われる決済方法だけピックアップしています。

QR決済も便利になりました。

「すき家」でお得になる方法

すき家をお得に利用するための方法がいくつかあります。知っているのと知らないのとでは大きく差が出るかもしれません。

「すき家」公式アプリでお得情報やクーポンをゲット

「すき家」がリリースしている公式のスマホアプリがあります。キャンペーン情報やお知らせなどのほか、アプリで注文することもできます。

お得な情報は公式アプリから。すき家へ行く前にインストールしておくことをおすすめします。

すき家 公式アプリ

すき家 公式アプリ
開発元:ZENSHO CO.,LTD.
無料
posted withアプリーチ

「すき家」の独自ポイントカード「CooCa」がお得

「すき家」をよく利用するなら、独自発行のポイントカード「ZENSHO CooCa(クーカ)」もおすすめです。

CooCa(クーカ)はゼンショーホールディングスが発行しているカードで、ゼンショーグループの各店舗共通で使えます。(すき家・ココス・はま寿司・ビッグボーイ・ジョリーパスタ・華屋与兵衛・和食よへい・牛庵・焼肉倶楽部いちばん・熟成焼肉いちばん・宝島・久兵衛屋・ミルキーウェイ)

CooCaはもともとチャージして使うプリカでしたが、プリペイドカードとしての機能は2019年に終了しました。現在はポイントカードとして使われています。(チャージ済みのCooCaマネーは2021年11月末まで使えます。)

会計前にレジでCooCaを提示することで支払い金額200円につき1ポイントが付与され、すき家での支払いに10ポイント=10円単位で使えます。

このポイント付与は現金・クレジットカード・電子マネー等、どの決済方法を選んでも関係なく付与されます。

CooCa(クーカ)の入手は、すき家の店頭で無料・即時発行可能です。また、スマホ向けのCooCaアプリでもバーチャルカードが発行できます。

→「ZENSHO CooCa」公式サイト

CooCa以外にも、「dポイントカード」「楽天ポイントカード」「Pontaカード」を提示してポイントを貯めたり使ったりすることができます。

200円(税込)で1ポイント貯まり、1ポイント=1円相当で利用可能。

SNS公式アカウント登録で情報をゲット

SNSの公式アカウントをフォローしておくと、お得情報やクーポンがゲットできるかも。

⇒LINE公式アカウント

⇒Twitter公式アカウント

また、すき家はメールマガジンも発行しており、無料のモバイル会員に登録することでお得なチケット付きのメールが送られてくるようになります。

新商品の情報やキャンペーン情報などをいち早く手に入れたい場合、すき家のメルマガが役に立ちます。

⇒モバイル会員登録ページ

Suki passを購入すればさらにお得に

すき家で不定期に発売される「Suki pass」(200円)を購入すると、パスの有効期間(1ヶ月間)の間なら何度でも限定商品が割引になります。

1枚のパスで一回の来店につき3食分(3人分)に適用されるので、自分以外の家族2人まで割引の恩恵が受けられます。

Suki passは店頭で販売されていますが、公式アプリからも購入が可能です。人気があるためSuki pass自体がすぐなくなってしまいますから、発売されたら早めに購入を。

QUICPay(クイックペイ)なら「JCB CARD W」がおすすめ

JCB CARD Wの強みは、

・1%還元率で年会費無料
・スタバ、Amazon、セブンイレブンに強いで還元率アップ
・Apple Pay/Google Payに登録してQUICPay(QUICPay+)として利用可能

39歳以下なら入会できる年会費無料で還元率1%のクレジットカードです。

何よりも、スターバックス、Amazon(アマゾン)、セブンイレブンでの利用なら還元率をアップでき、3つ合わせれば10%も可能な点は秀逸。

Apple Pay(アップルペイ)でもGoogle Pay(グーグルペイ)でも、どちらも登録してQUICPay(QUICPay+)として利用することも可能です。iPhone派でもAndroid派でもOK。

まとめ

「すき家」ではQUICPay(クイックペイ)が使えるので便利で安心です。

注目されているスマホ決済が利用できるので、、キャンペーンによっては激得な場合もあります。キャンペーンはチェックしておかないと、そのとき何が一番お得かはわかりません。

スポンサーリンク

 


 


シェアする

フォローする