コスパ最高の『ペッパーランチ』でd払い(ディーばらい)は支払い・決済方法に使える?使えない?

『ペッパーランチ』でd払い(ディーばらい)を支払いに使えるのか知りたい!

今回の記事では『ペッパーランチ』でd払い(ディーばらい)が使えるのか、お得な支払い方法があるのか、などについてまとめました。

スポンサーリンク

 


『ペッパーランチ』でd払い(ディーばらい)は・・・

結論から言うと、『ペッパーランチ』ではd払い(ディーばらい)は使えません。

『ペッパーランチ』のQRコード決済の対応状況は、店舗によって異なります。一部店舗ではPayPayが導入されています。

キャッシュレス対応の詳細は公式サイトの店舗検索ではわかりません。店舗に直接確認することをおすすめします。

⇒ペッパーランチ 店舗検索(公式)

『ペッパーランチ』の支払い方法・キャッシュレス対応状況

国内に160店舗以上、海外にも330店舗以上を展開して大盛況の『ペッパーランチ』。

『ペッパーランチ』の支払い方法・キャッシュレス状況は次のようになっています。

キャッシュレスの種類使える・使えない
クレジットカード△(一部で使える)
PayPay(ペイペイ)×(使えない)
楽天ペイ×(使えない)
LINE Pay(ラインペイ)×(使えない)
メルペイ△(一部でiD決済)
d払い×(使えない)
au PAY(auペイ)×(使えない)
FamiPay(ファミペイ)×(使えない)
交通系電子マネー(SuicaPASMO・ICOCA等)△(一部で使える)
電子マネー・楽天Edy△(一部で使える)
電子マネー・nanaco(ナナコ)△(一部で使える)
電子マネー・WAON(ワオン)△(一部で使える)
QUICPay(QUICPay+)※Apple Pay・Google Pay含む△(一部で使える)
iD※Apple Pay・Google Pay含む△(一部で使える)

※○(使える)でも一部利用できない店舗があります。
※よく利用されると思われる決済方法だけピックアップしています。

クレジットカードは一部の店舗で対応しています。利用できるクレジットカードの種類はおおむね次の通りです。

『ペッパーランチ』をお得に利用するには?

『ペッパーランチ』をお得に利用するための方法がいくつかあります。知っているのと知らないのとでは大きく差が出るかもしれません。

楽天ポイントとdポイントが貯まる・使える

『ペッパーランチ』は楽天ポイントとdポイントの両方を導入しており、どちらも100円につき1ポイント貯まります。

『ペッパーランチ』公式アプリでお得情報やクーポンをゲット

『ペッパーランチ』には公式のスマホアプリがあります。お得なキャンペーン情報やクーポンを入手できるのでおすすめです。

公式アプリには1日1回チャレンジできるスクラッチカードも付いています。運がよければお得なクーポン券が当たります。

『ペッパーランチ』へ行く前にインストールしておくことをおすすめします。

ペッパーランチ公式アプリ

ペッパーランチ公式アプリ
開発元:Pepper Food Service Co.,Ltd
無料
posted withアプリーチ

ペッパーフードサービスの株主優待券が使える

ペッパーランチ、いきなり!ステーキなどを運営するペッパーフードサービスの株主優待券(金券)が利用できます。

フリマアプリなどでも入手できることがあり、安く購入できればお得です。

SNS公式アカウント登録で情報をゲット

『ペッパーランチ』の公式SNSアカウントをフォローしておくと、お得情報やキャンペーン情報がいち早く手に入ります。

⇒Twitter公式アカウント

店舗によっては公式のLINEアカウントを持っている場合もあります。

⇒「ペッパーランチ ヒロロ店」 公式LINEアカウント

お得なクーポンを利用

『ペッパーランチ』で使えるお得なクーポンがニュースアプリ等で配布されています。お店に行く前にチェックしておきましょう。

「d払い」なら「dカード」

『ペッパーランチ』ではd払いは使えませんが、「d払い」を利用するなら「dカード」は要チェックです。

dカード」の強みは、

・「d払い」のキャンペーン対象になることが多い!
・年会費無料で1%還元率
・ドコモユーザー以外も入会可能

通常のクレジットカード利用であれば1%還元率で年会費無料。貯まるポイントはdポイントなのでポイントの使い道に困ることはありません。

何よりも「d払い」キャンペーンに強い!

「d払い」キャンペーンは頻繁に実施されるので、キャンペーンに参加しやすいことを考えると、「dカード」は要チェックのクレジットカードです。

まとめ

『ペッパーランチ』ではd払い(ディーばらい)は利用できません。

店舗によってはクレジットカードや各種電子マネー、PayPayが使えます。

決済方法がいろいろ選べると、キャンペーンなどでお得に利用できてうれしいですね。

なお、クレジットカードが使えない店舗でも電子マネーやマイファーストカードに対応していれば、間接的にクレジットカードを利用することもできます。

自分に合ったお得な支払い方法を見つけましょう。

こちらもおすすめ

★キャッシュレス決済はどんなキャンペーン実施中?
⇒キャッシュレス決済・主なおすすめキャンペーン一覧【2021年1月】

なお、公式サイトに記載されていなくても電子マネーに対応している場合があります。電子マネーの公式サイトでは店舗名で検索できますから、事前に確認してみることをおすすめします。

店舗名で検索できる電子マネー
《nanaco》 ⇒nanacoが使えるお店
《楽天Edy》 ⇒Edyが使えるお店
《WAON》 ⇒WAONが使えるお店検索(公式)
《QUICPay》 ⇒QUICPayが使えるお店
《iD》 ⇒iDが使えるお店

QRコード決済については下記サイトで調べることができます。

「PayMap」公式

スポンサーリンク

 


 


シェアする

フォローする