スターバックス(スタバ)でLINE Pay(ラインペイ)は店舗で支払いに使える?使えない?【2021年最新版】

スターバックス(スタバ)でLINE Pay(ラインペイ)を店舗で支払いに使えるのか、お得な支払い方法などがあるのかを知りたい!

【2021年最新版】

スポンサーリンク

 


スターバックス(スタバ)でLINE Pay(ラインペイ)は店舗で支払いに使えるようになった!

結論から言うと、スターバックスではLINE Pay(ラインペイ)が店舗で使えます。

2021年1月27日~、PayPay、LINE Payのコード支払いが使えるようになりました。

また、2020年4月に配布が開始された「LINEスターバックスカード」はLINE Payからのチャージに対応しています。

⇒スターバックス 店舗検索(公式)

LINE スターバックスカードもある

LINEアプリがあれば誰でも簡単に発行できる「LINE スターバックスカード」は、LINE Payからチャージができるバーチャルのスターバックスカードです。スマートフォンに表示させて使います。

発行は簡単ですが、注意する点があります。

まず、スターバックスのLINE公式アカウントを友達登録します。するとトーク画面に[LINEスターバックスカード]のボタンが表示されるので、そこからカード発行手続きをします。

スターバックスをよく利用する人はMy Starbucks会員に登録済みである場合も多いと思います。その場合は「新規発行」ではなく「My Starbucks会員」を選ぶ必要があります。

注意書きにもありますが、新規発行で作ったカードは既存のMy Starbucks会員に登録することができません。

以下はMy Starbucks会員ではない、完全に新規の人の場合です。

スターバックスのLINE公式アカウントを友達登録して、トーク画面の[LINEスターバックスカード]のボタンをタップし、下欄から「新規発行」を選んでカード発行手続きをします。

発行にはもう一つ方法があって、LINEのメニューから[ウォレット]⇒[マイカード]を選択し、そこでスターバックスカードを発行する方法です。

LINE スターバックスカードをLINEアプリから利用する場合、チャージはLINE Payから行います。クレジットカードからは行えないので注意が必要です。

クレジットカードからチャージしたい場合は、店頭レジでチャージするか、カード発行後にMy Starbucks登録をすることで、オンラインでのクレジットチャージが可能になります。

Starbucks登録をすることでスターバックスの独自ポイント「Star」も貯まるようになります。

スターバックス(スタバ)で利用できるキャッシュレス決済方法

スターバックスのキャッシュレス対応状況は次の通りです。

キャッシュレスの種類使える・使えない
クレジットカード○(使える)
PayPay(ペイペイ)○(使える)
楽天ペイ×(使えない)
LINE Pay(ラインペイ)○(使える)
メルペイ(コード決済)×(使えない)
d払い×(使えない)
au PAY(auペイ)×(使えない)
交通系電子マネー(SuicaPASMO・ICOCA等)○(使える)
楽天Edy△(一部店舗)
nanaco(ナナコ)△(一部店舗)
WAON△(一部店舗)
QUICPay(クイックペイ) ※Apple Pay・Google Pay含む△(一部店舗)
iD※Apple Pay・Google Pay含む△(一部店舗)

※○(使える)でも一部利用できない店舗があります。
※よく利用されると思われる決済方法だけピックアップしています。

スターバックス(スタバ)をお得に利用する方法

スターバックスではお得になる方法がいろいろあるということを確認しておきましょう。

知っているのと知らないのとでは大きく差が出るかもしれません。

スタバカードの有効利用

何よりもまず最初に活用したいのは、オリジナルのプリペイドカードである「スターバックスカード」です。

スターバックスを優待店舗に指定しているクレジットカードなら、スターバックスカードにチャージする際のクレジットポイントの還元率が高くなるので、特におすすめです。

また、もうひとつのおすすめは「5,000円チャージごとにドリンク無料チケット1枚をプレゼント」というキャンペーンが不定期に行われていること。

このドリンク無料チケットは基本的にトッピングをカスタマイズしても無料のままなので、実質1,000円くらいまで無料になるお得なチケットです。

マイタンブラーorマグで20円引き

スターバックスでは環境にやさしいキャンペーンを実施中です。

ドリンクを購入する際、自分のタンブラーやマグカップを持っていくと、20円値引きしてくれます。資源の節約はお金の節約につながりますね。

なお、タンブラーを購入した人にはもれなく、好きなドリンク1杯を無料でサービスするチケットがプレゼントされます。

スターバックスリワードを利用

スターバックスにはポイント制度のようなものがあり、Star(スター)を貯めるとチケット等に交換できるようになっています。

Web登録済みのスターバックス カードでの買い物で、54円(税込)ごとにStarが1つ貯まります。

知らないうちに貯まるので、スターバックスカードをつくったら公式アプリに登録してリワードを貯めましょう。

⇒スターバックスリワード(公式)

スタバカードで購入すればコーヒー2杯目は100円

スターバックスではドリップコーヒーとカフェミストに限り、2杯目のコーヒー(おかわり)を150円で購入できます。当日のレシートを提示すれば、2杯目は別の店舗でもOKです。

これがスターバックスカードで購入した場合なら、もっと安くなります。

当日のレシートとWEB登録済みのスターバックスカードがあれば、ドリップコーヒーとカフェミストは2杯目が100円で購入できます。

一日に2回、2店舗でコーヒーを割安で楽しめることになります。

レシートに当たりクーポンあり

レシートに時々アンケートつきのクーポンが印刷されていることがあります。

これは当たりクーポンと呼ばれていて、webでアンケートに答えると無料でドリンクが飲めるクーポンになるというものです。

スターバックスの福袋

毎年恒例のスターバックス福袋は中身が豪華だと評判です。無料ドリンクチケットも入っています。

人気がありすぎて、2019年からはオンライン抽選となりました。店頭で並ばなくても当たれば購入できます。

クレジットカード利用はスタバカード経由がおすすめ

スターバックスがポイントアップの対象になっているクレジットカードがいくつかあります。

エポスカード、JCBカード、dカード など

注意すべき点は、ポイントアップがスターバックスカード(プリペイドカード)へのチャージを対象としたもので、店舗で直接クレジット払いをした場合は対象外ということです。

スターバックスカードは無料で作れるカードなので、作っておいて損はありません。

スターバックスのヘビーユーザーならクレジットチャージしたスタバカードで支払うのが確実にお得で、クレジットカード→スタバカードへのチャージで、5%~5.5%以上の還元率が可能な「JCB CARD W」等のJCBカードとの組み合わせが最強となります。

金額指定式のスタバカードがセブンイレブンで買える

スターバックスカードのバリアブルカードが東京・神奈川の一部のセブンイレブンで購入できるようになりました。

「Visa LINE Payクレジットカード」はお得!

LINE Pay(ラインペイ)におすすめのクレジットカード=「VISA LINE Payクレジットカード」になります。

2020年5月1日~「VISA LINE Payクレジットカード」を登録して「チャージ&ペイ」という方法で決済できるようになりました。

まとめ

スターバックスでは店舗でLINE Pay(ラインペイ)が使えます。

が、スタバカード経由でクレジット払いをするのが還元率的にはおすすめ。

スマホ決済の導入も始まり、キャンペーンによっては激得な場合もあります。キャンペーンはチェックしておかないと、そのとき何が一番お得かはわかりません。

【カフェチェーンのQRコード決済 対応表】

ペイペイ楽天ペイd払いauペイラインペイメルペイ
スタバ××××
ドトール××××××
コメダ×
タリーズ××××
サンマルク
プロント
星乃珈琲×××××
珈琲館×××××
クリエ××××××
ベローチェ××××××
エクセルシオール××××××
上島珈琲
猿田彦××××××
ルノアール×××××
ホノルル×××××
コナズ××××××
倉敷××
シアトル×××××
ミスド×××
スポンサーリンク

 


 


シェアする

フォローする