※この記事にはプロモーションが含まれています。[PR]

スターバックス(スタバ)でd払い(ディーばらい)は支払いに使える?dポイントは?【2024年最新版】

スターバックス(スタバ)d払い(ディーばらい)を支払い使えるのか、dポイント払いはできるのか、お得な支払い方法などがあるのかを知りたい!

【2024年最新版】

スポンサーリンク

スターバックス(スタバ)ではd払い(ディーばらい)が使える!

結論から言うと、スターバックスでは支払いにd払い(ディーばらい)が使えます

2021年11月11日~、楽天ペイ、d払い、au PAYが導入されました。
※店舗により使えない場合あり

⇒スターバックス 店舗検索(公式)

スターバックス(スタバ)でdポイントで支払いができる

スターバックスでは、dポイントカードを提示して、dポイントを貯めたり、dポイント払いはできません。

ただ、d払いは支払いに使えます。

つまり、dポイントで間接的に支払いはできるということです。

d払いでの支払い時に、画面で「dポイントを利用する」を「ON」にするだけで、dポイントカードの提示ができない店舗でも、dポイントで支払いはできます。

期間限定dポイントの消費に、おすすめの方法です。

スターバックス(スタバ)で利用できるキャッシュレス決済方法

スターバックス(スタバ)のキャッシュレス対応状況は次の通りです。

キャッシュレスの種類使える・使えない
クレジットカード○(使える)
PayPay(ペイペイ)○(使える)
楽天ペイ○(使える)
LINE Pay(ラインペイ)○(使える)
メルペイ(コード決済)×(使えない)
d払い○(使える)
au PAY(auペイ)○(使える)
交通系電子マネー(SuicaPASMO・ICOCA等)○(使える)
楽天Edy△(一部店舗)
nanaco(ナナコ)△(一部店舗)
WAON△(一部店舗)
QUICPay(クイックペイ)△(一部店舗)
iD△(一部店舗)
ポイントカード(楽天ポイントdポイントPontaTポイント/独自)×/×/×/×/○

※○(使える)でも一部利用できない店舗がある場合があります。
※よく利用されると思われる支払い方法だけピックアップしています。

スターバックスのお得情報

スターバックスをお得に利用するための方法がいくつかあります。知っているのと知らないのとでは大きく差が出るかもしれません。

スタバカードの有効利用

何よりもまず最初に活用したいのは、オリジナルのプリペイドカードである「スターバックスカード」です。

スターバックスを優待店舗に指定しているクレジットカードなら、スターバックスカードにチャージする際のクレジットポイントの還元率が高くなるので、特におすすめです。

クレジットカード利用はスタバカード経由がおすすめ

スターバックスがポイントアップの対象になっているクレジットカードがいくつかあります。

JCBカード、dカード など

注意すべき点は、ポイントアップがスターバックスカード(プリペイドカード)へのチャージを対象としたもので、店舗で直接クレジット払いをした場合は対象外ということです。

スターバックスカードは無料で作れるカードなので、作っておいて損はありません。

スターバックスのヘビーユーザーならクレジットチャージしたスタバカードで支払うのが確実にお得で、クレジットカード→スタバカードへのチャージで、5%以上の還元率が可能な「JCB CARD W[PR]等のJCBカードとの組み合わせが最強となります。

当記事では、
※JCBカードの還元率はOkiDokiポイントをJCB PREMOに交換した場合で計算
※スタバリワードの還元率は150starsをeTicket700に交換し店内価格713円で計算

スターバックスリワードを利用

スターバックスにはポイント制度のようなものがあり、Star(スター)を貯めるとチケット等に交換できるようになっています。

Web登録済みのスターバックス カードでの買い物で、54円(税込)ごとにStarが1つ貯まります。

知らないうちに貯まるので、スターバックスカードをつくったら公式アプリに登録してリワードを貯めましょう。

⇒スターバックスリワード(公式)

レシートでOne More Coffee(ワンモアコーヒー)

スターバックスではドリップコーヒーとカフェミストに限り、2杯目のコーヒー(おかわり)を格安で購入できます。

当日のレシートを提示すれば、2杯目は別の店舗でもOKです。

【スターバックスカードで購入した場合】
ドリップコーヒー:128円/130円(持ち帰り価格/店内価格)
カフェミスト:182円/185円(持ち帰り価格/店内価格)
(アイス/ホット選択可)

※ 1杯目を現金で購入した場合は、2杯目のドリップ コーヒーが190円、カフェ ミストが245円になります。

一日に2回、2店舗でコーヒーを割安で楽しめることになります。

マイタンブラーで割引

スターバックスでは環境にやさしいキャンペーンを実施中です。

自分のタンブラーを持っていくと、ドリンクを22円値引き(店内税込価格)、21円値引き(お持ち帰り税込価格)してもらえます。

※ただし、One More Coffeeとは併用不可。スターリワードのeTicketとは併用可能。

⇒公式サイト

なお、タンブラーを購入した人にはもれなく、好きなドリンク1杯を無料でサービスするチケットがプレゼントされます。

スターバックスの福袋

毎年恒例のスターバックス福袋は中身が豪華だと評判です。無料ドリンクチケットも入っています。

人気がありすぎて、2019年からはオンライン抽選となりました。店頭で並ばなくても当たれば購入できます。

LINE スターバックスカード

LINEのマイカードからスターバックス・バーチャルカードを発行できるようになりました。LINE Payからのチャージが可能です。

金額指定式のスタバカードがセブンイレブンで買える

スターバックスカードのバリアブルカードがセブンイレブン(店舗により取り扱いのない場合あり)で購入できるようになりました。

モバイルオーダー&ペイが便利

スターバックスでは店頭に並ばずにスマホから注文&決済ができる「モバイルオーダー&ペイ(Mobile Order & Pay)」が利用できます。

⇒モバイルオーダー&ペイ(公式)

モバイルオーダー&ペイでの注文は店頭での注文とほとんど変わりなく、細かなカスタマイズも画面上で選べます。急がずにゆっくり選べるのでレジよりも気楽です。

過去にはモバイルオーダー&ペイ限定の商品も・・・。

旅の楽しみ!全国のメダルとスタンプを集める

公式アプリ内のマイストアパスポートには、全国の都道府県メダルと店舗ごとのオリジナルスタンプを貯めることができます。

⇒マイストアパスポート(公式)

メダルやスタンプは店舗で商品を購入した際にアプリ内に自動的に貯まります。個性豊かなデジタルスタンプは全国のスタバ巡りを楽しくしてくれること間違いなし!

「d払い」におすすめのクレジットカードは?

「d払い」をよく利用するなら「dカード」は要チェックです。

dカード」の強みは、

・「d払い」との相性抜群!
・年会費無料で1%還元率
・ドコモユーザー以外も入会可能

通常のクレジットカード利用であれば1%還元率で年会費無料。貯まるポイントはdポイントなのでポイントの使い道に困ることはありません。

何よりも「d払い」に強い!

2022年6月1日~、「d払い」支払い時にポイントがもらえるのはdカードdカードゴールド、d払い残高、電話料金合算になりました。

dカード」は要チェックのクレジットカードです。

まとめ

スターバックスでd払い(ディーばらい)が使えます。

2021年1月27日~、PayPay、LINE Payのコード支払いが使えるようになりました。
2021年11月11日~、楽天ペイ、d払い、au PAYが導入されました。
※店舗により使えない場合あり

が、スタバカード経由でクレジット払いをするのが還元率的にはおすすめ。

スマホ決済の導入も始まり、キャンペーンによっては激得な場合もあります。キャンペーンはチェックしておかないと、そのとき何が一番お得かはわかりません。

※この記事にはプロモーションが含まれています。[PR]

[この記事を書いた人] お財布レス.com:コタツ丸
いろいろなショップでお得に食べたり買い物することが目標ですが、いつも同じ店を利用するとは限りません。ということで、いざお店に行くときにパっと使えて、お財布レスで少しでもお得にできるように目指しています。Xアカウント:@kotatsumaruでも情報共有。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする