人気のバイキング『すたみな太郎』でau Pay(エーユーペイ)は使える?使えない?

『すたみな太郎』でau Pay(エーユーペイ)は支払い方法に使えるのか使えないのか知りたい!お得な情報も!

国内最大級のバイキングチェーン『すたみな太郎』。焼き肉・寿司からデザートに至るまで食べ放題で料金もリーズナブル。コスパの良いバイキングとして人気があります。

2020年4月時点で、全国に120店舗ほどを展開しています。

人気の『すたみな太郎』では一人当たり1300円~2100円ほどの料金がかかりますが、支払いにau Pay(エーユーペイ)は使えるでしょうか。

今回の記事では『すたみな太郎』でau Pay(エーユーペイ)を支払いに使えるのか、お得な利用方法があるのか等についてまとめました。

スポンサーリンク

『すたみな太郎』でau Pay(エーユーペイ)は・・・?

結論から言えば、『すたみな太郎』ではau Pay(エーユーペイ)は使えません。(2020年4月時点)

一部の店舗でWAON、iDが利用できる以外は、電子マネーやQR決済の利用はできないようです。

iDが使える店舗はiDの公式ページで検索できます。

⇒iDが使えるお店検索(公式)

キャッシュレス決済の対応状況は店舗によって異なるため、正確な情報を知りたい場合は店舗に電話で確認することをおすすめします。

⇒『すたみな太郎』店舗検索(公式)

『すたみな太郎』の支払い方法・キャッシュレス対応状況

『すたみな太郎』の支払い方法・キャッシュレス状況は次のようになっています。

キャッシュレスの種類使える・使えない
クレジットカード○(使える)
PayPay(ペイペイ)×(使えない)
楽天ペイ×(使えない)
LINE Pay(ラインペイ)×(使えない)
メルペイ(iD決済)△(一部で使える)
d払い×(使えない)
au PAY(auペイ)×(使えない)
FamiPay(ファミペイ)×(使えない)
交通系電子マネー(Suica・PASMO・ICOCA等)×(使えない)
電子マネー・楽天Edy×(使えない)
電子マネー・nanaco(ナナコ)×(使えない)
電子マネー・WAON(ワオン)△(一部で使える)
QUICPay(QUICPay+)※Apple Pay・Google Pay含む×(使えない)
iD※Apple Pay・Google Pay含む△(一部で使える)

※よく利用されると思われる支払い方法だけピックアップしています。

キャッシュレス対応はクレジットカードがメインです。QR決済の導入はあまり進んでいません。

『すたみな太郎』では食べ過ぎ覚悟で

『すたみな太郎』は食べ放題のバイキングですが、どれくらい食べれば元が取れるのか知っておかないと、普通に食事をしたほうが安かった、ということになりかねません。

もちろん「バイキングの雰囲気を楽しむ」という目的もありますが・・・。

『すたみな太郎』の料金設定(2020年4月時点)は次のようになっています。

平日ランチ大人1,300円/子供800円
土日祝ランチ大人1,800円/子供900円
ディナー大人2,100円/子供1,200円

『すたみな太郎』のメニューは店舗によって差はあっても、だいたい次のようなジャンルに分かれています。

焼き肉赤身ステーキ、焼きしゃぶ、中落ちカルビ、牛ハラミ、牛カルビ、牛レバー、豚カルビ、鶏モモ、タン、ハンバーグ、ウインナー、焼き野菜 など
寿司ちらし寿司、かつおたたき、いくら、まぐろ、えび、サーモン、びんちょう、いか、たまご、いなり など
惣菜チキンのカツ煮、だし巻き卵、グラタン、筑前煮、ポテトフライ、たこ焼き など
サラダコールスロー、オニオンスライス、枝豆、コーン、キムチ、ポテトサラダ、レタス、ブロッコリー、おくら、マカロニサラダ、浅漬け、ヤングコーン など
麺・ご飯・スープキーマカレー、ピラフ、ナポリタン、スタローカレー、包み焼きスパゲッティ、焼きそば、もつ鍋、カルビスープ、うどん、ラーメン、ご飯、味噌汁
デザートケーキ、ワッフル、水まんじゅう、パンケーキ、ジュレ、タピオカドリンク、レモネード、クレイプ、プリン、杏仁豆腐、ぜんざい、ライチ、パイン、グレープフルーツ、黄桃、オレンジ、ヨーグルト など
アイスクリームバニラ、チョコチップ、プリン、チョコミント、ハワイアンブルー、メロン、チョコ、ストロベリー、抹茶、コーヒー&クッキー など

全メニューを余さず少しずつ食べれば確実に元は取れますが、これは不可能に近いかも・・・。好きなものをお腹いっぱい食べるというのも、バイキングの楽しみ方の一つではあります。

ソフトドリンクについては別料金なのですが、必ずしも必要とは限りません。水分はおなかを膨らますので注意が必要です。いずれにしても主菜に次ぐ主菜で、食べ過ぎを覚悟して挑む必要があります。

公式LINEをフォロー

公式LINEを友達登録しておくと、お得情報やキャンペーン情報のほかにクーポンが手に入ることがあります。

⇒LINEアカウント(公式)

店頭で配布される割引券あり

『すたみな太郎』では割引券が配布されることがあります。

特別優待券やドリンクパスポートが使える

『すたみな太郎』では、支払いに「江戸一」の特別優待券が使えます。すたみな太郎、
すたみな太郎NEXT、バイキング喰喰などで使える優待券で、1000円券が1~2割引で取引されています。

メルカリ等で「すたみな太郎」で検索すると割引券やドリンクパスポートなどいろいろ出品されているので、価格によっては購入するのも手です。

⇒メルカリで検索

ジェフグルメカードが使える

『すたみな太郎』では、支払いにジェフグルメカードが使えます。

ファミリーレストラン・ファーストフードなど全国35,000店で使えるジェフグルメカードは、クラブオフで購入すると3%OFFで購入できます。

⇒クラブオフ

JAF会員は優待あり

JAF(日本自動車連盟)会員の場合、会員限定の通年優待サービスやお得な限定クーポンが利用できることがあります。

詳細はJAFナビで確認できます。

『すたみな太郎』での利用におすすめのクレジットカードは?

電子マネーが使える『すたみな太郎』店舗では、還元率がそこそこでもメリット性の高いクレカがおすすめです。それは次の3つです。

ビックカメラSuicaカード

通常還元率は1%と安定派の「ビックカメラSuicaカード」。

高還元の決済方法として、ビックカメラSuicaカードでチャージしたモバイルSuicaで支払う、というものがあります。

残念ながら『すたみな太郎』ではSuicaは使えませんが、普段遣いでSuicaチャージが不可欠な人にとっては「ビックカメラSuicaカード」は何にも代え難い最強カード。

ビックカメラでのポイント高還元は言うまでもなく、Suicaへのチャージで1,000円につき15ポイントのJREポイントが付与されるという点だけで、このカードを持つ意味があります。

楽天カード

言うまでもなく、楽天ユーザーにとって無くてはならない鉄板カードが「楽天カード」です。

通常還元率は1.0%ですが、楽天市場での利用なら3.0%越えは当たり前。楽天Edyへのチャージでもポイントが貯まるので、リアル店舗での支払いもポイント2重取りでお得です。

残念ながら『すたみな太郎』では楽天Edyは使えませんが、安定&多用途という点でおすすめのクレジットカードです。

JCB CARD W

39歳以下の人だけがWEB入会限定で取得できるクレカが「JCB CARD W」です。もちろん、一度取得すれば一生使えます。

通常還元率は1%ですが、貯まるOki Dokiポイントの交換先が豊富で、様々なポイントに交換できるのが強みです。

そして何より、ディズニーファンにとってはお得でおすすめのカード。

貯めたポイントがチケット等に交換できます。

1600ポイント→東京ディズニーリゾート・パークチケット(1枚)
3200ポイント→東京ディズニーリゾート・パークチケット(2枚)
4800ポイント→東京ディズニーリゾート・パークチケット(3枚)
3600ポイント→東京ディズニーランドホテル・ペア食事券
19000ポイント→ホテルミラコスタ ヴェネツィアサイド スーペリアルーム 宿泊利用券

また、「JCBマジカルキャンペーン」(貸切イベント)に応募できます。しかも期間中50万円以上の利用で応募口数が2倍に!

39歳以下の方におすすめのJCBカードは「JCB カード W」。

「JCB カード W」
おすすめポイントポイントいつも2倍(1%ポイント還元率)
年会費無料
39歳までに申し込みすると、その後も年会費無料で継続利用可能
申し込み資格18歳以上39歳以下で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。または高校生を除く18歳以上39歳以下で学生の方。
年会費無料
家族カード年会費無料
ETCカード年会費無料
海外旅行傷害保険最高2000万円(利用付帯)
国内旅行傷害保険
Apple Pay・Google Payどちらも登録してQUICPayクイックペイとして利用可能
詳細   公式サイト

まとめ

『すたみな太郎』ではau Pay(エーユーペイ)は利用できません。(2020年4月時点)

QR決済については今後導入が進められていくかもしれません。スマホ決済がいろいろ使えれば、キャンペーン等でお得に利用できます。

キャンペーンはチェックしておかないと、そのとき何が一番お得かはわかりません。公式サイトやSNSをチェックするようにしましょう。

なお、公式サイトに記載されていなくても電子マネーに対応している場合があります。電子マネーの公式サイトでは店舗名で検索できますから、事前に確認してみることをおすすめします。

店舗名で検索できる電子マネー
《nanaco》 ⇒nanacoが使えるお店
《楽天Edy》 ⇒Edyが使えるお店
《WAON》 ⇒WAONが使えるお店検索(公式)
《QUICPay》 ⇒QUICPayが使えるお店
《iD》 ⇒iDが使えるお店

QRコード決済については下記サイトで調べることができます。

「PayMap」公式

スポンサーリンク

シェアする

フォローする